カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

みんなと一緒に6年間…それが一番

先日、最後の授業参観がありました。

hikariがみんなと一緒の部屋で、手を上げたり、意見を発表したり、ノートをとったり…
みんなと一緒に勉強していました。
考えてみれば、これが6年前、
hikariが小学校へ入学するとき、思い描いていた姿でした。




障害児学級でスタートしたhikariの小学校生活。
保育園の3年間で先生と一緒になってhikariの好きなことやきらいなこと、どこまで我慢できるのか、どんなことがパニックにつながるのか…
hikariの心に寄り添うように、どこで折り合えるのかを手探りで、そして何かしらつかんで駆け抜けた3年間でした。

就学でまずいちばんに決断を迫られるのは

"障害児学級か普通学級か?"

それは行政の壁でもあり、制限付きの制度という現実を見せられる、宿命みたいなものです。

なんだかんだ言っても、それは何かしらの決断をし、結論を出さなくてはなりません。

こちらのカテゴリーにそのときの気持ちを綴っています。
何か参考にしていただけると嬉しいです。




そう、まもなく進級、進学の季節ですね。
たくさんの新入生が桜色にほほを染めて、小さな手を引かれ幸せそうに入学式を迎えます。

でも…心からわが子のことを思い、日々考え、迷い、涙し、でもまた歩き出している…
そんなお父さん、お母さんもたくさんいらっしゃると思います。

何かのご縁でこの私の(ややペースダウンしていますが。。)ブログにたどり着いてくださった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな皆さんに…何かお役に立てるでしょうか?私?

…そうだと、とても嬉しく思います。

保育園のときの生育暦就学までの1年間理解と支援のために
各カテゴリーに分類しています。
そこで何かお役に立てればな、と思います。
もし具体的なご質問等があればどうそコメント欄をお使いくださいね。




hikariの入学した小学校には当時障害児学級が3つありました。
【知的障害】【虚弱】【情緒障害】
の3つに大きく分かれていました。
hikariが入るとすれば【情緒障害】のクラスになる、といわれました。

でも…高機能自閉症は【情緒の障害】ではない、ですよね。
それが引っかかったものの、入ってみれば、2人だったそのクラスのもう1人の児童も高機能自閉症だったのです。

高機能自閉症、といってもとても幅があって、その児童とhikariにもいろんな面で違いがありました。
ADHDのお子さんや、高機能自閉症かな、という子でも普通学級にそのまま在籍させている方もいらっしゃいました。
境界線にいる子ども…
そこは親の判断でどこに籍を置くか決まってしまいますね。
わが子だけを見よう…そう思わなくては、決断できなくなってしまいそうなことがたくさんありました。

また、障害児学級で一緒だった子は2学年上であったこともあり、実際始まってみると担任の先生はほとんどhikariにつきっきり、という感じでした。
学習も、普通学級への交流の時間も、給食やトイレも…
恵まれていました。

そう、普通学級との交流…朝の会、帰りの会、給食などはみんなと教室でするとは言っても、授業は週に3時間ほどだったのかな、と思います。
3時間…少ないですよね。
それに給食当番やクラスの係活動、班活動、学級活動などに参加できないことがとても寂しかったことを覚えています。
(学年の最後の方は参加させてもらえるようにお願いしました。)

とにかく、hikariは入学時から、1年生は障害児学級でスタートしてゆっくりと環境になれ、2年生で徐々に普通学級にいけるようにし、3年生では完全に普通学級で過ごす、ということを考えていました。
そのスケジュールに沿って、1年1年を過ごしていました。
たとえそれが"前例のない"ことであろうと、制度や人事上"学校としては面倒なこと"であろうと、なんとなく感じてはいたものの、私たちはhikariのことを考え、6年間を見据えてスタートを切ったのを覚えています。



2008-02-16(Sat) 15:11| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 6

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-17(Sun) 22:23 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

匿名さま、こんにちは♪

今日も寒いですね。風邪などはひいておられませんか?
体調管理も大切な援助かと思います。
(hikariがそうなので)
あともう1ヶ月ほどかな…元気に卒園式をお迎えくださいね。

少しでもお力になれて嬉しいです。
「主人と話して…」その言葉が聞けてうれしくなりました。
いちばん力になってほしい人がちゃんと話を聞いてくれる…
何よりも心強いことです。
障害がどうの、ではなく、その子にとっていちばんの就学の方法を考えてあげたいですね。
(後になって素直にそう思えます。)

そうですね。
私もそうでした。
当時、少々のトラブルを経験しながらも、お友達との関わりを嫌がらない様子を見ていると、入学してからお友達と切り離してしまうことに強い不安を覚えまました。
日々の些細な経験も周りのこと同じようにさせてやりたい…できるはず…
ぽつんと自分の子だけをつまみ出されるような感覚がとても不安で嫌でした。

でも…後になって考えてみると、hikariの性質から言っても、一度にたくさんの"新しいこと"を押し付けるのはとてもしんどいことだったと思います。
表面上は平気そうに見えても、とてもまじめで、お母さんに心配かけたくないし、なんでも一生懸命やろうとする…
かろうじて持ちこたえているその"がんばり"も、いつぽきんと音を立てて折れてしまったかわかりません。

これでもか(笑)というほどに、何もかも丁寧にマンツーマンで学校生活を身につけてもらった1年生。
親も安心して学校へ送り出すことができたし、hikariも小さな成功をいっぱい積み重ねていくことで大きな自信を持って2年生になれました。

大切に積み重ねてきた自信はしっかりとした土台となって、その上に6年間のさまざまなトラブルも含めた学校生活が成り立っていった気がします。
一度も「学校に行きたくない」とは言わなかったhikari。
熱があるから、と学校を休ませようとすると泣いて嫌がったhikari。

たとえわかりにくく苦しい瞬間はあっても、楽しくて、自分の存在を確認できる違う瞬間があることを知ってるから、きっとhikariは学校が好きだし、先生や友達といっしょにいたいと思うのでしょう。

そんな思いをこのまま中学校へ持って行けたら…と思うこのごろです。

2008-02-18(Mon) 15:27 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-20(Wed) 14:17 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

こんにちは♪
お風邪はどうですか?
hikariは花粉症で、今年は絶対卒業式を休むわけにいかないので(去年は風邪をこじらせて休みました。。)今から対策万全でいます。
今日も元気に帰ってきました。

学校を実際に見学させていただける、そして校長先生と直接お話になっている…
とても明るいお話ですね。
学校全体が見えてきて思うことですが、やはりその小学校の空気、というか、子どもたちへの教師ひとりひとりの接し方というのは、校長によるところが大きいのではないかと思います。
予算が、人員が、と硬い話があっても、新学期が始まって、結局は校長の判断や手腕で学校は動いていくような気がします。

短い時間でなかなかこちらの希望を伝えるのは難しいところですが、子どもさんの性格や、どんな先生と相性がいいか、など、些細なことでも折に触れ学校側に伝えていくのはよいことだと思います。
極端なことを言うと、担任ひとつで親の精神的な負担は大きく違います。
(私にとっては、振り返るととてもしんどいことでしたが)先生と仲良くなること、たくさんの先生に顔を覚えてもらうこと、学校へ行くことに慣れること…
そんなことも子どものための大切な環境づくりになると思います。

何が何でも普通学級へ…
誰しも思うことです。
友達との関わりが減る、「どうして障害児学級に入ったの?」って聞かれるのがいや、もちろん、授業参観は別、学級活動だって…
素直な正直な気持ちですよね。
でも…『その子にあった就学方法を選ぶべき』と親が直感的に判断するとき、子どもの数だけその方法はあっていいはず。
どんな道をたどって6年間を送るかは、その子によって違ってもいいとおもいます。
素敵なご主人ですね。

hikariも、今は落ちついてみんなに溶け込んでいるものの、中学では、高校では、また違う課題を抱えて進んでいかなくてはなりません。
不安がないわけではありません。

でも…何かにぶつかって立ち止まっても、また歩き始めることができた経験があるから、
そして、"自分らしく生きる"ことは決して間違ってはいない、と思っているから、
私は、私の家族は、きっとhikariのことを支えていけると思っています。

匿名さま。。
ありがとうね。
あなたがここへ訪れてくださったことで、私はもう一度あのころの自分を振り返って、6年間を振り返って、今のhikariを見て、間違っていなかったな、って思うことができます。
決して…毎日いい母親ではなく、hikariも不安や混乱を持っていないわけではないけど、それでも、私たちらしく暮らしています。

そんなふうに思えることができます。
ありがとう♪

2008-02-21(Thu) 17:10 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-02-21(Thu) 22:43 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

こんばんは♪

もうあと1ヶ月ありません…卒業まで。
papaが卒業のときにもらうある印刷物の原稿を頼まれていて、それを読むだけでもう…
普段から涙もろい私なので、"卒業"とつくだけで今は過剰反応しています(笑)

学校へ電話する…私も今でも緊張しますよぉ..
2年連続の担任なのに、掛かって来るといまだにドキドキです。
でもね、電話できるんです。
学校にも出かけられるんです。
会ったこともない先生と仲良くなろうとするんです。
…できるんですよ。
我が子のためなら。
不思議と、自分では苦手だと思っていることも、絶対そんなことできない、と思っていても、
できるんです。

質問ノート、いいですね。
私も面談のたびに同じノートを持っていき、聞きたいことも、聞いたこともそのノートに書きました。
hikariの普段の様子も書いたりしました。
ひとつのところに情報が集約されるようにしておくのはいいと思います。

がんばって(と自分以外の人に言うのはあまり好きではないですが…)くださいね!

2008-02-22(Fri) 20:12 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/135-259bce88

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。