カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

そして、ここから

先生から力強い言葉を聞けたからといって、hikariへの"からかい"がなくなったわけではなく、また、その連鎖が確実に断ち切られたわけではありません。
でも、先生方は本当によく子どもたちを見ていてくださる、ということはわかりました。
それはhikariに限らず、どの子のことも教科担任の先生方はよく見ていらっしゃる。
そして、担任はhikariが休み時間に何をしているのか、どこへ行く(それがトイレでも)のか…
可能な限り、目を離さない、という姿勢が見て取れました。
(実際そのお陰でひとりで図書室へ行こうとしていたhikariのあとをつける不審な(笑)同級生に気付いたこともあったそうです。)
今は、日々のことは先生にお任せしようと思っています。
なによりも…hikariは毎日を笑顔で過ごしています。
一時(いっとき)のややかげった表情はありません。





【先生を信頼して任せる。】
実はそれは親としてはとても楽な段階です。
でも心底そこに至るまでにしなくてはならない事が、私にはまだまだたくさんあります。

まず…今、ここから、始めようと思います。
始めればいいんです。
それは…

hikariが診断を受けた病院とはずっとお付き合いを切らすことなく今まで来ています。
何の問題もなく、あっても私と担任との間で解決できた小学校高学年のときも、1年に2~3回はSTの先生に出会い、1年に1度の外来診察も受けていました。

時には「順調です。」という話ばかりで、何しに来たの?って思われているんじゃないかと考えたこともありましたが、とにかく「中学、高校、大人になってからも相談できる機関は医療機関しかない。関係を切りたくない。」ということを繰り返し伝え、半ば親のカウンセリングというようなSTの内容でした。
担当の先生もずっと同じ方でとても話しやすく信頼できます。

そう、今、頼ることにしました。
いちばん辛かったとき、ここから始まったんですから。
いちばん夢中だったとき、ここでたくさん教わったんですから。

もう一度仕切りなおし。
ずっとそうやってやってきたんじゃない。
自分にそう言い聞かせる…までもなくそう思うことで妙にすっと胸のつかえが取れました。

STの先生にお願いして、担任、学年主任、そして可能な限り教科担当の先生方で懇談いただくことにしました。

内容は

周りの生徒が「なぜこんなことくらいで?」とか「なぜここまでまじめなん?」とか思うことにどう対処してゆけばよいのか?
hikariの特性をどういうふうな言葉掛けで周囲へ理解を求めてゆけばいいのか?

自閉症の質的な違いを持ち続けているhikari。
学校生活、周囲の同級生に馴染んでいるように見える外見と心理(内面・受け取り方)とのギャップについて。


そういったことを中心にお話していただき、そして先生方からは現場で実際困っているようなこと、疑問点などを出していただこうと思っています。

保護者の間に第3者…専門家に入っていただくことは効果的だと思います。
「特別扱いして!」
なんてモンスター何とかのようにとられないように(汗)、客観的に、専門家の的確な言葉で伝えていただくことで、hikariの持つ障害のわかりにくさをどの先生にも理解いただきたいと思います。



STの先生からすぐにお返事が来て、近く懇談が実現することになりました。
さすが、です。
ありがたいです。
だって…こうしている間も、hikariは学校で日々を過ごしているのですから。

2008-06-24(Tue) 17:40| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 4

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-06-27(Fri) 18:57 | | #[ 編集]

 久々のコメントです。
 いつもブログは参考にさせていただいています...というより、これからの自分たちを見るような思いで読ませていただいているというのが正確かもしれません。
(なんか、いつも似たような始まりですいません。)

 周りの理解とのギャップとカラ回る思い、そしてたまに気が付く回りの思いがけない配慮...この連続で、親としての私たちの心理も、大きく波打っています。
 今後のお互いの思いが、よい形で社会に受け入れられることを祈っています。

2008-06-28(Sat) 06:46 | URL | 子育てお父さん1970 #anqzWrOo[ 編集]

金曜日の匿名さまへ

こんにちは♪
いつもコメントをありがとうございます。

懇談は病院へ出向くことになったので担任と学年主任だけとなりました。
ほんとは1人くらい教科担任が…と期待していたのですがしようがないですね。
それでもやはり、第三者の話を聞いていただくことは効果があるのでは、と思っています。

中学校の先生は本当に小学校のときとは全く違います。
これが"今どき"なのでしょうか?
いいのか悪いのか…
少し疑問に感じるときもありますが、遠慮せず、でも節度を持って先生とよい関係を作っていきたいと思います。

hikariの学年の先生はどの方もよい感じの先生ばかりです。
学校でも取り組みはされていると思います。
日々お忙しい中で立派だと思います。
小学校のときに中学校へ特別支援児についての取り組みを問合せいただいたことがあるのですが、教科担任ということを生かして、どの先生も学年の生徒ひとりひとりをよく見ている、ということをおっしゃっていました。
ウソではないと思います。

hikari、今日はテスト勉強がんばっています。
毎日明るい笑顔とマシンガントーク(笑)を聞いていると、なんだかんだあっても学校は楽しいんだ、とホッとします。

2008-06-28(Sat) 15:16 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

子育てお父さん1970さんへ♪

こんにちは♪
いつも見ていただいてありがとうございます。
私も、更新されたらRSSリーダーで拝見しています。
スポーツはいいですよね。
hikariも、水泳部でがんばっています。
とても彼にあっているようで「部活が楽しい」なんていう言葉が聞けるとは思っていなかったので私はいつも「hikariはすごいな~」と感激しています。

親の思いは時に空回りしたりもありますが、でも、どんなときも先生やお母さん友達やhikariの周りの同級生たち…相手が誰であろうといつも思いは真剣に…そしたら必ず伝わるものがある、と思います。
良い学年、話しやすいお母さん友達、土地柄、出会った方々との縁…
いろんなことに感謝しながら、自分はやっぱりいつも一生懸命に。
『いつも見てるんだよ』
そんなメッセージを送り続けられるようにがんばります。

hikariの3年間は始まったばかり。
でもなぜか4月から今日までがとても長く感じられます。
いっぱいいっぱい考えることがあるからかな~
それもまたいいのかも、と思います。

2008-06-28(Sat) 15:53 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/164-50dd97f4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。