カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

トゥモロー イズ アナザ デイ

お久しぶりです。
いつもがんばってるhikariの姿とはちょっと違って、今日はちょっとダメダメ(?)hikariを書いてみます。




卒業が近づいてきています。
毎日何かとあわただしいけど、でも、いつもと変わらない毎日です。

先生との連絡ノートが10日ほどあいたりしました。
それだけ、hikariは安定して日々を過ごしているのです。

と思ったとたんに、こういう日もあるのです。

昨日は珍しく、ちょっと泣きそうな顔で帰ってきました。

「今日は…まあ…普通やわ。
 …うん。普通やったわ…」

今日はいい日だった。
今日はこんな出来事があった。
今日は取り立てて変わったことはなかった。

hikariは毎日学校から帰ってくる道すがら、きっとその日1日を振りかえって自分なりの点数をつけているのでしょう。

「今日は…普通…やった。」

そう言いながらも目はうるうる。。
ちょっと何か優しい言葉でもかけようものなら涙があふれてしまいそうです。

「お母さんひとりやし、言うわ。」

周りには誰もおらず、私ひとりがPCに向かっていたからでしょう。
重そうな口を開いて、その日が"普通"で片付けられなかった理由を話してくれました。

グループ学習で自分の調べてきた資料を使ってもらえなかったこと。
友達と見に行く映画で、意見が合わなかったこと。


それぞれに心の整理の仕方をアドバイスして、彼なりに納得(?)したのか、
少しだけ表情が変わってやっと勉強部屋へと階段を上がっていきました。




夕食を食べていたとき、何がきっかけか"叔父"とか"叔母"とかの親戚の呼び名の話になりました。

hikariは、こういう概念はとてもわかりにくいのです。

『お父さんのお父さんは?』

うちは義父母と同居しています。
すぐに自然と思い浮かぶはずなのに…

お父さんのお父さんは…おじいさん。

これが、パッと出てきません。
即答できないのです。
何度聞いても。

なんで~?

でも、そうなのですからしょうがない(笑)

「お父さんのお姉さんはhikariから言うと何?」

正解は、叔母。

これまた即答はできません。




これは昨日が初めてなのではなくて、以前「え??わからんのかいな☆」とびっくり仰天したpapaが、
家系図を書いてhikariにこってりと説明したことがあるのです。

しかも、その家系図、しばらくhikariの机の横にしっかり貼ってありました(笑)

暗記することでもないのです。
誰もが自然にわかることが、わからないのです。

「じゃ、hikariのいとこの名前は?」

こりゃまた、違うことを聞かれていると思うのか、いとこ、という言い方は他の言葉にも置き換えられる。
それがつながらないのか?
親戚、という自然に理解していくような感覚はないようです。

「おじいさんの奥さんはお父さんの何?」

パニパニパニックです(笑)




寝る直前まで、どうしてこういうことを知っていないとダメなのか?
その年齢なら"知っていて当たり前"のことを知らないままではどうしていけないのか。
(あとでhikariは"ちょっと長い説教やった"といってましたが。。)
丁寧に話をしました。

hikariはだんだん

「何で僕は勉強はわかるのに、こんなことはわからへんのやろ?」
「お母さん、ごめんな…」

そんなふうにどんどん底なし沼に沈んでいきます(笑)
その日の学校でのうまくいかなかった出来事と重なって、
どんどん"その日"の点数は下がって行きます。

「ああ~~今日は最悪や。。」




『エジソンの母』でも言ってました。

「どうして?どうしてお父さんはいなくなったの?」(エジソン的な息子に閉口して出て行ってしまったんですね。)
「どうして?どうして僕たちは引越ししなくちゃいけないの?」

それに"エジソンの母"は答えます。

「どうして…それはお母さんにもわからないの。
 でも、わからなくても歩き出さなくちゃいけないこともあるの。
 わからなくても、一歩前へと歩き出せば明るい未来があるの。
 きっと楽しい事がい~~~っぱいあるの。」

そう、わからなくても、歩き出すことが大切なのですよね。
前へと歩き出せば、きっといいことがある。
今日とは違う明日があって、楽しい事がたくさんたくさんきっとある。

「うん。わかった!」
と笑顔で歩き出すエジソン息子。
ホロリ。。




あまりに凹んでしまったhikariに私が思わず言った言葉。

"Tomorrow is another day."
~明日は明日の風が吹く~

『風と共に去りぬ』の名セリフでしたでしょうか?

今日という日が最悪最低な日でも、明日になればきっと何かが変わる。
今日とは違う明日が必ずある。
だから、ほら前を向いて、歩き出そう。

そんな意味でしょうか?

hiakriはとても気に入ったらしく、何度も心でリフレインしていたようです。

「えっと。。何やったっけ??お母さん…
 ん?イズ ア…??
 トゥモロー イズ アナザ デイ…
 トゥモロー イズ アナザ デイ…
 明日は明日の風が吹く…」

そう、きっと、今日とは違う明日がある。
きっと楽しいことがいっぱいある。
だから歩いていこうよ。
いつもいっしょに。
ずっといっしょに!





え~~??
こんなことぐらいで。。
と驚かれる方も多いでしょう。

でもね、hikariのような子どもにとってこんな事がとっても大変なことなのです。

自然にわかることがどうしてもわからない。

でもね、hikariには学習する能力がある。
自然にわからないなら、学習すればいいんだよ。
忘れたら何度でも覚えなおせばいいんだよ。
怒らないから。
見捨てたりしないから。
ね、hikari☆

長すぎる記事。。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

2008-02-27(Wed) 21:36| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/136-0dc44ac4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。