カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

自分と向き合う。その人と向き合う。

月・火と放送されていたNHK『ハートをつなごう』発達障害就労編を見終わりました。

就労する年齢にいる方というのは、社会的に見てもう既に"大人"です。

仕事についてから、何度も同じ失敗を重ねてしまったり、
教えてもらったことがちっとも身につかなかったり、
周囲との円滑なコミュニケーションがとりにくく、何かとトラぶってしまったり。
そんなことが日々繰り返されて、どうしようもなく助けを求めて病院の扉をたたく。
そしてそこで診断名を告げられる。

広汎性発達障害

その障害を会社の上司に伝えても、悪くすると、日々の失敗のただの言い訳と取られかねない。

"大人"の発達障害で周囲に理解を求めるのは診断名でも、専門知識でもない?
そんなことをふと思いました。

テレビに出ていた方は、(結果的に)彼女自身と向き合ってくれた上司にほんとうに恵まれていたと思います。

じゃ、環境によって発達障害の人は天国にも地獄にもなってしまうのでしょうか?

いえいえ。。必ず本人の努力がそこにはあるはずです。

毎日泣いて泣いて目が腫れ上がって、それでも車を運転して出社した。
「やめろ」「帰れ」…
数知れないほどのひどい言葉を浴びせられた。

それでも、毎日会社へ行って、何かを成し遂げようとこらえていた日々。

道が開くきっかけは診断であったかもしれないけど、
そこにはただ苦手なことは避けていればいい、得意な部分だけを延ばして、成功体験だけを積み重ねていけばいい…
そんな教科書的な発達障害の人への指導があったわけではないのです。


じゃ、どうすればいい?

私にはできないことがいっぱいある。

『私のできなこと』リスト

彼女はそこから始めたのですね。

1日目の放送で言われていた、『自分を知ること』の大切さ。
そこに通じるものでもあります。

自分は何ができないのか。
何がわからないのか。
どんな失敗を繰り返すのか。

また、人間関係では、
どんなときにパニックになるのか。
そのとき何を考えるのか?
どうすれば落ちつくのか。
どのように準備しておけば、人とのやり取りの中でパニックにならないですむのか?

(注:↑実際に、その方が書かれていたことではありません。)

それらを"自分自身で"列挙し、そしてその対策を自分で考える。
考えた対策を周囲の人に相談する。

苦手なことが10あるのであれば、それをひとつずつ減らしていけたらいい。
決して0にならなくてもいい。
10が9か8になるだけでもいい。
あとの8日9には違う方法でトラブルを回避していく方法を考えればいい。

その方が、そんな方法で今は何の失敗もなく障害を克服している、とはおっしゃっていませんでした。
相変わらず、失敗もし、叱られもし、くじけもする。

でも、泣きながら目を腫らして通勤していた頃は、今では懐かしい思い出。
その頃とは違う自分であり、確実に会社の一戦力となっているそうです。

いつもいつも思うのですが、発達障害の子どもがいちばん安心して頼れるのはどんな指導者なのか?

それは、決して、専門的な知識が豊富な学者でもなく、たくさんの発達障害に関する著書を書いておられる識者でもなく、
身近で、その子自身とまっすぐに向き合って、一緒に怒ったり泣いたり笑ったり…
"障害"と向き合う、というよりも"その人"と向き合ってくれる人がいちばんの理解者となってゆくのだと思いました。


それは、決して発達障害を持つ人の人間関係だけではありません。
こういう人たち…hikariを子に持ってこそ気付くことのできる、大切な人(親)としての道なのかな、とふと思いました。



『私のできないこと』リスト

中学に入るまでに、hikariと一緒に考えてみようと思います。

まず自分自身と向き合うことで、学校とhikariの間でよい関係を築いてゆけるように。

2008-01-09(Wed) 10:18| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 10

コメント

我が家の長女も4月から高校生。
就労がもう目の前にせまって来ています。
LDで計算が苦手、話を聞き理解できるまで時間がかかる、電話の取次ぎができない、忘れっぽい・・・。
色々と苦手なことがあります。
就労したら、苦労することがたくさんあると思います。
でも就労前に発達障害だとわかって良かったなぁと思います。
苦手なことは、自分の努力が足りないから・・・と診断を受けるまでお姉ちゃんは自分自身を責め二次障害でうつにもなりました。

苦手なことに対して、どう対応したらよいか・・・を最初は私と一緒に考えてましたが、最近はお姉ちゃん自身で考えたり、工夫したりするようになってきました。

そのことが、就労後に役立ってほしいなぁと思っています。

2008-01-12(Sat) 00:12 | URL | April♪ #PY9qpgMQ[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-01-12(Sat) 06:07 | | #[ 編集]

April♪さんへ♪

こんにちは♪
コメントありがとうございます♪

"発達障害とわかっていてよかったなぁ"
診断がその人を救うことを改めて感じます。
そこから歩んでいくのは自分自身ですが、親としては、その年齢にあったやり方で見守って行きたいですね。

自分のことを知り、自分で行動していける…
中学生になるhikariには、まず、それができることを見せてほしいな、と思っています。

hikariの少し前を行くお嬢さんの歩みを、応援しています!

2008-01-12(Sat) 08:25 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

匿名さまへ♪

匿名さま、こんにちは♪

お返事ありがとうございます。
ちょっと過激なことを言い過ぎたかな…
とドキドキしていたので、お返事がいただけてほっとしています。

心から応援していますよ!
これからもよろしくお願いします♪

2008-01-12(Sat) 08:27 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

はじめまして

こんにちは。
自閉症を検索していてこちらにたどり着きました。
私も自閉症の小3の娘がいます。
「ハートをつなごう」はたくさん撮りだめしているのですが、なかなか観る暇がなくて困っています。
できないことリストは役に立ちそうですね。
良い記事で参考になりました。
ありがとうございます。
また来ますのでよろしくお願いします。

2008-01-12(Sat) 17:10 | URL | クミ #-[ 編集]

自分を知ることの大切さ

machiさん、こんにちは。
machiさんの告知を見て、番組をしっかり見ることが出来ました。ありがとうございます!
今までは、騒がしくケンカしまくり母としても忙しい時間にボリュームを上げながら必死で見てるのですが(ハートをつなごう)今年からはハードディスクとやらを買っていただき、楽々鑑賞できました(父ちゃんありがとうぉ~!!こんな時だけ)
さて、番組ですが、初めて旦那さんと共に見ました。仕事の忙しさにかまけて、あまり勉強出来てない旦那様に、今年は少し息子に目をむけてはどうか?と話をした効果でしょうか^^:
1日目の女性の方が、3ケタの数をリピート出来なかった場面で、正直ショックを受けました。息子はまだ5歳で、同じような事を過去に何度か検査で行っています。小さな子供が出来ないのと、彼女の様に、立派な大人でも出来ない時の私自身の印象の違いに驚きましたし、幼少時代からの不得意な部分は大人になっても変わらないんだと…
診断を受けて「重荷がおりた…」的は発言がありましたよね。きっと、今まで「なんで?」と何度自分自身に問いかけながら生きてこられたのだろう…と思うと胸が痛みます。
なぜ怒られる。なぜ出来ない。なぜわかってくれない?とても辛いですよね。
そんな状況を、いま5歳という小さな我が子が漠然とでも感じているのでは…と思うと胸が苦しくなります。
障害に気づかずに、辛い思いをさせながら育ててなくてよかったと思います。医師からも、息子は目立たない分、誤解を受けるので気をつけるように言われていますが、母の私が気づかずに本人を傷つけていなくて良かった。一緒に、沢山のハードルを越える方法を共に考えて上げられる事に喜びすら感じました。
そして、息子自身で自分を知り、自分の歩く道を工夫しながら広げ進めてくれるよう、サポートしたいなぁ、と思いました。
まだまだ母となって5年。ひよっこでクラクラしながらの子育てなんですが、番組を見て沢山考えさせられる部分がありましたが、うまくいえませんが、少しホッとした自分も居たりします。
文才がなくて、何が言いたいのかわかりませんが^^;;がんばります!(激謎)

2008-01-12(Sat) 17:16 | URL | いく #-[ 編集]

クミさんへ♪

クミさん、はじめまして♪
コメントありがとうございますv-22

記事、お役に立てたようでとても嬉しいです。
『ハートをつなごう』は、専門家の方の話ではなくて、当事者や地域の相談所などで実際にお仕事をされている方のお話が多いので番組自体がとても身近に感じますね。
見逃したときはショックです。。

できないことリスト。
私もこれはヒントになりました。
hikariは4月中学校に進学するのですが、お世話になる先生にhikariのことをどう伝えるか…
すべては現在の担任に任せているのですが、私のできることは何だろう、って考えてました。
あれこれと言いすぎるのもなあ。。と思っていたので、できないことリスト。
ピンときました(笑)

またどうぞお気軽におこしくださいね。
どうぞよろしくお願いします。

2008-01-12(Sat) 21:03 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

いくさんへ♪

いくさん、こんばんは♪

ご主人といっしょに見られたのですね。
就労はまだ先のことですが、想像していた通りのトラブル、不適応があるのだな、と思うとある意味やはりショックでした。
知的障害がなくても著しく就労に不適応な状態であれば障害者手帳が交付されるといっていましたね。
どの自治体でも同じなのかな。。
まだまだ真剣に調べておかなくてはならないことがありそうです。

また、大人になってから診断を受けた方は、今までの周囲との見えない分厚い壁の意味が明らかになって、ほっとするのですね。
診断が早ければ早いほどその子のための時間はたっぷりありますね。
診断名を告げられ、受け入れるまではとても苦しんだ私でしたが、今では、幼児期から発達障害と知って関わってこれたことは本当によかったと思っています。

いくさんの記事、全部読ませていただいていますよ。
ちょっと今忙しくて、ゆっくりコメントできなくてごめんなさい。
いくさんがおっしゃるように、この子達は誤解を受けやすいですよね。
きちんと意思表示のできるタイプであればよいですが、なかなか「いや」といえなかったりすると、どうしても心配なのは"いじめ"ですね。
hikariにも、1年生のときからずっと"いじめ”については目を光らせてきました。
幸い、よい同級生、担任に恵まれ、これまで、いろいろとトラブルはありましたが、5年生くらいからは友達関係で泣くようなことは少なくなってきました。

いくさんは、これからですよね。
幼児期、低学年の間の過ごし方でその後が大きく変わってくる気がします。
がんばって(…という言葉を人に言うのはあまり好きではないですが。。)くださいねv-356
私も、夏休みくらいまでがしんどいだろうな~と覚悟してかかろうと思っています。

2008-01-12(Sat) 21:32 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは

こんにちは。
いつも読ませていただいていますv-343

苦手なこと、できないことを、違うやり方でやればできることもある。
こんな時はこうすれば落ち着けて、気持ちがきりかえることができる。
そんな風に自分を知ることが、自立して働く時の力になるんですね。
とても参考になりました。

まだまだ苦手なことは逃げちゃえ~の息子ですが、
きっと成長する中で、心が今より強くなったとき、
少しずつできることも増えると信じて、ゆっくりと伝えていきたいなと思いましたv-410

2008-01-12(Sat) 22:45 | URL | 幸歩 #leF2ecbc[ 編集]

幸歩さんへ♪

幸歩さん、ようこそ♪
私もいつも読ませていただいていますv-22
幸歩さんのブログを拝見していると、わが子の姿を正面からとらえる努力、病院との連携、学校への橋渡し…
子どもの環境を何とか過ごしやすいものに、という思いで必死だった(今から思うとそうでした)頃の自分を思い出す気がして、なんだか元気をいただいています。
ブログには書ききれないような辛いことも多いですよね。
行間から伝わってくるだけに、時には胸が苦しくなることもあります。

以前は、『苦手なことよりも得意なことを伸ばす』という神話のような暗示に無意識に縛られていたように思う私ですが、
今回の放送の中で『苦手なことに何か自分なりの方法で向かっていく』ということを実行しておられる姿に何か救われる思いがありました。

【私のできないことリスト】を周囲に公開することは、障害を言い訳にするというような後ろ向きな姿では決してなく、この子たちの持つ"生きにくさ"をわかってもらういちばん手っ取り早い手段なのかもしれません。

"生きにくさ"を持つ人が"普通"と言われる人たちの中でうまく溶け込んで生きてゆけるよう、お互いが歩み寄る社会が実現するといいな~と思います。

2008-01-13(Sun) 07:28 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/128-77d3828b

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。