カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

担任の先生へのお願い文書~中1編~その3

今日からhikariは自転車で学校へ行きました。
教科の授業が増えてきて、鞄が重くなり始めたからです。

慣れないちょっと大き目の新しい自転車。
重い荷物を前のかごに載せて、ふらふらしながら
「行ってきま~~~す♪」
角を曲がるまで見送るつもりでしたが、怖くて見てられませんでした(笑)




今日、学級委員の選挙があったそうです。

「意外にK君やった。。」
と言うので、変だな~と思って…だって、K君はとてもしっかりした頭のいい子です。
彼が学級委員になってもぜんぜん意外じゃないし。。

「しっかりして賢い人って、僕しかいいひんと思ってたのに。」

は?????????
これが高機能自閉症児らしい発言です。
こりゃまずい。
まさかみんなの前で言ってないよね??

「言うわけないやん!
でも、Kくんが僕のこと勉強できるししっかりしてるって言ったのになあ。」

誤解されませんように…




『担任の先生へのお願い文書』最終です。

なんか。。。やっぱり長いなぁ。。私の文章は。。



【その他 今感じること】

新しい校舎、新しい友達、新しい先生…めまぐるしい環境の変化に弱いとされる自閉症児ですが、
今のところ、通信講座等で中学校とはどんなところか、すでに彼の頭の中に情報が入っているのか、
全く戸惑うことなく、今日も
「数学の授業、おもしろかった。
理科の先生、なんか宇宙人が、とかいってわけわからんかったけどおもしろい先生やった。」
と、笑顔で帰ってきました。

新学期に恒例の係りや班決め、新しく出会う先生とのやり取りなど、
今まではストレスの多い4月ですが、今のところ全てが新鮮にうつって楽しいようです。
リラックスしている様子がよくわかります。

しかし、春休み中もそうでしたが、やはり日常の生活面ではコミュニケーション能力について
発達の偏りがあると感じることがよくあります。

嫌味や冗談・比喩などわからない(わかりにくい)。
悪意はないのだか、その場にそぐわない話題を言ってしまったり、
相手の話題や質問に答えずに自分の話したいことに話題を持って行ってしまう。
複雑な指示(複数の指示を同時に出されること)や、
直接的でない指示が理解できなかったり、何回も聞きなおしたりする。
友達と仲良くしたい、いっしょに遊びたいという気持ちは強いが、うまく仲間に入れない。やりとりがぎこちない。
一人でいるのが楽なのではなく、ほんとうは誰かといっしょにいたいのだが、
会話や行動のやり取りにトラブルが起こることを怖がって関わっていくのをあきらめてしまうことがある。

といったことを感じます。

学習面ではおそらく問題はないし、授業や他の活動でも特に不都合さが表面上は見えないと思います。
しかし、根っこには“生き難さ”をずっと持っていて、それを彼なりの方法で理解し解決している場面もたくさんあるのです。
表情も豊かで、気持ちも言葉に出せる方ですので、何か困っていればすぐにわかると思います。

また、予定の変更などに弱いと言われますが、hikariはもう学校での時間割の変更や突発的な活動に戸惑うことはほとんどなく、
許容の範囲(学校とはそういうところという認識)ですが、下校してからの行動の順序、時間配分のこだわりは強いです。
今までより確実に家での過ごし方に制限が加わってくると思うので、
もう少し柔軟に考えられるといいなと思います。

もともとの性格に由来するのか、正直でまじめなところは彼のよいところです。
また、根気よく課題をこなしていこうとしたり、難しいことにも「やらなくてはならない」という義務感が強く、とてもがんばってやり遂げようとします。
それが時に熱心でよい面ととらえられたり、彼を苦しめるこだわりであったりもします。

保育園、小学校から一緒に過ごしてきた友人たちは、
決していつもいっしょにいるというほどに仲良いわけでなくても、
hikariのことをとてもよくわかってくれる子が何人かいます。
小学校の頃は”hikariくんはこういう子”ということを自然と周りの子がわかってくれていました。
環境は変わりましたが、これからもいろんな場面に出くわすことで、
hikariのことをわかってくれる子が増えていってくれればと思います。

その様な環境を作ってゆくには、まず先生方のご理解が不可欠です。
この何ヶ月かは、毎日とても”がんばって”いると思います。
ぜひ、先生から1日に1度、何か一言でも声を掛けてくださるとhikariはとても嬉しいと思います。

以上です。
どうぞよろしくお願いします。




明日、担任の先生と面談することになりました。

書いたこと以外で何をお話しようか…

やっぱり、正直心配なのは”いじめ”です。

うまく話せるかわかりませんが、伝えてみようと思います。

2008-04-15(Tue) 17:56| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 2

コメント

machiさんへ

hikariくんの「僕しかいいひんと思ったのに」には笑ってしまいました。
うちの息子もそうですが、まったく空気が読めない”不思議ちゃん”なところがありますよね。
こっちが凍り付くことがありますもん。

いじめ・・・・わたしも気がかりです。
うちはする方、される方、どちらにもなる可能性がありそうで。

2008-04-17(Thu) 09:02 | URL | ちゃみ #-[ 編集]

ちゃみさんへ♪

選挙の投票なんてきっと初めての経験。
きっと先生が「しっかりしてるな~、頼れるな~って思う人に投票しましょう。」くらいのことをおっしゃったのでしょう。
しっかりしてる…近所のおばちゃんや親戚の人なんかに”あいそ”で
「お~hikariくん、大きくなって~しっかりしたな~」
と言われるし。
お母さんからも「もう、しっかりしてきたしな。」なんて言ってもらえるし…
しっかりしている=僕
の式ができあがっていたのでしょう(爆)
はい。凍りつきました(笑)

いじめについては、いまいちうまく言えませんでした。
今はまだ少し緊張感があるけど、クラス全体が緩んできたら先生も冗談や冷やかしがポロリ出るようになって。。。
そんな時、”オチ”にされたり、ちょっとした冗談を本気で怒ったり、
「そんなことぐらいで怒らんでも(泣かなくても)」
ああ、この子はちょっとなんか違うな。
それが先生の言葉ひとつで悪い方になびいていったら…
その辺が怖いな、と思うんです。

でも、ことが起こってからでないと、どうにも説明も、行動も起こせないし。
今は静観するしかないのかな、って思っています。

2008-04-17(Thu) 14:32 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/147-d8d2d64b

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。