カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

私は甘かったのか?

相手に気を遣って書くことばかりでは我慢できなくなってきました。

あれから…担任の先生との懇談、あれから、実は具体的な学級としての、学校としての動きをまだお聞きしていません。
それとは別に、私も先週末体調を崩してしまって…でも、ぼちぼち復活しています。

先生との連絡帳、私はひたすら書きます。
hikariから聞いた"嫌がらせ・からかい"の事実。
聞くのも、話すのも、書くのも、実はとても辛いことです。
でも、伝えなくては、そう思うから毎日聞いて書きます。
先生はどう思っているんでしょう?
ノートを読んでくれたのなら、返事はいい、せめて"読んだよ"とサインくらいはしてくれてもいいですよね。
何にも書いていないノートを見るとものすごく悲しく不安になります。
「ほんとに先生に見せたん?」
hikariを責めてしまいます。

昨日の先生の文言。
「お母さんのおっしゃることは全くいつも頭が下る思いです。
じゅうぶんな対応ができているとは思いませんが…」
その様なくだりが。
無性に腹が立ちました。
こちらがどんな気持ちで書いていると思っているんでしょう?
「じゅうぶんな対応が…」そんなことは決して言ってはならない言葉なのではないですか?

挙句の果てに、
「どの子もいろんな問題を抱えています。
どの子も大切な子どもたちです。」
それをこの私に言うんですか?
貴方の子どもばかりにかまってられないんだ、という意味にしか受け取れません。
違いますか?

さすがに書かせていただきました。
「私はhikariの母として言いたいことをどんどん言わせていただいています。
申し訳ありませんが、他のお子さんの問題にまで今私は考えが及びませんし、
そこまで私は考える必要がないと思っています。」
違いますか?
「具体的に、学級で、学年で、どのような取り組みをしていただいているんでしょう?
特別支援の会議、とおっしゃっていましたが、こちらがお聞きできる具体的な事項で進展はあったのでしょうか?」
とにかく、今、情報を頂いていないこと、どれだけ親として子どもの状況を深刻に受け止めているのか、ということ。
そして、何度も繰り返しになりますが、やっている本人たちは軽い気持ちでふざけているだけでも、
hikariが受け止める感情というのはとても残酷で辛く悲しいものであるということ。
いじめ以外の何ものでもない、とまで今度は書きました。

中学生なんだから、その辺は無理なんですよ~
そんなニュアンスたっぷりの話しぶりにもとても腹が立ちます。
つい2,3ヶ月前まであんなに分かり合えていたクラスの仲間。
いえ、hikariのことをわからなくても、それはそれと、hikariのそのままを受け入れ、あるときは受け流すことのできた子どもたち。
何を言っても無駄、響かない、そう勝手に思っているのは先生のほうではないですか?
どうして無駄だと、何も残らない、と決めつけるんでしょう?

先生、私の言いたいこと、本当にわかってくださっていますか?



それから…
前にも書きましたが、hikari以外の子供に起こっているいろんな問題。
先生はきっと「hikariくんだけじゃない、みんな同じようにいろいろある。」そういいたいんだと思います。

ひとつ。
確かに、そうでしょう。
でも、それを私が認めて、広い心で、理解ある保護者になってそれでどうするんですか?
またつまらないことをいつ言われるかわからないとびくびくしたり、
何か話しかけられるたび視線が泳いでしまうhikariを目の前にして、
そんなふうに学校運営に理解ある保護者でなんかいられませんてば。
小さな小さな心の傷がいつかどんな結果を引き起こすか。
誰も"大丈夫!"なんて言えないはずです。

それから。
一歩引いて、確かにそれぞれに抱える問題はあるでしょう。
勉強がわからない。
親がかまってくれない。
部活がしんどい。
太っている。
背が低い。

一人ひとり抱える傷が違うように、それぞれに対するケアは、支援はおのずと違ってくるのです。
hikariの不都合さ、苦しさは目に見えないものです。
それをどれほどか思い量ってわかろうとして、そしてそんなふうにわかりにくいことを、子どもたちに周りの人たちにわかってもらおうとする…
確かにとても手間が掛かって、言葉にも工夫がいって時間も必要とするでしょう。
だからって、後回しにしたり、めんどくさがったり、特別な問題だと棚上げしたりしないでください。
同じように、と言うのなら、同じように、ひとつひとつのSOSに無駄かもしれない方法、全くのクリーンヒットではない方法であっても、
それを行うことを避けないでください。

我慢する。
無視する。
聞き流す。

耐えろ、相手にするな。
いつまでhikariはそうしていればいいのですか?
弱いものに弱いことを攻め立てるようなことをしないでください。

いじめはいじめられる側にも原因がある。
私はそう意見する方に強く反対します。

2008-06-12(Thu) 11:14| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 6

コメント

はじめまして。

「どの子も伸びる~」のSHINOBUと申します。

状況をしっかりと把握しているわけではないので、軽率な事は言えませんが、もし、いじめや人権にかかわるような内容でしたら、早急な対応が必要ですよ。

学校、あるいは担任によってはその辺が、全然ダメな場合があります。

そういう時は、外部機関を使うことが有効です。

例えば、民生委員・人権擁護委員・町内会長・市議会議員などで、真剣に話に耳を傾けてくれる人を一刻も早く見つけてください。

こういう人にも、役に立つ・立たないはありますが、重い扉をこじ開けるのには有効です。

学校というのは、縦社会で、権威・権力には弱いところです。

そこから揺さぶろうがどうしようが、必要であれば、厳とした気持ちを行動によって示すのです。

私も、学校で生徒指導担当していましたが、いじめほど残酷で、恐ろしいことは、この世にはありません。

知らず知らずに、人の首を絞めているようなものです。

見えてないから、そのことに対する意識が無いからこそ、そういうことが平然と行われるわけです。

だから、解決のための手段は、選んではいけません。

校長先生には、直接相談されましたか?

まだでしたら、躊躇することなく、今日直接校長先生に電話して、お会いすべきです。

校長先生で、らちが開かなければ、地域の有力者にすぐに連絡してください。

学校の対応が、コロッと変わる場合があります。

とにかく、ここまで来たら、この担任だけで解決はできません。

いじめなら、先生に知られないように、すぐに地下に潜りますから。担任はそれに騙させるか、見てみないふりです。

一人や二人では、構造的ないじめの根は断てません。

学校改革、くらいの意識のある方でないと、根本的な解決にはなりませんから。

一日も早く心やすらく日が来ることを、願っています。

私は、応援しますよ。

よろしければ、何なりと、ご連絡ください。

2008-06-12(Thu) 15:58 | URL | SHINOBU #-[ 編集]

SHINOBUさんへ♪

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ひょっとしたらいじめられている、と自覚できないかもしれないhikariの性質なので、ほんとに心配です。
やっぱり上から訴えていくべきなのでしょうか?
主人も、友人の小学校の教師も、校長、教頭に言ったほうがいい、といいます。
私はまず学年主任に、と思っているのですが、やはり甘いのでしょうか?

担任に力がない、頼りない、とは思っていないのですが、何かにつけ中学校という組織の中の先生の淡々とした対応に失望することがあるのです。
毅然とした態度をとること、ですね。
学校を変えよう、というくらいに考えないとダメなのですね。
papaの言うことは正しいのですね。。
私はやっぱり甘かったです。
もう一度きちんと考えます。

ありがとうございました。
SHINOBUさん、これからもよろしくお願いします。

2008-06-12(Thu) 20:43 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-06-13(Fri) 17:55 | | #[ 編集]

それが誰であってもいいのです。学年主任でも、校長でも。

今は、ちゃんと対応してくれる方、信頼できる方の力が必要で、そのことはは親の責任です。

お子さんの幸せのために、今は、ためらっているときでは、ないと思います。

事態が好転すること、一日も早く、安らかな日々を迎えられることを、心から願っています。

2008-06-13(Fri) 20:34 | URL | SHINOBU #-[ 編集]

匿名さまへ♪

こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね。
友人の小学校の先生にも同じことを言われました。
どうしても母親というのは感情的になってしまう。
papaといっしょに…実は今日行ってきました。
あとで記事にしようと思っています。
あるルートで、直接は話してないのですが、小学校のときの担任の先生の耳にも一連のことが伝わっているようです。
ある機会があってhikariが今日小学校へ行くことがあり、その先生がzhikariに声を掛けてくださいました。
本当にありがたいことです。

いろんな方、みなさんにご心配をおかけしてしまいました。
今は少し気持ちが軽くなっています。
決して解決したわけではないことですが…とても辛い2週間でした。。

2008-06-13(Fri) 20:59 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

SHINOBUさんへ♪

ご心配頂いてありがとうございます。
実は今日…papaといっしょに学校へ短い時間でしたが行ってきました。
教頭と少し話してきました。

事態が私の思い込みすぎであったのかもしれません。
でも…
続きは記事で書かせていただきます。

SHINOBUさんの記事、いくつか読ませていただきました。
これからも時々おじゃましようと思います。
本当にありがとうございました。

2008-06-13(Fri) 21:05 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/157-f7c5bdaa

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。