カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生育暦 -保育園・年少組(4)一年をふりかえって-

保育園に入れること自体を躊躇していました。
初めて授かった子で、周りの子供たちとはどこかが違うな、と感じていたものの、その思いをどこへ、どのように向けてゆけばいいのか…
わかりませんでした。

母子手帳の『保護者の記録』
1歳までは「はい」の欄に当たり前のように○をつけていたのに、1歳過ぎたあたりからいくつかの項目に「いいえ」に○がついています。

やはり言葉に関する項目でした。

1歳、「ばいばい、こんにちは」ができません。
2歳、2語文が言えません。

好きな遊びは?の問いかけに、書くことが見当たりませんでした。
遊ばないのです(笑)
家の中で、おもちゃを使って遊ぶ、ということがほとんどありませんでした。
家の中ではビデオを見るか、絵本を見るか…おもちゃ箱のおもちゃも出さないので部屋の中はあまり散らかることはありませんでした。
そうそう…いたずらをしない子でした。
引き出しの中の物を全部引っ張りだしたり、あちこちに落書きしたり、すぐにバッグの中の財布を散らかしたり…ありますよね?
hikariはそういうことはしませんでした。
想像力が欠けていたのでしょうか?
隠れたところにある"何か"に興味を持たなかったのです。

身辺の自立のようなこと、トイレや着替えなどは不器用ながらもできるようになっていました。
でも…何か漠然とした不安があったのです。
よく言われる『対人関係の希薄さ』
コミュニケーションのとりにくい子だったのです。

もう1年、手元に置いてじっくり関わっていこうかと、だいぶ悩みましたが、結局入園を決め、1年経って年少組の終わりを迎える頃、hikariはとても成長していました。
私も、"診断"を受けたことで、一歩前へと進んだ1年でした。


【年少組の終わりを迎えて】

運動会が終わった頃から、hikariのことばの広がり、お友達との関わりに少しずつ変化が見られるようになってきました。
周囲の子どもたちは降園後の"約束"が盛んになり、hikariも同じようにお友達の家に行ったり、来てもらったりするようになってきました。
いっしょに遊んでいるようで、そうでない、というかかわり方でしたが、そんな中でも好きなお友達ができてしきりに関わりを求めて行ったり、後をついてまわって遊んだり、ことばでのやり取りも少しずつ出てきました。

2つ下の妹とはやはり安心感もあるのか、会話らしきものが成立するようになって来ました。
(妹のほうは…早くからしゃべり始め、母とのやり取りもごく普通にこなしていました)

ただ、今でも(ほんとに今でも)見られる「てにをはを間違える」「主客を間違える」といったことばの面での未熟さはありました。
「お母さん見て!見て!」や「○○ちゃんが、おもちゃ散らかしたはるで~」といった、関わりを求めることばもたくさん出てくるようになりました。

園での『うさぎのお当番』が回ってくることをとても楽しみにし、母に「今日はおとうばん」(うさぎのえさを持っていかなくてはならないので)と告げることもできるようになりました。

台所へやってきて、おかずを人数分の皿に分け入れたり、箸を並べたり、食器を流しに運ぶ、といったお手伝いもよくしてくれました。

保育園へ入ること自体を迷った時期もありましたが、年少組の1年間を終わって、集団の中でいろいろな経験をし、母とは違う人(先生)に理解してもらい、そして認めてもらえたたくさんの経験は、hikariにとってとても貴重なものとなったのです。




machiのひとこと♪

めまぐるしく時間の流れた、あっという間の1年でした。

迷いながらも保育園に入園し、その後よき相談相手となっていただいた先生方と出会い、そして診断を受け、悩み、学び、そして歩き出した…
ぐんぐん成長していくhikariを見ていて、保育園に入れてよかったと思いました

でも…年中組からが彼にとって本当の試練と…私にとってはそれ以上に感動の連続だったのです



2006-11-18(Sat) 00:00| 生育暦 -保育園・年少組-| トラックバック 0| コメント 6

コメント

こういう絵本、もうすぐ新刊も出る

こういう絵本、もうすぐ新刊も出る
以前、書いたかもしれないですが・・・。
わたしの後ろを歩く親子。子供が、点字ブロックについて「これ何?」と、親にたずねた。親は、「滑り止めだよ」と答えた。わたしは、”この親、本当にそう思ってるの?どうして、きちんと教えないの?前に、白い杖をついた視覚障害のわたしが歩いてるから答えづらいの?”と、怒りに近い思いをした。最近は、点字も生活になじんできたが、もっともっと身近に自然に点字があれば良いのに。点字のついている絵本(色も絵もきれい)、下記のネットショップにあります。こういうポピュラーな所で扱うのは珍しい。点字本、本屋さんで売ってないでしょ。
にじいろのもり
http://www.bidders.co.jp/user/3662077

2006-11-18(Sat) 16:35 | URL | ふとそら #-[ 編集]

machiさん、こんばんは♪

子供を入園させることのためらい、よくわかります。
hikari君は入園当初から理解のある先生がたにめぐりあわれて、またたくさんのお友達とのかかわりの中から多くのことを体験し自分の力で吸収して成長していったのですね。

子供が成長していく時って、親も親として一歩成長している時なのかもしれませんね♪

2006-11-18(Sat) 20:36 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

ふとそらさんへ♪

はじめまして。

点字の本、色も絵もきれいなのですね!
hikariたちが通う小学校で『今月の歌』というのが毎月あるのですが、手話で歌ったりしています。
ほとんどの子がちゃんと手話で歌えるのだそうです。

2006-11-18(Sat) 22:40 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

Love♪さんへ♪

こんばんは♪

5年前に書いた原稿があるからかろうじてこれだけのことが書けるのですが、お恥ずかしいことに正直…記憶ははるかかなたへとv-356(笑)

入園してすぐの連絡帳、最初のページに書いてあることを読みかえすたびに、心に不安は抱えつつも『大丈夫ですよ』と先生からことばをかけてもらえるものと思っていた未熟な母の姿を感じます。
認めたくなかったのですね、わが子がみんなと違うということを。

そんなところから始まった1年。
あの先生方に出会っていなかったら…
まったく違う1年、いえ、保育園時代であったと思います。
あの保育園の3年があるから、今のhikariがあるとさえ思います。

幼少期に診断を受け、認め、受け入れ、歩き出せたこと…
心からよかった、と思っています。

2006-11-18(Sat) 23:15 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

お当番さん♪

こんばんは♪

そうそう・・・子供って、お当番さん、大好きなんですよね。
責任とか、みんなの代表であるとか、先生のお手伝いができることとか、意識し始める頃なんです。
そして、責任を果たした充実感と、自信・・・子供の心に、自立の芽が生まれるのですよね。
hikari君も、お当番さんを通じて、色々なことを学び、成長したのですね。
自分が役に立つ、自分が必要とされている・・・これって、
大人でも嬉しいことなんですよね。

集団生活一年目は、大変なことも多かったのでしょうけど、
頑張って通園したことは、良い結果になりましたね。

2006-11-20(Mon) 00:22 | URL | 水無月 #-[ 編集]

水無月さんへ♪

こんにちは♪


家庭生活では出会えない経験や感情を、保育園では味わえるのですね。
そのひとつひとつにhikariなりの関心や充実感のようなものを持てたのだと実感できたことは、彼の可能性を感じられたようで、やっぱりうれしかったです。
人とは違うとらえ方であっても『彼なりの』方法を持っている、ということがわかりました。
先生も、危なっかしいhikariの『おとうばん』をほほえましく見守ってくださいました。
それがうれしくて、キャベツの葉っぱやにんじんを、人間が食べるような分も無理して持っていかせた記憶があります。

今日は校外学習へ行っています。
朝からいつももって行くポケットティッシュの"ティッシュカバー"がないと引きつった顔で探していました。
見つかったのですが、そんなこともつまづきになるhikari...
そんな窮屈な思い(こだわり)は今も残っています。

2006-11-20(Mon) 12:27 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/13-98fdd1e5

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。