カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

おかえり!

今日、たまたま下校の時間帯に車で学校の近くを通った。
hikariが歩いていたら、ひらってやろうか。
いや、友達と一緒に歩いているなら、よけいなことかな。
そんなことを思いながらhikariの姿を探しつつ車のスピードを落とした。

あ、いた。
ん?
1人か。
乗せてやろうかな。。
え?
両手の重い荷物をよいしょとかつぎなおして走り出した。
友達の姿でも見つけたのかな?
でも、前後、うん。。50mくらいは誰の姿もない。
珍しく、1人ぽつんと歩いていた。
(いや、そのときにはもう走り出していたが。)



小さいころからずっと、正確に言うと小学校に入ってから、
学習の次に心配していたのは”いじめ”。
学習については、2年生になるころには問題なくついていけていたから、
いつも先生との懇談などで強調してお願いしたのは”いじめ”に注意してほしい、ということ。

みんなとは感じ方が違ったり、場の雰囲気をつかむことが苦手だったり、
とかく周囲とのコミュニケーションのとり方が不器用。。
学習もみんなと同じようにできるだけに、目に付くのは”なんとなく異質”な部分。
いじめ”の標的になりやすいことは、いろんな書物にも書かれているし、外来の先生にも言われていたのです。

もしいじめにあっていたとしても、なかなかその事実を自分自身つかめなかったり、
「いや」「やめて」という気持ちがうまく言えなかったりするのではないか、ということも心配でした。
事あるごとに「嫌なことされたり、言われたりしたら、『いや』『やめて』って、ちゃんと言葉でいわなあかんで。」と教え続けてきました。
そのときそのときの担任の先生と常に連絡を十分にとって、hikariに何か変わった様子があれば、すぐにその原因を突き止め、hikariの気持ちを聞いてやるようにしてきました。

周囲との関わりが増えてきた3年生頃からは、誰かとトラブルがあると、必ず先生はクラスのみんなにhikariがどうして困っているのかをわかってもらうように話してくださいました。
その方針は、6年生になった今も続けてくださってます。
ずっと引き継いできてくださっているのでしょうか?
hikariと誰かのトラブルをクラスのみんなにわかってもらう。
hikariのよき理解者は先生だけでなく、クラスの中に1人、2人と生まれてきました。
それで十分でした。
その小さな積み重ねがhikariのことをみんなに理解してもらい、”いじめ”から守ることに繋がってきたのではないかと思います。



車で先に帰った私は、ちょっと不安な気持ちでhikariの帰宅を待ちました。
でも…「ただいま~~
「ひとりで帰ったきたやろ?車で通ったし乗せたげようかと思ってんけどな~
「何で乗せてくれへんのよ~~」
ずっこけながら笑うhikariに、ほっとした私でした。



2007-12-03(Mon) 21:26| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/110-221157f9

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。