カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

同じじゃないから、発達障害なんだよ

最近ある方の記事を読んでコメントをと思ったのですが、
とても長くなりそうなので記事にしました。




hikariのような、知的な遅れがなく、問題行動も目立たないタイプの子は学校のような決まった枠組みがあるところではほとんどみんなとの"違い"に気付いてもらえないことも多いです。
低学年の頃だと、周りの子もざわざわとしていたり、落ち着きが足りなかったり、何かとトラブルも発生するでしょうから、
そんな中にいて、彼ら特有の問題が起こったとしても

『みんなそうですから。』

のひと言で片付けられかねない。


その言葉の次に続くのはどんなことなのか?

みんなそうなんだから、我慢しようね。
みんなそうなんだから、そのうちできるようになりますよ。
みんなそうなんだから、だいじょうぶですよ。



違うんです。
みんなと同じではないのです。
根っこが…どうしてそうなったのか、が違うんです。
だから、トラブルが、問題が起こったとき、次にどうするか?
続く行動はおのずと違ってくるのです。

なのに、みんなそうだから、とみんなと同じ指導をされても、
みんなと同じように叱られても、
彼らにはなんの言葉も気持ちも届かないのです。





1日の大半を過ごす学校、保育園…
先生に全てをゆだねるしかない母にとって、
思いがきちんと伝わらないことほどもどかしいことはありません。

『みんなそうなんだから、だいじょうぶですよ。』

場合によれば、とてもおおらかで包み込んでくれる言葉掛けにもなりそうなひと言ですが、
何かしら先生に対して"伝わっていないな"と思っている母にとっては
これほど不安になる言葉はありません。




hikariが小学校4年生のときの担任の先生が5年の担任となる先生に引き継ぐとき、こうおっしゃったそうです。

「hikariくんはたぶん5年になっても勉強もちゃんとできるやろうし、生活面でも問題ないと思う。
でも、(hikariくんの)お母さんに絶対『だいじょうぶですよ。』って言ったらあかんで。
信用してもらえへんで。」



お2人とも、hikariにとってそれぞれに大切な出会いであり、
それぞれに充実した1年間でした。
今でも心から感謝しています。








実は今でもこの不安は持ち続けています。

問題を起こさない生徒には先生は目を掛けることはありません。
じわじわと心の内側ではいろんなことをがんばっているとしても、
それが表に出てこないうちは
「だいじょうぶ」
のひと言でカードが裏返されていることも多いのです。

いい先生は、時々そのカードを表に返して
「ほんとにだいじょうぶかな?」
って考えてくれたり、
SOSが聞こえてきたときに、もう一度カードを手前に引き寄せて
手のひらの上に乗せて
角が折れ曲がってないかな?
汚れがついてないかな?
破れそうになってないかな?
いろんな角度から見直そうとしてくれる。

そうやって救われていくのです。
前へと進んでゆけるのです。
hikariのような子どもたちは。

2008-05-28(Wed) 14:13| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 6

コメント

本当にそう。
おそらく、軽度発達障害の子供を持つ親は一度は言われている言葉だし、きっと、その言葉を受け入れられないでいる親がほとんどだと思います。
学校って、「先生方の手を煩わせるか、どうか」で支援が決まるような気がします。
特別支援なんて言ってるけど、実際は「子供が辛いかどうか」ではなく「学校側が大変かどうか」が、物差しですから。

だけど、こちら側が要求しているのは、「うちの子を特別に見て欲しい」ということじゃなく、
「辛い気持ちに寄り添って欲しい、理解して欲しい」っていうことだけなんですよね。
「みんなも同じ」「授業をちゃんと受けているから大丈夫」じゃなくて、
「そうか、そうだよね、辛いよね、じゃあ、その辛さを軽くするにはどうしたらいいかな」って、
気持ちを寄せて欲しいだけ・・・

でも、こういうことを親として伝えるのも難しい。
本当に難しい。

2008-05-30(Fri) 10:34 | URL | まっぷー #-[ 編集]

まっぷーさんへ♪

そうなんですよね、ほんとに。
この記事を書いてみて、「ん~やっぱりなんか本当に言いたいことが書けてない。。」
って思ってしまいました。

「みんなと同じ」ではないから目を掛けてほしい、でもそれは特別扱いということではない。
そうなんだけど、そのニュアンスを先生に伝えることはとても難しい。
でも、それをきちんと言葉にしなくてもわかってくれる先生はとってもいい先生。
わからなくても、とりあえずは特別扱いしてくれる先生も、それはそれでいい先生なんです。
私はそう思います。

先生側の、学校側の事情もわからないではありません。
クラスを一つにまとめて…そんな熱い先生も悪くありません。
でも、子ども一人ひとりの姿をきちんと見て(見ようとして)、子ども一人ひとりに起こる出来事にちゃんと正面から向かってきてくれる先生…
何も、発達障害がある子にだけではなくて、どの子にもそんな指導は求められていると思います。
そこは同じなんです。
同じなんだけど、"その子"によって指導する内容が違うんです。
そこんところをわかってほしいんです。
確かに難しいけど、それは特別扱いとは違うんです。
ね、まっぷーさん。

2008-05-30(Fri) 14:53 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

ホント…難しいです

machiさんこんにちは~^^;
ホントにホントに難しくて、頭を抱えてます。どうすれば上手く伝えられるのだろう…だたの過干渉や心配症なだけじゃないと言う事。根っこに確実に生きにくさを持っている事を。
うちの先生がASの当事者の方の講演会などに行かれたみたいで、立派に社会で生きておられる…なんて事をチラッと言ってました。たしかに、立派に社会で生きている方も沢山居てます。その人生は、どれ程の生き難さを感じ、適応するために努力して来たのか…そこの所は講演を聴いて理解されたのかなぁ?なんて…
そして、発達障碍ゆえに、辛い思いを経験し、二次障碍で苦しんでいる人も沢山沢山居る事…分かってくれてるのかなぁ??
目の前のハードルを越える事も大事な事だけども、母はもっともっと先の先のハードルまで考えて育ててるのに…母ですら見えてない、理解できてない、気付いてあげられていない部分があるのではないだろうか…?と平凡に過ぎて行く生活の中で、ふと考えてしまったりするのに…
全てを理解してもらおうなんて、甘いのかなぁ?なんてくじけてしまいそうになりますが…
子供との距離も近く、母とも密に話せる環境である保育園でこんな状況だなんて…小学校に上がった時には、どれ程難しい事になるのか、今から不安度100%なんです。
何度も何度もmachiさんに話を聞いてもらいたいなぁ~っと思っていました^^;
時間は待ってくれないし…手探りの中で突っ走るしかないのかなあ~そんなものなのかなぁ~

2008-05-30(Fri) 15:11 | URL | ふぅ #-[ 編集]

ふぅさんへ♪

ふぅさんに気持ちが届いたようでうれしいです。
きっとふぅさんと同じ思いでいる方はたくさんいらっしゃると思います。
私もそうですから。

↑今日書いていただいたことも、全く同感です。
今、先生方は発達障害に関する講習なんかがたぶん増えていると思います。
そこで聞いてきたこと、本などで得た知識、そういうものを"ものさし"にしてわが子を見られては、たまったものではありません。
誤解しないでくださいね。
そういう知識が全く無駄だ、というのではなく、それはそれとして、目の前の子どもの姿をまっすぐに見てほしいんです。
それが一番大切なことなんです。

この障害がスペクトラム(連続体)である、ということは何を意味するのでしょう?
ここからが発達障害、と線引きはできないのです。
逆に言えば、発達障害だから、これはわからないだろう、これはできないだろう、これはきっと嫌がるだろう…そんなふうに見てほしくないのです。

先生とのやり取りも、回数を重ねていけばコツがつかめてくると思います。
でもね、いいんです。
熱くって!
私もきっと昔はもっと熱かったし、的外れなことも言っていたし、懐疑心でいっぱいのときもありました。

そう、でもそんなふうに親が迷って焦って熱くなっている間も子どもは毎日保育園に通いますよね。
待っていてはくれません。
どうすれば??

私なら…とにかく、私もhikariのことをちゃんと見ようと思います。
今日は何で困ってる?
今日は何が嬉しかった?
そして困っていたら何か一つでも解決してあげたい。
解決まで行かなくても、話を聞いてやりたい。
そして、私にできることは何か考える。
絶対に、何もできないことはないはずだから。

困ったことも、悩み事も、自分で結論を出そうと思わないで先生も巻き込んでみる。
子どものことは何でもわかっている。
そうなんだけど、今回は違うかもしれない、そんなふうにも時々考えてみる。
そして、先生と一緒に考えてみる。
喧嘩したっていいんじゃないですか?
先生だって"人"ですから、間違っているときもあるし、そこから成長されます。
一緒に育ちを考える。
そんなふうに先生と横に並んで子どもにかかわっていけたらいいですね。

無我夢中の毎日がいつの間にか先生とそんな関係になれればいいな、と思います。

2008-05-30(Fri) 22:15 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは。

machiさんのおっしゃること、とてもよくわかります。
その部分の、根っこの理解がないのに、
言葉を投げかけられても、
信頼できないので、何も響かなくなってしまう…。

>根っこが…どうしてそうなったのか、が違うんです。
>だから、トラブルが、問題が起こったとき、次にどうするか?
>続く行動はおのずと違ってくるのです。

そうか…
machi さんの記事を読んだら、あらためて
今私が、相談室で面談中に感じている、
後味の悪さの原因が見えた気がします。

「根っこが違う」といういうこと、
「続く対応が違うこと」を
理解してもらっていない…と私が感じているんだな…。

今気がつきました。
とてもタイムリーな記事でした。

「根っこが違う」
「続く対応が違うこと」

もやもやとした見えなかったポイントを、
はっきりと言葉にしてもらったみたいで、
わかってすっきりしました(笑)

2008-06-02(Mon) 00:19 | URL | 幸歩 #leF2ecbc[ 編集]

幸歩さんへ♪

こんにちは。
そうなんですよね。
どんなに表面を取り繕っても(あまりよ表現ではないですが)
先生の理解の程がこちらには伝わってくるものです。
"後味の悪い感じ"
とてもよくわかります。
ほんとにとてもよくわかります。。

今ね、私も同じような状況に直面しています。
hikariの担任の先生と明日お話します。
今日、電話でその約束を取り付けようとしたら、
ぺらぺらとしゃべりだされて、それで終りにしょうとなさった…
明日の約束をうやむやにしようとされました。
ちょっとショックでした。
でも負けませんよ~~~(笑)
ここが踏ん張りどころです。
気合入れて、行ってきますっ☆

2008-06-02(Mon) 15:51 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/153-b734bb96

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。