カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

お父さんとよべない少年

「ちょっと、自閉っぽい子かも。」

毎週金曜の夜に楽しみに見る番組があります。
視聴者からの依頼にお笑い系の探偵が調査に出かけて解決する番組。

papaがおもむろに録画しておいたものを無言で再生するので、
「ん??朝から見るの??そんなにおもしろかったん?」
独身のころから見ている番組なので、伝説となるようなおもしろい依頼が数あることも知っていて、
この前も"決闘"の依頼になぜか涙してしまった私。
(見ている人にしかわからないですよね。。)

でもなんか違うのかな…??
papaの「自閉ぽい子かも」という言葉に反応してしまった私。
画面に見入ってしまいました。

依頼は【寿司の嫌いな息子にどうしても自分の握った寿司を食べてほしい寿司職人さん】というものでした。

調査に出かけたのは"た○けん"探偵。
依頼者のお父さんの話をうまく引き出してゆきます。
息子さんは6年生の少年。
(うう。。hikariといっしょだよ。。)
事情はわかりませんが、4年前に離婚されているようです。
兄弟もいないのかな??
身の回りのことはおばあちゃんがいらっしゃるのでしょうか?

小さいころから寿司が嫌いだったけど、今でも、決して食べてくれない。
でも、寿司店をついでほしいし、息子に自分の握った寿司を食べてほしい。
父には父の思いがあるようです。

でも、息子とは日常的な会話も、心のふれあいも、けんかだってしないほどに、距離ができてしまっているようです。

探偵の作戦は、その少年といろいろ話をしながら、一日かけて12km先まで歩く。
(遠すぎ。。)
おなかが空いたところで、父の握る寿司を食べさせよう、と。

そして、少年と探偵は話をしながら歩き出すのですが、少年の目は中を浮いたまま、探偵と一度も視線を合わせようとしません。
とても礼儀正しく丁寧なしゃべり方なのですが、相手がお笑いの人だとわかっていても、ニコリともせず、ただ淡々と話す。
お笑いの、テレビに出ている人なら、まじまじと見つめますよね、6年生くらいなら。

ただ目は空(くう)を見つめていて。
表情に変化が乏しい。
ぎこちない手の動きや、息遣い。
そして、なぜだか汗ばんでいる。
(ついついhikariの姿と重ねてしまう私。。)

そして、話の流れから、お父さんに話すことは無理だけど、手紙で今の気持ちを伝えよう、ということになります。

【父親へ】
そう書き出した少年。
「お父さん、って書くこともでけへんのか。。」
た○けん探偵が搾り出すようにつぶやきました。

お父さん、とはよべないらしい。
書くことも…できないらしい。
どうして?
それは自分でもうまく説明できないけど、呼べなくなったのはお母さんがいなくなってからだそうです。

お母さんがいて、お父さんがいる。
少年にとっては、それがきっと当たり前のことで、正しいことだった…のでしょうか?
お母さんがいなくなってしまって、残ったこの男の人をなんと呼べばいいのか…
【父親】

少年は、手紙を書きながら、やはり無表情のままぽろぽろと涙を流していました。
ぽろぽろぽろぽろ…
アスファルトの上で座り込んで書いていたから、涙は垂直に落ちて、黒いしみを作っていました。

ぽろぽろぽろぽろ…

流れ落ちる涙は、言い表せない…言葉にしたくても、言葉にできない、少年の深い深い苦しみや悲しみを流し出しているように見えました。
話したいことがたくさんあるのに、それが言葉にならない。。
悔しいのか、悲しいのか、なんだかわからないけど、ただ流れ落ちてくる涙に戸惑う少年。

書けないんだけど、書かなくちゃいけない。
がんばってるんだな。
書いて、って言われたから、がんばって書いてるんだな。
そう思うと、もう…

文字にするのも辛いほど【お父さん】とよぶことに抵抗を感じる少年。
そんな少年の心に、お父さんはどれだけ近づくことができるのでしょう。

ただ、酢飯が、生魚が嫌いなだけではない、【お父さん】とよべない少年の心に。





番組の中では、決して少年が発達障害であるとか自閉症であるとか、そういった言葉は出ていませんし、父親である方の口からもそれは語られていません。
だから、私がこうして記事に書くことはいけないことかもしれません。

でも、自分の子どもをずっと見てきているから、この少年を見たとき、何か…感じてしまうものがあったのです。

酢飯の味がどうしても嫌なのかもしれない。
刺身の生臭さが、どうしても受け入れられないのかもしれない。
それは、決して父親を嫌っているとかではなくて、味覚の過敏さあるいはこだわりであるのかもしれない。

腹を割って話すことをしない少年は、それをしない、のではなく、"できない"のかもしれない。
決して、思春期であるとか、男の子ってこういうもの、ということではないのかもしれない。

お父さんとお母さんがいて自分がいる。
一緒にご飯を食べたり、どこかへ出かけたり、お誕生日を祝ってもらう…
そんな普通の幸せな生活が、"普通"であり、一般的な幸せな形と違うことがものすごく嫌なのかもしれない。
離婚、という自分を取り巻く環境の急激な変化がいまだに受け入れられないのかもしれない。。

また…いつだったかの少年の誕生日に、買ってくれる、といっていたマンガの本を誕生日の日に買ってもらえなかったそうです。
(父親の仕事の都合で、やむをえないことだったのかもしれない)
でも、その次の年もそうだった。
そしてまたその次の年も…
そんな誕生日が何年も続いた。
そう、書いていました。

淡々とした文章。
そこに少年の感情は書いていなかったけど、【こんなふうに祝ってほしい】と思う気持ちとは違う誕生日が、大人の思う以上に少年の心に深い悲しみとして残ったのではないかな。。

いろんなことを思って、心がぎゅっと苦しくなった私でした。

2007-12-18(Tue) 10:56| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

コメント

なんだか・・・

切ないですね。
私たち、発達障害を持つ子の親って、
なんとな~く、「あれ?この子もしかして・・・」
って思うことがあるものです。
それゆえに、その子と自分の子を重ねてみて、
いろいろそのこの気持ちなんかに
思いをめぐらせることもあります。

でも、こういう想像力って大切だと思います。
その子が「発達障害かどうか」ではなく、
「・・・かもしれないから、心の中はこうなんじゃないか?」
っていう思いやり・・・。
胸が苦しくなりました。

2007-12-19(Wed) 11:12 | URL | まっぷー #-[ 編集]

まっぷーさんへ♪

まっぷーさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。

そうなんです。
ものすごく切なくって。。
思わず画面に手を出して、肩を抱いてあげたくなりました。

>「発達障害かどうか」ではなく…
ほんと、その通りの気持ちです。
大切なのは、どの子にもその子の"思い"があるということ。
表面だけ見て「わからない」という前に、子どもの心に寄り添うことが大切なんだな、っていつも自分に言い聞かせています。

2007-12-19(Wed) 14:26 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/117-491f7178

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。