カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

自然にわかることがわからない

当たり前にわかっているはずのことがわからない…
軽度発達障害の子供にはよくあることです。

外見上、異質さを感じないタイプ。
勉強もでき、身辺の自立もでき、基本的な社会性を身につけている

なのに、
「え?わかんないの??」
と驚くことがよくあります

昨日の出来事もそうでした。

『親戚』がわからない。
『血のつながり』がわからない。
『お父さんのお父さんが自分のおじいさんである』ことさえぱっと浮かばない。

聞いているほうはびっくりします

ついつい、次々と質問を浴びせます。

『いとこのH君のお父さんはhikariの何?』
『お父さんのお姉さんは誰?』
『おじいちゃんとおばあちゃんは夫婦。
 じゃあ、お父さんとお母さんは?』

どの質問にも、萎縮してしまって即答できません

しかめっ面になり、涙目になり…
でも、その悲しみの理由は普通に私たちが想像するのとは違ったりします。

『悔しさ』とか『情けなさ』ではないのです。
大半は、『どうして僕はお父さんとお母さんをこんなに怒らせ、悲しませてしまうのか』という気持ちです。

自分の人間性にまで掘り下げて悲しむのです。

これが続くと自己否定感を植えつけてしまうことになります。
とても危険なことです。





私も普通の人。
ついついしつこく『親戚とは何ぞや』『叔父叔母とはどんなつながりの人か』などと、理屈を並べます
そして、ひとしきり言い終わってふと気づくのです

聞いてないや

そしてまた続けます。
『当たり前にわかってくはずのことがわからないのなら、
 自分の努力でわかっていくしかない。
 手伝うから、教えてあげるから…』

だから…こんな子供を見かけたら…
時間はかかるけど、努力しているのだ、と大目に見てやってください

2006-11-26(Sun) 20:34| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 13

コメント

こんばんは!
平木です。

 hikari君の自己否定を親や周りの人がわかっているかいないかでずいぶん違ってきますよね。
 「なぜ、どうしてってこのことがわからないの?」
思ってしまう大人が多い気がするんです。

 私のクラスにADHDの子がいます。
 漢字はいくら練習しても0点です。
 他にも友達と同じようにできないことがたくさんあります。
 4年生の時までは、そんな自分の怒りを抑えられなくて、自分の思いが通らないとものや人に当たっていました。machiさんの記事を読んで自己否定の表れなんだなと思いました。
 
 なかなかできないことはあるけれど、周りが「何でできないの」と思うのと、「これはできないけれどいつかできる」「こんなことができる」と思うのと大きな違いがある気がします。
  

2006-11-26(Sun) 22:34 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さんへ♪

こんばんは♪

「なんでできないの?」
思っちゃいますよ。
言葉にもしちゃいます。
ダメだな、って反省します。
どんなに悲しい顔で叱られた後でも、hikariは(決して媚びるのではなく)
『お母さんの何が好きやと思う?
 僕、お母さんの作ったご飯が大好きや。
 お母さんの作ったご飯を食べたら、すっきりして、
 からだがスーってする。
 お母さんの作ったご飯、おいしいで。』
そんなことを恥ずかしがるでもなく、さらっと言います。

とても楽しいイベントに出かけて帰ってきたときも
『今日はとても楽しかった!
 お母さんもいたらもっと楽しかったで。
 お母さんもいっしょに行かせてあげたかったなあ。』

この前の『僕の歩く道』でテル(主人公)が言った言葉を思い出します。
怖い顔でいつも怒っているこうたろう君(テルの甥っ子)のお母さんが、めがね屋さんで、ちょっとふざけてめがねをいろいろかけて
「どっちがいい?」
って聞くと、テルが
「笑った顔」
と言います。
そしてそれをこうたろう君がもう一度お母さんに
「笑った顔」
と言います。
こうたろう君のお母さんはふっと自分の鏡の中の顔を見つめました。

子供にとって、一番信頼できる人の笑顔というのは、とてもとても大切なのですね。
存在そのものを喜び、愛おしく思う…
そんな親でありたいです。

2006-11-26(Sun) 23:52 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは。

関わっている家族・・・傍にいる人でしか、分かりえない事ってあるのですね。
こういうお話も、実体験でなければ、他の人は知らないでしょうと思います。

「お母さんの作ったご飯が大好きや・・・・」
素直な嬉しい言葉ですね。
ぐっ・・・ときてしまいました。

親戚関係・・・私だって、よく把握していませんよー。
頻繁に会う従兄弟などの親戚と、良い関係が保たれていれば、
それでいいのでは・・・?
と、思うのは・・・無責任な発言でしょうか。
ごめんなさい。適切な言葉が浮かびません。

でも、machiさんのこのブログは、
人間って何なんだろう?って、考えさせられ、勉強になります。

2006-11-27(Mon) 16:34 | URL | 水無月 #-[ 編集]

急かすなよぉ。

machiさんは、おふざけもできるけど基本的に真面目な性格
だと思います。
利口だからです。
私のようなネジの抜けた人間には理解できるのですが、
答えを導き出すために急かされるのは苦痛なのです。
「なぜそんなことが理解できないの?」
ではなく「どう表現してあげれば理解しやすいかな?」と
考えてあげるべきだと思います。
けどねぇ。
これは一番身近な母には難しいことなのです。
どうしても身体を分けた自分の分身だと考えてしまうからです。
男親のほうが一歩引いた見方ができると感じます。
しょいこまずにpapaに振ってみるのもひとつかと考えます。
意外な視点から見ているのが男です。

2006-11-27(Mon) 18:22 | URL | moukun #-[ 編集]

machiさんへ
 
 hikari君、しあわせだな~。
 こんなに自分を思ってくれる人がいるんですものね。
 思っているから、
「何でできないの?」
って言葉が出るんですよね。
 私もクラスの子に対して同じです。
 その子を思えば思うほど何とかしたいって気持ちがむくむくと出てくるんです。
 

 でも、
 machiさんのように
「いつかできる」
って思って接しているのと、そうでない場合と大きく違う、そんな気がします。
 子どもって
「この人が自分を思ってくれているかどうか」
見分ける天才だから。
 
 前のコメントでそんなことをいいたかったのですが、うまく書けませんでした。。。

2006-11-27(Mon) 22:07 | URL | 平木 #-[ 編集]

水無月さんへ♪

いっしょに生活してみないとわかりにくい部分が多いhikari。
まるで外国人か宇宙人のような感じがするときがあります(笑)
5年生にもなって恥ずかしがらずに甘えたり褒めたりしてくれる。
hikariがもっと小さい頃、通っている病院のST(言語聴覚士)の先生に「こういう子供たちの平均的な発達度合いは普通にバランスよく発達してきた子供の7掛けぐらいと思えばいい」と聞いたことがあります。
ちょっと幼い部分が残っているのですね。
そこが純粋に映るのかもしれません。

そういえば…私も"はとこ"が何か、最近まで考えたことなかったなv-356
目の前にその人を置いて、「この人がhikariのいとこだよ」とか言うとわかるのかもしれない。
想像力に欠ける部分の表れかもしれませんね。

人の心のうちを思いやる、というのは大人になっても、相手が大人であっても、いつも持ち続けたい優しい心なのですね。
私もここで文章を書くことで自分の心を見つめなおし、日々のhikariへの関わりを見直すことにつながっています。

2006-11-28(Tue) 08:08 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

moukunさんへ♪

むむっ…痛いところを突かれてしまいました。
「お利口さん」、そんなところが私のおもしろくない部分なのですよねv-388
文章を書くとそうなっちゃうんですよね…
普段の私はふざけてばかりで、おかげで子供たち3人とも"ちょけた"子ばかりになってしまって…
papaに「お前の責任や」と責められます(笑)
でも、私がそうなのはpapaのせいですから。
そんなことは置いといて…
水無月さんもおっしゃっていたように、後で考えたら、どーってことないことなのですよね、親戚がどうの、って…
でもね~言い訳ですが、「ええっv-405わからんの?マジ?」って感じであせるのです、実際その場面では(笑)
papaなんか家系図書いて壁に貼らしたりしましたから。
そういうことはpapaのほうが細かいのですv-356
そういう時は、私が大雑把になって、私が細かくぐちぐち言ってるときは自然とpapaが大雑把になる…
そんなこんなで、今日12回目の結婚記念日ですv-344
オノロケでした(笑)

2006-11-28(Tue) 08:22 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

平木さんへ♪

ううっv-352ありがとうございます。
何とかしてやりたい…そんな気持ちが強いです、親ですから。
高い確率で私のほうが先に逝きます。
papaだっていくら禁煙したからってそうそう100まで生きられるわけではないでしょう(笑)
「今は、お母さんたちがいるから、あなたのことわかってあげて、守ってあげられるけど、いつかは自分の力で生きていくときがくる。そのときになって困らない"立派な大人"になってほしい」
って、心の奥のほうでいつも思っています。
だから…あせっちゃうのですよね…
なんかこう、違うのですよ、ただ「わからない」のではない、という感じで。
なんか物事を私たちとは違うとらえ方をしていてhikariの法則、みたいなものでひとつひとつの事象を処理して自分の知識の引き出しにしまっていくような感じがするのです。
その"しまいこむ"という作業のときに、彼が納得しないと、決して引き出しに入れることはできない…
「なんとなくわかる」ではわかったことにならない。
その「なんとなく」が次に使えない。
うまく言えないのですが…いっしょに生活していると、その異質さがよくわかります。
世間一般の人にはかなりわかりにくいことだと思います。
その「わかりにくさ」を自覚して、「自分はわかりにくい人間だ」ということを良い意味で納得し、周囲に受け入れられるような自分になっていくための"技術"のようなものを身につけていってほしい、と思っているのです。

あ~長(笑)

2006-11-28(Tue) 08:32 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おやおや。

結婚記念日おめでとう。
machiさん家も、11月だったのですね。
朝からあてられっぱなしです。
あいた。(笑)

2006-11-28(Tue) 08:33 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

うふふv-343
そうなのでしゅ。
うちも11月。
せんぱ~い!これからもよろしくお願いしますv-392v-352

2006-11-28(Tue) 08:37 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

あはは…

まちがえた。
13回目でしたv-411v-356

2006-11-28(Tue) 08:42 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

結婚記念日、おめでとうございます☆
13回目ということは・・、私の方が3年先輩かな~。
でも、結婚がものすっごく遅かったので、
歳は、はる~~~かに先輩です。

理解できないことって、人間同士、ありますね。
アナキンパパは超じょうぶな人で、病気をしたことがありません。
だから、私の気持ちはなかなかわからなかったみたいです。
こんな気持ちさえわからないのか~と、
宇宙人と話しているような気持ちになったこともあります。
でも、いっしょに暮らして、けんかしながらも話をしていくうちに、
1パーセントくらいづつですが、理解してくれるようになりました。

でも、逆に、私はじょうぶな人の気持ちがわかっているだろうかと思うんです。私も相手の気持ちを理解しようとしなくちゃ!と、反省するようになりました。

2006-11-28(Tue) 11:48 | URL | nanako #-[ 編集]

nanakoさんへ♪

こんにちは♪

最初の頃の結婚記念日は、2人で結婚式の写真やビデオを見て浸っていたもんですが、今は…
でも、なんでもそうですが、節目の日を忘れずにいるということは大切なことですよね。

私はおおきな病気をしたことがないので病気をお持ちの方の心を本当に理解することはできないのかもしれません。
でも、目の前で弱っていって失った母のことを思うと、その頃はわからなかった気持ちも、今はわかるような気がしたり、わかろうとする自分がいます。

話はそれますが、昨日のテレビドラマ『僕の歩く道』で、『障害者に理解のあるふりをしなくてはならない』と自分を分析する動物園の園長さんが、ある事件で、『理解があるふり』、ではなく『理解がある』本当の心に気づく場面がありました。
普通に暮らしている方が、いろいろな思いの中でいろいろな『ふり』をしなくてはならない。
でも、それはありのままのその人の姿であり、決してそれが悪であるとは思いません。
『ふり』をしているうちに、本当の心に気づいてゆく。
最初から本当の心である必要はないと思うのです。

私も自分の子の障害を受け入れている『ふり』をしていました。
今も『ふり』をしている、と思う瞬間があります。
でも、それを悪と思ってしまうと決して前へは進めないと思うのです。
『ふり』であっても、『本当の心』であっても、どちらでもその人の姿なのではないか、それでいいんじゃないのか、って、昨日のドラマを見て思いました。

nanakoさんがそのドラマのことを知らなかったら、何のこと言ってるのかわかりませんね…v-356
暴走してしまいました(笑)

2006-11-29(Wed) 12:40 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/15-8bf94d98

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。