カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

グレーゾーンにいるhikari

自閉症はスペクトラム(連続体)という概念で説明されます。

自閉症スペクトル―親と専門家のためのガイドブック自閉症スペクトル―親と専門家のためのガイドブック
(1998/11)
ローナ ウィング

商品詳細を見る
machiが初めて読んだ専門書です。


「連続体」という表現からわかるように、ローナ ウィングは、自閉症とそうでない人(健常者)との境目ははっきりしない、といっています。
そのあたりの”はっきりしない”子どもたちをよく”グレーゾーンの子ども”と表現します。



hikariは幸い小さいころに診断を受け、”高機能自閉症児”として今まで周囲への理解を求め、彼自身も周囲へ適応していく努力をしてきました。
それは小さいころからずっとずっと続けてきたこと…就学前から数えたら8年にもなります。

現在6年生。
春には中学生になります。
また一から周囲との関係を築いていかなくてはなりません。。

小学校就学前は、ほんとに一生懸命で、いろんなことを勉強し、いろんな人と話し、学校にもしょっちゅう出向いたなぁ。
決して社交性のない私ではないのだけど、その労力は相当なものでした。

正直、しんどかった。

今は…日々の学校生活は安定し、担任ともうまく連携が取れていて、6年間ずっとhikariの事を見てくれている先生が学校の中に何人もいてくれる…
そんな安心感に浸っています。

ふと考えると、もう12月。
中学校とはなんのコンタクトもとっていません。
何もする気がない、というわけではないのだけど、今の担任の先生と話す限り、中学校に何か連絡したいときは、小学校を通しての方がいい、とか…
中学校へのhikariの引き継ぎ、申し送り事項についても、学校での様子は先生にお任せしているような状況です。

あとは、入学してから。
私が忙しくなるのは入学してから。
それでいいのかな。。??

小学校とは違って、中学生のhikariのサポートは、さりげなく、後ろから、でもしっかりと…
そんなふうに自分では思っているのですが。

グレーゾーンの子どもたち…hiakriもその中に入ると思います。
一見、ごく普通の子ども。
成績もそこそこ。
あいさつもきちんとできて、学校行事もみんなと同じようにこなす。

なのに、時々急に気ままに見えたり、神経質であったり、
それでいて、あつかましかったり、自慢したり…

それを指摘すると、とても困った顔で謝り、深く深く反省する姿に
かえって違和感を覚えてしまう。

全ては、自閉症の障害特性に起因するもので、
どの行動・言動も、そこらへんから探ってみると、
とてもクリアに説明がついたりします。

自分で言えるようになるといいんだけどな。。
カミングアウト…
中学へ入ったら、そんな時がくるのかもしれません。
…そういえば、外来の主治医の先生が、”告知”について話されていました。

そうそう、 【自分を知る】ということが今年の抱負でした。
hikariは、どれだけ自分自身を知っているのでしょう?
自分のよいところ、悪いところ、得意なこと、苦手なこと…
どれだけ説明できるのでしょうか?

そして、高機能自閉症であることを、その特性ゆえに、
苦しむ場面がある自分をどれほどに理解しているのでしょうか?

いっかい聞いてみようっと



FC2 Blog Rankingへ



2007-12-06(Thu) 17:27| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-02-17(Fri) 13:00 | | #[ 編集]

コメントありがとうございました


このような休眠ブログにコメントありがとうございました。


その後、何か進展はありましたでしょうか。

私どもの時代と今とではだいぶ支援の仕組みも感覚も違ってきていると思います。
でも、子どもを支援学級に入れることはやはり”レッテル”を張ることになりはしないかと迷われると思います。

普通学級においても支援は受けられるとも思います。
子どもさん自身をよく知り、どのような形がベストかをじっくりご検討くださいね。

これまで保育園時代の過ごし方などにもヒントがあると思います。

これからの道のりは長いものです。
迷いながら、悩みながらでも、ゆっくりと、いつも子どもと向き合ってゆけば、決して間違った道を歩むことはないと思います。

肩の力を抜いて、一歩踏み出してみてください。

2012-02-29(Wed) 10:07 | URL | machi #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/111-8a98de23

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。