カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

あかんやん、お母さん

hikariは、自分の興味のあることやとても嬉しく思っていることを何度も繰り返し話してしまいます。

たとえば、今夢中になっているゲームのこと、テストの点がよかったこと、楽しみにしている雑誌の発売が明日であること…

小さい頃は、そんな行動が彼の特性に由来するものであることをわかっていたから、面倒くさがらずに同じ話題に同じようにリアクションして「そう、よかったね。」「ふ~ん、そうなんや~」とくりかえし相づちをうっていました。

でも、いつのころからだろう。。

「もう、さっき聞いたやん!」
「何回もおんなじこと言わんといて!」
(関西弁はきつく聞こえますが、決して怒っていません・笑)

なかなかこちらの方も辛抱して同じ話を何度も繰り返し聞くことができなくなってきました。

悪く言えば、イライラしてしまうほどに。

なぜなんだろう?



最近「さっき聞いた。」「何回もおんなじこと言わない。」と冷たく返す自分がいて、なんだか自信がなくなります。

そう言い返すと決まってhikariは

「ごめん。そうやった。」

と、少し悲しそうに言います。

そりゃ、悲しいよね。
ごめんはお母さんのほう。

「…でもな、hikari。あんまり何回も言うと誰だってそう言いたくなるんやで。
友達にもそんなふうに同じこと何回も言ったら嫌われるかもしれんで。」

「友達にはいわへんもん!」

あ、そうか。
嬉しかったこと、楽しかったこと、ちょっと悔しかったこと、びっくりしたこと…
話したくなるのは、お母さんやから、なんやね。
お母さんやから、安心していっぱいしゃべりたくなるんや。
それを

「さっきも言ったやん。」

って。。
なんて、あかんやんね、お母さん。
hikariのこと、わかっているはずのお母さんやのに。

勉強も、部活も、それなりに、あなたなりにがんばっている姿に、お母さんも”普通の”お母さんをできる気持ちの緩みが…緩みというか、そこは喜びでもある…少し気をつけないと、あかんな、って思います。
ほんとによくがんばってるね。

しんどい気持ちも、すぐに、いつでも受け止められるようにお母さん、気をつけます。

2008-10-06(Mon) 21:51| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

コメント

まるで我が家の私とのび太のやりとりと同じです。
私も最近では「うんうん」と聞いてるフリをするのも
めんどくさくなって、
「何回も聞いたよ~」って思わず言っちゃうんです。
「あ、そうだよね」って、i-195なムードを
漂わせるのび太。

のび太も「友達には何回も言わない。お母さんとお父さんには何回も聞いて欲しい」って
泣かれたことがありました。

そうなんだよね。
子供も外では自分を抑えて(特にこの子たちは)
やっと家に帰って気持ちも解放されたら
本来の姿で親に何度も何度も同じ話をしちゃうだろうな~と。

私も日々、反省の繰り返しです。

2008-10-09(Thu) 09:41 | URL | まっぷー #-[ 編集]

まっぷーさんへ♪

こんにちは♪
私もいつもまっぷーさんの記事を読ませていただきながら、「なんてhikariとよく似ているんだろう。。」と思うエピソードがたくさんあります。

”泣かれる”のは辛いですね。。
でも、そんなふうにあふれてきた気持ちを全部出してしまえる時期はまだ親の方も”ハッ”となってちゃんと気付いてあげられるのかもしれません。
今のhikariはだんだんとその気持ちをいろんなことに気を回しつつ押さえようとするところがあります。
それが怖いな、って思うときがあります。
そんな気持ちに気付かないわけではないんですが、だいぶ後になってから「もしかしてあの時…」なんていう気持ちに駆られて私のほうが滅入ってしまいます。
「ごめんね、あの時は…」なんて話しかけても彼らしく「へ?なんの事??」なんて返されてしまうんですケドね。。

家と学校の姿が違うんだ、ということをいつも思っていなくちゃいけないな、とふとしたときに思い直します。
私の前での姿は、開放されたいちばん楽な姿であっていいんですもんね。

2008-10-09(Thu) 11:14 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/174-067d2646

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。