カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

集団を育てる

からかいの連鎖】の記事以来、やや不安定な心のままに書いた記事などもあり、いろいろとご心配をおかけしました。
そして、わが身のことのように親身になってコメントを頂いたこと、本当に心から感謝しています。
前にも書きましたが、「はじめまして」と声を掛けていただいた方が何人もいてくださったことは、いかに"いじめ"ということが恐ろしく、辛く悲しいことなのか、黙って今この時期を見過ごしてはいけない、できることは全てやるべきなんだ、ということを強く考えさせられました。

自分の子どもが辛い目にあっている、という事実はなかなか直視して正面からとらえにくいものです。
特に、最初の段階…単なるからかい、遊びの延長、ととらえられやすい段階では、親としても"そんなもんなんだ"と逃げたくもなります。
でも、hikariは高機能自閉症。
そのことで、事実から逃げることはできなかった。
目をそらして、自分を、hikariの気持ちをごまかすことはできなかったのです。





先日、信頼できる友人に同席してもらって学級担任と学年主任に出会ってきました。

友人は小学校の教師をしており、高校時代の同級生、そしてhikariと同級生の子どもがいます。
その子は、今まで記事の中に何度も出てきたhikariにとって心から信頼できる、hikariのことをまっすぐに見てくれている子です。
hikariも、その子には半分憧れやお兄さん的な感情を持っていて、いっしょに遊ぶというわけではなくて、むしろそばにいると緊張してしまうそうです(笑)

学級担任とのやり取りでは、確かによく生徒のことを見ていてくれる、担任ができる範囲の支援をしてくれるとは感じていたのですが、学級内の状態や、hikariについての情報がどれだけ学年にまで浸透しているのか不安を感じていました。

何人かの方のコメント、そして診断を受けたときからのSTの先生、信頼できる友人、小学校教師の友人(やたらといろんな人に相談しまくっています。私はつくづく人に恵まれていますね)…みんな口をそろえて私に忠告してくれたのが、
【学級内でのごたごたを担任教師は外へ出さないでおこうとする傾向がある】
ということでした。
それは故意にではなくても、体質的なものかもしれません。
「学年主任、教頭、校長にも知ってもらうべきやで。」
現職小学校教師の友人が言うのですから少し皮肉です。

そして面談が実現したのです。

今回は、伝えたいことをきちんと文面にしていきました。(これもある方から「はじめまして…」とコメントしていただいたことです。)

「からかいやふざけることの受け取り方が私たちとは全く違う。
 hikariにはその類のからかいやちょっかいは絶対にやめてほしい。」


そこから引き起こされる悲劇にまで今の事態はつながりかねないんだ、ということまで書きました。
なにしろ、hikariのような子どもたちの心の中では小さな心の傷がどのようにして記憶に残ってゆくのか、蓄積されていくのか、私たちには想像できない…もしかしたら、親の私にでさえ想像できる範囲を超えているのかもしれないんです。





面談は…2時間以上に及びました。
最初はやや緊張した空気で話が始まりました。
話すのは私と担任。
そして友人。

学年主任はじっと考え込んだままでした。
話し上手でいつもニコニコしている普段の学年主任の印象とは全く別人のようでした。



ひととおり話がすんで、学年主任がおっしゃったのは

「集団を育てる」

ということ。

「どうしてhikariくんはこんなことくらいが嫌なの?」
「どうしてhikariくんはそういうこと言うの?」
「どうしてhikariくんはこれはできるのにこんなことはわからないの?」

その「どうして」がわかったとき(あるいは許せることができたとき)、hikariへの理解は進んでゆく。
でも、その「どうして」がわかるにはとても時間が掛かる。
その「どうして」のところがものすごく難しい。

「お母さん、そこんところは時間が掛かるんですわ。
 (いじめの根っこを作ること、伝染していくこと)そ~んなことは、ぜぇ~~~~~たいさせません!」

個人個人のレベルを上げること、それは心のレベル。
ひとりひとりのレベルを上げることをしながら【集団のレベルを上げること】につなげる。
そこへ行き着くとき、すばらしい学年になる。





私はその学年主任の力強い言葉を待っていたのかもしれません。

「どうぞ安心してください。
 任せてください。」

なかなか教師が言える言葉ではありません。
わかっています。

でも、私は聞きたかった。

「そんなことは絶対させない。」
「そんな学年には絶対しない。」

先生方のその姿勢は私のために特別におっしゃった言葉だったのかもしれません。











hikariの苦しみに早く気付いてあげられたこと、本当によかった。
そして、私も家族も苦しみをいっしょに感じ、そして具体的にすぐに行動にうつした。
それもよかったです。
今これでやっと一歩前進しました。
進むべき道筋が見えてきました。

もうひとつよかったと思っていること。

学年主任の前で担任への感謝の気持ちを表したこと。
たとえ小さな不信感を抱いたことがあったとしても、決して担任を批判することはしてはいけないと思います。
先生とよい関係を作ること。
先生を信じ、任せるという姿勢を常に伝えること。
私は子どものためにとても大切なことだと思っています。

2008-06-22(Sun) 09:06| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 2

コメント

こんにちは。
おひさしぶりです。
ずっと記事は読ませていただいていました。

machiさんとhikariくんが、
今まで歩んできた道が、思い出されました。

そしてこれから、また一つずつ、最初から積み上げる、
そのmachiさんの覚悟に、胸が熱くなりました。

学校の先生の力強い一言は、
machiさんのhikariくんへの思いが、
machiさんのhikariくんのへの心が、
引き出した一言です。

中学校でもhikariくんの応援団が、
もっともっと増えますように。

2008-06-23(Mon) 22:09 | URL | 幸歩 #leF2ecbc[ 編集]

幸歩さんへ♪

こんにちは♪
私も時間のあるときは必ず読ませていただいています。
コメントありがとうございます。

まだ安心した、とはいえませんが、でも動き出したことを感じています。
何か自分の中で"先生に任せておけば"的な神話ができていたのかもしれません。
もちろん、中学校の先生を信頼しないわけではないのですが、こうして躓いたとき戻るところがあってよかった、って思います。

そうですね…このブログをずっと読んでくださっている方はhikariと私たち家族が歩んできたいろんな思いをいっしょに感じていただけるのですね。
いつだってやり直せる…月並などこかでよく聞くセリフですが、そう自分を許すことで新しい道が見えてきます。

とにかくhikariの3年間を私が守る、くらいの気持ちで"いつもいっしょずっといっしょ"に歩いていきます。
ありがとうございます。

2008-06-24(Tue) 17:50 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/163-e36aa4a0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。