カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

先生、もうひとふんばり!?

今日新聞を読んでいるとこんなふうな記事がありました。

今どきの中学校の先生。
興味のあることにとても生き生きと反応してくる生徒、親しみある口調でとても距離が近く感じる先生。
でも、一部の行動の乱れた生徒に対して強く叱れない。
昔なら、普段は冗談も言い、ふざけあう友達のような先生でも、ひとたび"悪さ"をしようものなら一喝☆
そういう先生も学校にひとりくらいはいて、ヤンチャ者も背筋がピーンとなって静かにいうことをきいたものだ。
でも今は…叱る先生がいない。
大きな声で話をさえぎったり寝転んで話を聞くような生徒を、シャキンと直立させるような先生がいないのだ。
もうひとふんばり…もうひとふんばりがない。

そんな学校ばかりではないかもしれない。
でも授業参観のとき感じていた淡い違和感。
そう、授業がまるで友達同士の会話のように軽くさらっと明るく流れていく…
子どもたちの笑いを誘ってつかみOK(笑)
独り言のような冗談でふふっと空気をなごませ、かと思うと硬い口調でその空気を締めて授業の核心を話し出す。
見ている保護者からも笑いが起こり、引き締まった先生の口調には『さすが』という空気が流れる。

思春期の難しい年頃の中学生。
そんな子どもたちの心をつかむ先生ってどんな先生なんだろう?
こわくてこわくて、その先生の前に行くと震えがきて話が出来なくなるような先生がひとりくらいいてもいいと思うのですが。
そんな先生がふと見せる『君のことを見てるよ』という言葉や表情に気付いたとき、なんとも記憶に残ったりしませんか?
自分の好きだった先生、今でもよく覚えている先生、自分の"今"につながるような出会いだった先生…
どんな先生でしたか?

先生、もうひとふんばり!?
子どもの心に何かを残せる先生って、今の時代、どんな先生なんでしょう?






あくまで一般論としての、私のつぶやき記事です。
深い意味はありません(笑)

2008-06-28(Sat) 16:19| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 4

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-06-28(Sat) 19:07 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

こんばんは♪
何度も頷きながらコメント拝見しました。

人の机の中のものを勝手に借りていったり(体操服など身につけるものまで…)、筆箱を勝手にあけてペンなどを平気で使って片付けることもしない、女の子が廊下で着替える…
そんな、ごくごく基本的な常識や生活習慣でさえ"指導"がいる、という現実。
それはしつけですよね。
しつけ…昨日今日ではない、小さい頃から少しずつ少しずつ積み重ねてくるもの。
言うまでもなく家庭でのこと。
保護者の責任なんです。
「おうちのほうでも、こういうことはご注意ください。」
そんなひと言も先生は言うのをためらわれます。(私と友人の目の前でそうおっしゃいました。びっくりしました。)
なぜ???

生徒から受けが良く、保護者にも気に入られ、生徒ひとりひとりに深く入っていかない…
先生自身、そうしないと自分が壊れてしまう…
金八先生なんて夢物語なんですね、きっと。

hikariに執拗にちょっかいを出してくる子、ご両親は悪い人ではないことは知っているのですが、どうもこちらの話が届かないのです。
先生もそうおっしゃいます。
そこで、先生、笑われるんです。
笑って終り?ですか?
でも、しょうがない、です。
そこにわかってもらおうと働きかけるエネルギーがあるのなら、他にも指導のいる事柄はたくさんあって、まんべんなく限界ある己のエネルギーは使われるべきなんです。
どこかですっと身を引かないと…それが私たちには「守り」に見えてしまうんですね。

「もうひとふんばり」と書かれた新聞記者の方の気持ち、わかる気がします。
社会全体を見ている記者という職の方だから、先生に「もっとがんばれ」とは言えない。
先生が「がんばれ」ない世の中であることは否定できないから。
でも、「もうひとふんばり」
そう、もう少しだけ近くに来てほしい。
何か貴方(先生)だからできること。
今いる位置から少しだけでも近くに来てほしい。
私はそういうふうに世間に向けてメッセージを打たれたのではないかなと感じました。

もし自分の子がいじめをしている、と職員室に呼び出されたら私はどうするでしょう?
ある席で、「そんなもん行かんでええ!!」とまくし立てていたPTA役員の方がいらっしゃいました。
その方にも考えがあるのでしょうが、言われていることには全く納得がいきませんでした。
そんな人もいるんだと、改めて悲しくなったものです。

まだまだ言いたいことはあるのですが。
匿名さまから頂くコメントで、こんなに自分の気持ちがあふれました。
コメントって、こうあるべきですね。
だから匿名であろうとお名前を頂いていようと、私は同じように大切にしたいと思います。
もしもどうしても削除を望まれるのならいつでもおっしゃってください。
でも、消したくないでのですよ、私は。
ありがとうございました。

2008-06-28(Sat) 19:50 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おひさ。怒りで眠れんぞよ。
machiちゃん。
酔いが覚めてから頭をまとめたいです。

2008-06-30(Mon) 02:18 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

こんにちは。
お久しぶりです。

ここには書ききれないいろんな"現実"と私の考えがあります。
社会が悪いのどうのと結論付けることよりも、今そこで大切な何年かを過ごしている子どもたちのことを大人はきちんと考えるべきだと思います。

2008-06-30(Mon) 15:51 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/165-e82a63b9

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。