カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

お父さんのお父さんの…

前記事で、親戚や親子の関係などの呼び名がわかりにくい、と書きましたが、
歴史の好きなhikari。
歴史の勉強にも、政権争いや天皇の皇位継承など家系をわかっていないとおもしろくないこと、ありますよね。

「徳川家康の孫は誰?」
「…徳川家光。…!あっ!そうか!家康の子どもは秀忠で、家康は秀忠の…
 な~んや!わかった!」

わかったんかい(笑)

こういう設定は理解できるのですね。
たぶん、秀忠が家康のことを「お父さん」と呼んだり、家光が家康のことを「おじいさん」と呼んだり、秀忠が家康のことを「お父さん」と呼んだり、あるいは場面によっては「おじいさん」と呼んだり…
そんな光景を目にすることはない。

家康には"徳川初代将軍"、家光には"徳川3代将軍"なんていう名札がぶら下がっていて、
hikariはそのつながりを図式的に頭に入れているから間違うことはないのでしょう。

でもそのあと…

「じゃ、おまえ(hikari)のお父さんのお父さんは誰?」
「…… お ばあ さん ??」

んぎゃ。。
????わからん????


まあ、いいっか☆


いやいや…やっぱりよくない(笑)

papaと話していて気付いた!

これはもしかして『助詞』の問題?

「お父さんお姉さんhikariから言うと?」

いわゆる"てにをは"の理解。

小さい頃からよく間違えたし、今も危ないときがある。。

「○○くんの家に遊びに行く。」
のを、
「○○くんの家に遊びに来る。」
と言ってしまう。

どうしてそう言ってしまうのか?
友達は
「僕の家に遊びに来る?」
って聞くから




そんな風な言葉の使い方、または、自分に身を置き換えてその人の言っていることを理解したりすることが苦手なのでしょう。

あなたは、

「あなたのお父さんのお父さんの弟のお嫁さんの妹は誰?」

と聞かれたとき、どんなふうに思考をめぐらしますか?

「あなたのお父さんの…」

と言われた時点で自分の身を「お父さん」に置き換えて

「あなたのお父さんのお父さんの…」

と言われた時点で今度は自分の身を「おじいさん」に置き換えて…


そんなふうに考えませんか?

hikariはきっと、そんなふうに思考できない、もしくは、他の方法で考えているのではないかな、って思いました。

2008-02-28(Thu) 10:18| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

コメント

初めまして

ほんのりASのさるたこと申します。

私もしょっちゅう「行く」「来る」を間違えてしまいます。
私の場合はというと・・・
「友達の家に~」と言った時点で、脳内映像は友達の家に切り替わり、その現場にいる視点から、うっかり「来る」と言ってしまいます。

「あなたのお父さんの~」は定型の人は身を置き換えて考えるのですか?
私は家系図みたいなものを頭で思い浮かべ、その線を辿っていって考えています。

自閉系の人は頭の中では映像で考える事が多いといいますが、私もほとんどそれです。
だからちょっと難しい事を考えて喋る時は、脳内映像を見ながら(思い浮かべながら)喋っているので、人の顔を見て話す事はありません。人の顔を見たら、頭の中で話がまとまらなくなってしまいますから。
たいして考える必要も無い他愛もない話だったら、顔を見て話もできるのですが。

何か少しでも理解のヒントになればいいなと思って、書き込みしました。
失礼します。

2008-03-06(Thu) 00:40 | URL | さるたこ #3ueQoUpk[ 編集]

さるたこさんへ♪

こんにちは♪はじめまして!

当事者の方からコメントを頂くのは初めてで、ドキドキしています。

考えるとき、映像で、というのはhikariもそうなのだろうと思います。
『お父さんのお父さんの…』
を、いくら名前をいっても、顔を思い浮かべろといってもなかなか答えられなかったのですが、
家系図を書いて、空欄を作り、そこに名前や自分から見ての呼び方を書かせると、ス~っとその”図”がインプットされたようで、不思議なことに、今はあまり苦しまずに答えられるのです。
本人にさるたこさんのコメントを見せて聞くと、「僕も一緒!」と言っていました。

人の顔を見て話せないことも、ちゃんとした理由があるのですね。
人の顔を見て話せないのは仕方がないこと、と理由を考えないことは本当の理解とはいえないのかもしれません。
『行く』『来る』を間違えるのも、「よく似てる」と言っていました。

とても貴重なコメントを頂きありがとうございました♪
よろしければまた、何かお気づきのことがあれば教えていただきたいです。
ありがとうございます♪

2008-03-06(Thu) 20:33 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

逆にこっちも

「行く」「来る」に関しては他のASの人と意見を交わした事が無いので、「似てる」とコメントをいただいた事が嬉しかったりします♪
自分だけじゃないんだなあって。

2008-03-08(Sat) 01:02 | URL | さるたこ #3ueQoUpk[ 編集]

さるたこさんへ♪

こんにちは♪
URL...ありがとうございます♪
音楽、されているのですね。
うちの長女(小4)がピアノをしています。
またじっくりと読ませていただこうと思います。

hikariもきっと「自分だけじゃないんだなあ」って思ったと思います。
日本中の、いえ、世界中のどこにでも、アスペであろうと自閉であろうと、自分とよく似た思いをしている人がいて、似ている人を見つけたときなんだかホッとするんだろうな、なんて思います。
そうだろう、と思っていはいても、やっぱり実際にそのような声を聞けることはもっともっとホッとします。

ほんとに…また、お話したいです♪
ありがとうございました☆

2008-03-08(Sat) 17:55 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/137-d27500b8

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。