カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『自閉症の僕が跳びはねる理由』

ずっと前に借りていたのですが、私の悪い癖で、返却期限にならないと読みきらない…
一気に読みました

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心
(2007/02/28)
東田 直樹

商品詳細を見る


副題にあるように、この筆者、東田くんは自閉症で、会話ができない少年です。
本の内容は、58項の質問に答えるような形で書かれています。

『いつも同じことをたずねるのはなぜですか?』
『少しの失敗でもいやですか?』
など、など、ドキッとするような質問があったりします。
(ドキッとすることないよね。。)

ほんとに会話できないの?
驚くほどに、書かれている文章はすばらしく、"伝える"という気持ちにあふれています。
特に、最後に掲載されている『短編小説』
胸が熱くなりました。。



hikariは会話も(ぎこちないときもありますが)できて、周囲の人を困らせるような行動も今は全くといっていいほどありません。

「この子は自閉症です。」
といっても、信じてもらえないかもしれません。

でも…この本を読んで、
「ああ、やっぱりhikariは、自閉症なんだな。」
そう思うのです。

hikariの心の中は…目立たなくても、知的な部分に障害はなくても、心の奥のほ~に
"どうしようもない自分"がいるのですね。

そんなことを改めて感じた1冊でした。


いくつかの質問の中にこんなのがありました。

『自閉症の人は普通になりたいですか?』

"普通"、か…

じゃ、自閉症の人は"普通"ではない、とみんなは思っている、と自閉症の人は思っているのでしょうか?

なんだか…少し誤解を生みそうな質問ですね。

"普通"って何?
そんな話題は、このテーマのブログに必ずといていいほど見かけます。

私もある時期、hikariに

「普通はこうするんやで。」
「普通はこういうふうに言うねんで。」
「普通はこんなふうに考えるねんで。」
「普通は…普通は…」

乱用する自分にドキッとしたことがありました。

"普通"って言葉、hikariに対しては使ってはいけない、と思っています。

2007-12-23(Sun) 17:42| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 2

コメント

読みました!

私も東田くんの本は出版されているものは全部読みました。
なんか、ドキッとする言葉ばかりで「痛かった」。
のび太もちゃんと会話も出来るんだけど、
ここまで器用に文章を使いこなせるなんて、
「会話」と「文章として表現する」ってやっぱり違うんでしょうね。

私もつい「普通はね・・・」なんて言っちゃうんです。
「みんなと同じ」ことにこだわるのび太は
「こんなことしたら変?」「おかしいって言われる?」
って周りの目をとても気にした時期があって、
「ああ、どうしてこの子は周りの目線の意味まで
感じ取るんだろう」って、悲しくなったこともありましたが、きっと、こういう障害のある子たちって、
心の中ではいろんなことを感じて、葛藤もあるんだろうな、と、思いました。

2007-12-24(Mon) 06:22 | URL | まっぷー #-[ 編集]

まっぷーさんへ♪

こんにちは♪
コメントありがとうございます!

全部読まれているのですね。
うちの近所の図書館にはなくて、この本も、私のリクエストで購入されたようで、これを機会に東田くんの本が増えてゆくといいな、と思っています。

自閉症でしゃべることのできない子が何も感じていない、と思っている方がいらっしゃったら、この本を読むと、驚き以上に疑いをもたれるかもしれない、と思うほど、豊かな感情が書かれていますね。
障害以前に"個性"があったり、環境や家族の思いが子どもの心を作り上げてゆくんだ、というようなことを感じました。

うまくコミュニケーションを取れない分、心のなかでいろんなことを考えて、ストーリーを作っているのかと思うと、その思いを伝えられる手段は何でもいいんだと思います。

わが子の心の中を思いやることの大切さを改めて感じました。

2007-12-25(Tue) 11:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/120-c3d56c65

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。