カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

便りがないのは…

便りがないのは良い便り…とはよく言ったもので、あれからhikariを取り巻く空気は悪化することはなく、日々それなりに時間が流れています。

なんやかんやと細かいことはきっとなくなっていはいないでしょうが、hikariの家での様子を見ていると…
自分のペースでやるべきことをこなして、冗談なんかも言いながら明るく笑って、イライラした様子もなく"普通に"過ごしています。
昨日は少し気持ちがオーバーヒートしそうになったのか、部活を休んでしまいましたが。
そんな"息抜き"を自分に許してあげられるというのもhikariにとっては成長の証です。





あれから、STの先生を交えての懇談が実現しました。
しかし、あえて先生はきつく医療側の意見を並べることは避けられました。
まずは"相談できる雰囲気作り"ということを前提に話をされたのですね。
確かに私たちの側としてはなんとも押しの弱い懇談ではありました。
でも、それも考えのうち、という気がしていたので、それでよかったと思っています。
なんと予定していなかったのに、主治医の先生も同席してくださいました。
”hikariくんのことは、私たちが小さい頃からよく知っていますよ"
そんな暗黙の訴えみたいなものを感じ、心強かったです。
この病院を選んでほんとによかったと…心から改めて信頼できます。

これから、節目節目できっとまた何か"こと"が起こってくるでしょう。
でも、そこにぶち当たったときに私は何をするべきか、何ができるのか、今回のことで心の準備というか…自信に近いようなものを得ることができました。

日に日に真っ黒に日焼けしていくhikari。
笑う顔に白い歯がまぶしかったりして(笑)
何があっても…きっと守ってあげるから、任せとき!


2008-07-07(Mon) 22:26| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 6

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-07-08(Tue) 19:22 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

こんばんは♪
コメントありがとうございます。

決して何にもなくなったわけでも、これから何も起こらないというわけでもないですが、"からかいの連鎖"やいじめの温床という心配は今のところ消えたかな、と思っています。
もし、消えていなくとも、何かが起こっても、必ず気付いてあげられる、きっと守ってあげる、そんな気持ちでいます。
私自身が強くなったのかはわからないですが、少なくとも、辛い気持ちを話せる友人や信頼できる専門家の先生、学校の先生との良い関係、そしてブログ…私には素直に頼れるところがいくつもある、ということが今回のことでわかりました。

最初…とてもびっくりして、疑って、うろたえて、辛くて、悲しくて、体も壊して、ほんとにぼろぼろになるままに崩れていった私でしたが、そうなっていく自分をごまかさないで、うろたえるときはうろたえ、辛く悲しいときはいっぱい悩んで泣いて、事実から目を背けず、逃げない、ということを強く思っていました。
そのときの自分を…今から思うと、ちょっぴり褒めてあげたいです。。
その気持ちがあったので、あのもう一つのブログに書いた歌詞…が心に残りました。
ああ、そうだな、って。
悲しいときは悲しいままに。
そうすることがそのときはとても辛くても、自分の気持ちを立て直す1番楽な方法なんじゃないかな、って。
共感していただいて嬉しいです。

メール、私でよろしかったらいつでもどうぞv-410
毎日ものすごく忙しいわけでもないのですが、見るのが遅れてしまったり、お返事をゆっくり考えてからにさせていただくことはあるかな、と思います。。
ほんとに…私でよければ、お待ちしていますね。
お体をくれぐれも大切にしてくださいね。
それがいつも気がかりです。

2008-07-08(Tue) 20:56 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-07-14(Mon) 01:38 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

不安定なままに書いた整わない文章をお読みいただき、ありがとうございました。
自分でもそのときの思うままに書き連ねた記事を読み返すと、本当に辛かったな、と思い出してしまいます。

今、hikariは元気に1学期を終わろうとしています。
毎日、些細な出来事はありますが、時には聞き流したり、時には向かっていったり(汗)と、それなりに自分で消化しているようで、家では明るく過ごしています。

医療機関を入れての懇談は、それで何かが解決する、というものではありませんでしたが、これから起こってくることに何かしらつなげていけるのではないかと、私も評価をしています。
先生方が何かに気付き、そして支援に何かしらヒントを感じ取ってもらえたらな、と思いいっしょにいっていただきました。

何かしら書きたいな、と思いながら更新から遠のいています。
コメント等もご無沙汰していて申し訳ありません。
machiが静かにしているときは、日々の生活に没頭しているものとどうぞお許しください。

毎日暑いですね。
冷たい麦茶と青トウガラシの炒め物がおいしいです。

2008-07-14(Mon) 14:07 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-07-15(Tue) 23:39 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

匿名さま、こんにちは♪
お気遣いありがとうございます。

もう梅雨は明けたのかと思うほど毎日じりじりと暑いです。
昨日はうちわでパタパタしながら冷房を我慢して寝たら、なんとなく今朝は体調がよいのです。
人間の体というのは不思議なものですね。

もう1学期も終わります。
いろいろあったけど…笑顔で終業式を迎えられそうです。
まだまだhiakriのでこぼこの道のりは続きます。
私もいっしょにけっつまづきながら走ってゆこうと思います。

2008-07-16(Wed) 10:00 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/166-39c4e184

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。