カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

中学生になると

hikariの通う中学校はいくつかの小学校の子どもが集まるのですが、
hikariと同じ小学校出身の子どもの比率が一番高いです。
クラスの半分くらいは小学校から一緒の子どもたち。

小学校のときhikariの学年は穏やかでとても仲がよくて
とび抜けて"親分"的な子どもがいるわけではないけど
まとまった良い学年といわれていました。
担任の先生にも恵まれたのか、
小さなトラブルはいくつもあったけど、いつの間にか自然におさまって
周りの子どもたちもみんなが"なんとなく"hikariのことをわかってくれて
hikariも毎日楽しく元気に6年間通うことができました。

でも…中学生になると、何かが変わってしまったのですね。
この前から記事やコメント欄で書いているように、
すこ~しhikariにとって辛い空気がクラスにあるようです。
そして、何が気になるかって、
そのhikariにちょっかいを出してくる子の大半が同じ小学校出身の子どもなのだそうです。

「そこがちょっと不思議なんですよ。。」

先生がおっしゃっていました。




自分が中学生になったとき…
なんだか自分の周りのものがすごく新鮮できらきらしてて。
制服が変わって、カバンも変わって、授業もなんだか難しくなって
英語なんていう教科も新しく増えて、部活にも入ったり。
掲示板もなんだか文字ばかりですっきりしてて
小学校のようにかわいらしいものはがたんとなくなってしまった。

なんだか急に大人になった気分だったり。
すこ~し背伸びしてみたくなったり、かっこつけたり。
そうそう、好きな人とか無理して作っちゃったり、聴く音楽も洋ものになったり(笑)
なぜかグループを作って行動したり、"親友"を作りたがったり、
やたらと悩み事を"親友"に相談したり、交換日記なんかもしたな~




今の子どもたちだって、よく似たもんなんだろうな。
小学校のように"なかよしこよし"というわけにはいかないんだろうな~

hikariに起こっている問題は…
例えば先生がその子を呼んでガツンと一発お見舞いすれば(笑)
その場はおさまるのかもしれない。
でも、そういうことではない。
極端な言い方だけど、小学校まではそれでうまくいったんだろう。
それでよかったんだろう。

でも、中学生の心理は…
その場はガツンで押さえつけられても、
なんとなく納得できない気持ちがモヤッと残っていて
そこのところを考えようとする力がついてきてるから
結局はまた事件は起こってなんの解決にも結びつかない。

「みんなちがってみんないい」
そんな"こどもだまし"は通じない。
(きつい言い方ですが)
じゃどうやって子どもたちの心の発達に応じた指導をしてゆけばいいのか。
その辺を具体的に、慎重に、時間を掛けて取り組んでいく。
それは、学級だけでなく、学年の取り組みとして考えていく、と先生はおっしゃってくださいました。

そう、学級で、学年で、部活でも、そして理想は学校全体で
hikariの支援を考えていってほしい。
そして、今の状況を決して軽く見ないでほしい。
絶対に、ほっておかないでほしい。




学校で起こることは先生を信頼してお任せするしかない。
先生の評価をするのではなく、私はとにかく先生を信じて訴えていきます。
そして家庭でできる支援はpapaともよく話し合って全力で。

辛いことがあっても、必ず誰かが助けてくれる。
hikariがそう信じて前を向いて歩いていけるように。

2008-06-06(Fri) 17:37| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/156-a4134ebe

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。