カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

時間割・マニュアル・攻略本

家庭の生活の延長のような保育園生活よりも、時間割の決まった学校生活が安定したように、何もないところから作り出す図工や感想文よりも通信講座で学ぶ作文講座がわかりやすいように、どんな展開が待ち受けているのかわくわくする冒険よりも攻略本片手に理想的な展開のゲーム進行が安心であるように…

私たちの生活の中にスケジュールやマニュアルというのは何気なく、そして当たり前のように存在し、それに頼ったり、便利に利用したりしています。
ガイドラインはそういったものに頼るものの、”臨機応変”に自分の置かれた状態に応じてマニュアルを読み換えてみたり、省略してみたり、また時には無視したりします。

高機能自閉症を持っているhikariがちょっと私たち(…表現に困りますが)と違うのは、スケジュールやマニュアルといったものが、特に文字にされていたり、常に目に入るところにある場合、そして、それがhikariにとってとても信頼の置けるもの(人の言葉)であったりする場合、変更したり無視したりすることに想像以上の苦痛を伴います。
(いわゆる根っこには”こだわり”という特性があるのかと思います。)
そして、そういう”試練”は大抵の場合間が悪く、精神的にストレスを感じているときや自分の行動を否定されたとき、また「こうしてくれるだろう」と期待していた行動と違う反応をされたときにやってきます。
そして、それに伴って、自身の感情や行動を”変更”しなくてはならないので、とんでもなく混乱してしまうのです。

hikariはよく自主学習など、自分から工夫してやる宿題をやり終えたとき(かなりの自信を持って。。)私に見せに来ます。
その気持ちをわかっているだけに、勿論「すごいな~」「よくできてるやん」と褒めるのですが、時に、どうしても見過ごせないミスを発見してしまうことがあります。
「上手やねんけど、ここ、もうちょっと~してみたら?」とできるだけ気持ちを傷つけないように話すのですが、私の言葉が言い終わらないうちからもう口はへの字

そして混乱が始まってしまいます。
安定した状態の時には特に気にならないこと(例えば、何回も文字を消すことで紙が薄汚くなること)が突然ものすごく気になりだしたり、「…すればよかった」と、自分の効率の悪い行動を責める言葉が出てきます。
そして、自分はマニュアルどおりにやったのにと、納得がいきません。
先日は作文で、
「通信講座の”作文講座”に書いてあった通りに書いたのに
「でも、この場合は、ここにちょっとhikariの思いを書いたほうが文章がうまくつながっていくと思うよ。」
「だってこの段落には”気持ち”は書かへんねんもん!”気持ち”はまとめ(の段落)で書く、って(作文講座のテキストに)書いてあった!」
と、決して引きません。。
あちゃちゃちゃ…マズイです
そんなときは…


口をへの字にしながらも、指摘された間違いを直してもう一度必ず見せに来ます。
そこで、もう、褒めちぎるしかありません
そして、なぜ、間違いを伝えたのか?
それは「hikariのために、なんやで」と理屈で攻める(笑)
これしかないのですね、今のところ。
しかし…なだめるのに、かなり疲れます。。

他にもっとよい方法があればおしえてくださ~い

2007-11-29(Thu) 18:12| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/106-c7b16e65

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。