カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

からかいの連鎖

中間テストが終わりました。
今、テスト返しの最中ですが、hikariは毎日とてもがんばって勉強していたので結果はまずまずのようです。

どの子にとっても初めての定期テスト。
hikariもドキドキしていたでしょう。
先生が筆記用具について注意をされたそうです。

「シャーペンはやめて鉛筆を5本持ってくるように。」

hikariはきちんと5本の鉛筆をぴんぴんに削って持って行きました。

テストが始まる直前、近くの席の子2人がhikariをからかい始めました。

「1教科に1本でいいんやから、今日は3本あったらええねん!」
「やめて!かえして!」

hikariは鉛筆を2本、取り上げられてしまいました。

そこへ(正確ではありませんが)隣のクラスのH君が入ってきて、

「hikari、鉛筆貸して!」

もちろん断ります。
でもHくんは…無理やり取り上げて出て行きました。

その場は、先生が気がついて3本とも無事hikariの手元に戻りましたが、
この話を聞いたのがテストが終わった次の日。

hikariから状況を聞いただけで…
私は…ものすごく腹が立ってきました。

そして今クラスで起こっていることをhikariに次々とたずねました。
そのひとつひとつに握りこぶしを振り上げたくなるほどに腹が立ってきました。




ちょっとしたからかい、ふざけ、いたずら…
今までhikariにしたことのない子(今までならむしろ味方でいてくれた子)
までが、その程度に差はあってもみんなが仕掛けているようです。
誰も止めてくれないようです。
誰も慰めの言葉を掛けてはくれないようです。
私は先生までがいっしょに
「そんなことぐらいで怒らんでもええやん」
と笑っている姿を想像してしまいました。

昨日、朝1番に学校へ電話をしました。
もちろん、連絡帳に書きましたが、やはり直接会ってお話がしたくて。

ところが…ところが、です。
先生は電話口でぺらぺらと現在のクラスでの状況を軽い口調で話し始め、
言葉の端に
「ま、こんな事くらいしかお話しすることはないんで…」
というニュアンスを残して電話を切ろうとされました。

「ちょ、ちょっとまってください。
 明日、何時にうかがえばよろしいですか?」

え?やっぱり来るの?
という感じ。
さすがのmachiもカチン☆ときてしまいました(笑)




いじめではない、と思います。
今は。
でも…今みんなに試されているような感じがして。

こいつからかうのおもしろい。
これくらいで怒りよる。
ここまで言ったら泣きよる。
こんくらいなら引きつった顔。


仕掛けてくるのが、この子が、というのではなく、な~んとなくみんな、という感じもとても不安です。

からかいの連鎖。
いじめ未満。

学年懇談会のとき学年主任の先生が何度も繰り返しおっしゃっていたことがあります。

「流されない。
 誰かがしているから、自分もしていい。
 誰かが遅刻するから、自分もちょっとくらい…
 それはダメ。絶対ダメ。」

このことじゃないですか?
流されてないですか?
自分はどう思うんですか?




もちろん、今日学校へ伺います。
勉強も、部活も、生きにくさも…
全部精一杯の力でがんばっているhikari。
hikariは私が守ります。

「自分が正しいと思うのなら、堂々と胸を張っていればいい。」

必ずお母さんが守ってあげるから。


部の先輩と毎日50mフリーで勝負。
「20連敗で罰ゲーム地獄や~~」
と笑いながら帰ってくる。
ひどく怒られたと言う顔もどこか晴れ晴れしてる。

決して泳ぎが得意なわけでも、運動神経がよいわけでも、
体力があるわけでもないのに。
部活へ行くとホッとするんだって。
ただ泳いでいればいいから。

そんなこと言うんですよ。
親として…泣けてくるじゃないですか。
守ってやりたくなるじゃないですか。

2008-06-03(Tue) 14:25| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 8

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-06-03(Tue) 17:10 | | #[ 編集]

絶対に!絶対!最初は小さなからかいかもしれないけど、その小さな根っこが怖いんです!!
仲良しこよしな小学校から、なぜか、なぜか、中学生になると、急に大人ぶってしまうのか?ちょっと軽い気持ちで調子に乗ってしまうのか…
大人が些細な事…だと見逃してしまうと、一瞬にして子供たちの中で『空気』が出来上がってしまうと思います。
一度出来上がってしまった、そういう空気は無くなる事はなかなか難しいと思っています。
私、リョウの就学に向けて、特別支援クラスと迷う理由は、理解力の問題ももちろんありますが、やっぱり「いじめ」が一番心配です!大々的に障碍児なので!と、周りに理解を求める様なパワーも勇気もなく…支援クラスに居れば、いじめられる事はないんじゃないか…息子を守りたいからこそ、そんな思いがなくなりません。

これは、障碍など関係なく、集団生活の中に居る以上は、合う人間、合わない人間。やさしい人間、やからばっかり言う人間…色んな人間が居ます。大人の社会だって、水面下では色んなからかいやいじめが存在すると思います。
でもでも、まだまだ未熟な子供だからこそ、歯止めが利かない…空気に流される…
それを、大人がしっかりと見抜き、根がはる前に対処しないといけないんだと思います。
絶対に絶対に軽視してはいけないんだと思います。ちょっとした冗談?からかい?その延長線上に怖い事があるんです!そんな、まだまだ未熟な子供たちの集団の中にいる大人が、簡単に受け止めているのでは困りますよね!
我が子はいつか親の手を借りずに巣立って行きますが、中学生…小学校に向けてアップアップと溺れそうになっている私ですが、中学生と言う、大人気分な未熟な時期…この時期を乗り越えることが、私たちの様な親子の一番大きなハードルなんじゃないだろうか?と感じています。
子供を守るのは当然です!machiさんの思いが伝わりますように…

2008-06-03(Tue) 22:07 | URL | ふぅ #-[ 編集]

がんばってください、応援しています。

大変つらいですね、
でもおっしゃるように子供の味方を親がしなくていったい誰が守ってくれるのでしょう。

学校に行かれるのですね、でしたら心配な天、不満な点を書類にまとめて3部以上印刷し担任、生活指導、校長など関係する先生方にお渡しすることを勧めます。
大事な野は今起こっている事実を認識し、こういう問題提起を親がしたという事実を残すことです。
また感情的になったりいい間違い、受け取り方の違い、言った、言わないのこじれも防ぐ意味でぜひ口頭ではなく文書で伝えてください。

がんばってください、応援しています。

2008-06-04(Wed) 17:18 | URL | じろう #mQop/nM.[ 編集]

匿名さまへ♪

こんにちは。
お気遣い…ありがとうございます。
お話は…2時間近くに及びました。
今は、とにかくいろんなことをお願いするのではなく、現在のクラスの状況を詳しくお聞きすることと、もしかしたら出来上がりつつある"連鎖"を今のうちに断ち切る、ということを強調してお話してきました。

状況は…詳しく書くことは控えますが、本人たちは"いじめ"という認識はなさそうなのだそうです。
こう書くととても甘い表現になってしまいますが、先生から見ると"いじめ"にも見える、ということらしいです。
この辺のことは記事に書けたら書こうかと思っています。
ともかくは…やはり経験豊富で生徒に対して押さえのききそうな感じの先生で、こちらの希望することは見抜いてらっしゃるようなので、調子に乗せられないようにしながら慎重にお話してきたつもりです。
今の段階ではまずはこれでよいかと思っています。

でも、終わったわけでも、いつ終わるのかもわからない事なので、これからも引き続きしっかり見守って行こうと思います。

お花。。そうです、ピアノの上です。
でも、ひっくり返るとたいへんなので、写真を撮ってすぐに移動しました(笑)
難しい曲…ですよね(汗)
だから、完璧では絶対になかったのですが、この2ヶ月、実力の2つも3つも上のレベルの曲に挑戦して弾ききったことを褒めてやりたいと思います。

またご連絡します。
ありがとうございました。

2008-06-04(Wed) 17:42 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

うちの息子もhikariくんと同じような状態がずっと続いています。
いじめではない。誰もいじめているつもりはない。
そして、のび太もいじめられてるとは感じない(感じる力が弱い)。
だけど、周りから見ると、いじめと言ってもいいような・・・という、グレーな「からかい」「ちょっかい」みたいなもの。
子供同士ではよくあること・・・確かにそうなんだろうけど、親としては釈然としない。
これがずっと続いたら、どういう方向に向かってどうエスカレートしていくのか・・・。
考えると腹が立って当たり前ですよね。
先生にとってはこういうことは日常と感じるのかも知れないけど、その鈍感さにも腹が立ちます。

machiさん、hikariくん、頑張って。
それしか言えない自分ももどかしいけど、
私とのび太もどうしたらいいかわからない毎日です。

2008-06-05(Thu) 10:24 | URL | まっぷー #-[ 編集]

ふぅさんへ♪

コメントありがとうございます。

お話した担任の先生はとてもお話がお上手で、下手するとうまく丸めこめられてしまうのでは、と思い慎重に話してきました。
でも、1度お話したからといってすべてこちらの思いが伝わるものでもなく、ましてや解決への糸口が見つかるとも思っていません。
とにかく、"ほっておかないでほしい"こと、家族のものがこれだけ真剣に心配していることを少し大げさに強調してきました。
テクニシャンにはこちらも手段を考えなくてはいけません。

現在の状況を聞くのは少し辛いものがありました。
ストレートな、ごまかすような先生ではないのでたぶんおっしゃっていることに間違いはないでしょう。
むしろ、ストレートすぎて…私のほうがへこみそうでした。
でもその事実をちゃんと今は前から受け止めて、金八先生やごくせんのようにドラマティックに解決していくことはないということもきちんと認識して、少しずつ前に進んでいけるよう"何か"行動を起こさなくてはならない、ということを訴えました。

中学は教科担任制なので、クラス担任だけでなく教科の先生や学年の先生、そして部活の先生とも連携をとってとにかくできることから動いてほしいとお願いしました。

必ず守ります。
hikariは私が守ります。

2008-06-05(Thu) 13:56 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

じろうさんへ♪

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね。
言いたいことはたくさんあるので、でも限られた時間なので、焦点がぼやけないよう自分の考えを整理するために訴えたいことは自分が見るようにレジュメにしていきました。
文書をお渡しすることは考えてなかったので、でも、おっしゃるように何か形として残しておかなくてはならないとも思いましたので、昨日、きちんと連絡帳に懇談の要点を書きました。

今の状況を決して軽く見ないでほしいです。
どれだけ家族が不安であるか、感情的になってはいけませんが、少し大げさに訴える方が先生にはちょうどよいかもしれません。
学年の問題として、在学する3年間の問題として、最初から真剣に取り組んでいただきたいと思っています。

2008-06-05(Thu) 14:03 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

まっぷーさんへ♪

こんにちは。
まっぷーさんの記事…のび太くんに起こっていること、なんとコメントしてよいかわからないままずっと読ませていただいていました。

先生のお話の中にも
「同じようなことは教室のあちらこちらでいつもあるんですよ~」
というくだりが何度も出ました。
でも…そこは子供らの心の中はどうなのか?
hikariに向かって何かしら仕掛けてくる子供たちの心のうちは"曲がって"やしないのか?
果たして「同じようなこと」なのか?
お話の中で釈然としない事柄についてはそのままにしてはいけないと思い、連絡帳で釘を刺しました(笑)
とにかく今の状況を軽く見ないでほしい。
何かしら動いてほしい。
子供らすべてを100%変えることは不可能、とおっしゃるが、だからといって何も行動を起こさないのはダメ、無駄であろうが何かしらの取り組みを繰り返ししてほしいことをつたえました。

hikariのような子どもに対して先生がからかいに同調したり、授業のオチにするようなことは決して許せません。
保護者の目はいつも光っている、どれだけ辛いことなのかいつも訴えていくつもりです。

子どもたちは「hikariがどんな子どもかわからない」ことがとても気になるようです。
(先生はおっしゃいます。)
それも自然なことでしょう。
わからないならいつでも私が答えに行きます。
それくらいの事はします。
でも、"わからない他人"をみんなで寄ってたかっておかしがったり試したりするのはやめてほしい。
先生はそんな子どもたちの行動を"興味本位"と連絡帳に書かれました。
なんて失礼な言い方なんだろう。
先生自身、うまく表現が見つからなかっただけかもしれないですが。
すごく悲しくなりました。

まっぷーさんものび太くんのためにがんばってください。
いつも何かしら行動を起こしていなくてはならないと思います。
毎日を過ごしている教室での出来事なんですから。

2008-06-05(Thu) 14:22 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/154-169dcebb

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。