カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

担任の先生へのお願い文書~中1編~その2

まいった。。
hikariのクラスのクラス委員に当たってしまいました。

いえいえ。
中学校へ出向く機会も増えるし、先生と顔見知りになるチャンスでもあるし、
何かと学校の行事やPTAの取り組みなんかにも関われて
私自身のためにも良い経験になるかもしれません。

少し心配なのは…
保育園の役員も当たっていること。
しかも、こちらはけっこう重い役で。。

でも、こんな1年も、もう2度とないかもしれないから、
hikariのために、末っ子おちびのためにも、お母さんはがんばってみようと思います。
papa、迷惑掛けるかもしれないですが、よろしくお願いします。。




で、前記事の続きです。

今日、担任の先生から”連絡帳”のお返事を頂きました。
ご理解、快諾していただけたようで、ひとまずはホッとしています。
近いうちに、面談の時間もとっていただけるようです♪
よかった。




【学習面について】

春休みはずっと中学校へ向けての勉強をこつこつと続けていました。
塾へは行っていませんが、通信講座を6年間続けてきて、今も継続して取り組んでいます。
まじめにこつこつと計画通りに実行する姿は親から見ても感心します。
学習の習慣、時間の確保はできていると思います。
どこかで大きな躓きがない限り、彼の持てる力の範囲の成績をとれればよいと、今は特に心配していません。

ただ、適当に手を抜く、要領よくこなす、ということが苦手な分、部活動や友達との交流などの時間配分をうまくできるかどうかが不安ではあります。
(うまくいかないと、イライラして、泣けてきたり自分を責めだしたりします。)

【部活動について】

仲間と共にひとつの(見えない)目標(勝つこと)のためにしんどい練習にも耐えてがんばる、
たとえ負けても、やり遂げたことにすがすがしい気持ちを持つ…
そんな自然とわかるような”スポーツの精神”みたいなものがhikariはわかりにくかったりします。

小さい頃は運動会の練習が苦痛以外の何ものでもなく、
なぜ同じような練習を繰り返ししなくてはならないのかがわからない…
勝負に負けることはとても悔しく、負けた中にも得るものがあった、
というような考え方にはなかなか切り替えられない…(これは今現在でもそうです。)

そして、それほど運動神経が良いわけでもなく、スポーツを見ることにも興味がない。
そんななので、運動部に入ることは半分あきらめていましたが、
ちびっこ水泳教室にも行っていた(中学校のプールが会場でした)水泳ならできるかもしれない。
そう思い始めて、体力づくり、新しい仲間づくりという面からもぜひ部活動はさせたいと思っていましたので、今は本人と話し合って、水泳部に、と思っています。

見学の仕方、顧問の先生への紹介、そして、水泳部の雰囲気など教えていただければと思います。
また、正式の入部までに顧問の先生と私が直接お話できる機会があれば、とも思っています。

まじめで指導は素直に聞くと思います。
そんなhikariを認めてくださる環境であることを望みます。







先生からの連絡帳に、『学習面での具体的な支援…良かった、と思われる支援はありましたか?』
とありました。

実際授業が始まってみないとわかりませんが、おそらく周りの子にない”積極性”があると思います。
それは決して”自慢・優越感”などということではなく、ただ自分の心に正直に発言、表現しているだけです。
その辺の微妙なところ…誤解されないといいんですが。
授業中に先生に冷やかされたり、話の”オチ”にされたりすることのないように伝えようと思います。


部活…これがまた難しい。。
横のつながりだけでなく、常に上級生との関わりが絡んでくる。
ここでも、やはり顧問の先生の理解がないと、hikariはとても辛い思いをするんじゃないかな、って思います。
いちばん心配なところです。

2008-04-14(Mon) 20:17| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/146-d523fb7c

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。