カレンダー(月別)

01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

マニュアルより実践

明日から学年末テストで、hikariは大好きなゲームを断ってこの1週間がんばって勉強しています。
そんな姿を見ていると、この1年間、知らず知らずのうちに心も体も成長してきたな、と実感します。

中学へ入った4月からの記事を読み返していて思うのは、私自身のhikariへの接し方、トラブルがあったときhikariに掛ける言葉は少しずつ変化してきているな、ということです。

ついこの前までは、先生へ、周囲の子供たちへhikariの特性について理解を求めることに重点を置いていました。
しかし…
ここ最近は理解を求める、というよりも、hikari自身が周囲へ近づいていく、周囲の人の考えを理解できるような援助の言葉を掛けることの方が多いような気がするのです。

それは決して、自分たちを卑下して遠慮して他との違いを際立たせようとしているのではなく、これから歩いていく道、出てゆく社会で”当たり前”として扱われているような人との関わりや自らの行動を身につけてほしいという思いからです。


hikariの様子を見ていると、日増しに周囲との差がわかりにくくなってきています。
それは本人の努力もあるし、自然に心や思考が成熟してきていることでもあるし、発達障害ではないほかの子供たちと同じようにごくふつうの中学1年生としての姿であったりします。

私のほうでも、そんな彼に掛けたくなる言葉はやはり”ごくふつうの中学1年生”に掛ける言葉であったりします。
そう、無理にでもそんな彼に近づいてきたことがうれしくて、”ごくふつうに”会話を楽しもうとする自分がいます。
それにまた思いもよらず(笑)”ごくふつうに”言葉が返ってきたりするとうれしいものなのですが。


何かトラブルや困ったことが起きてもその時その時の対応でうまく切り抜けてきた1年だったように思います。
6月…とても苦しい日々でしたが、そんな日々も今思い返してみれば、私なりに落ちついてじっくり事実に向き合い、正しく必要な人に助けを求め、そしてhikariともよく話し合って、ひとつひとつを乗り越えられたような気がします。

その後も、時々トラブルは起きhikariも苦しかったでしょうが、その時々にしっかりと向き合って解決していくことによって、そのトラブルの間隔は次第に長くなっていき、この3学期はほとんどといってもよいほど平穏な日々を過ごしています。
過ぎてみれば、そんなものかとも思えてくるほどです。


hikariが小さい頃はほんとによく本も読み、資料も取り寄せ、人の話も聞いて発達障害についての知識を増やしてきました。
いつの間にかそういうことに没頭する時間も減ってきて…でもそれは自然な流れで…目の前にいるhikariの姿をしっかりと見て、学校でも家庭でも何か彼が困っていたら助ける…そんなことが当たり前になってきました。
小学校高学年ではもうそういう支援の仕方に変わっていました。

そして中学に入りこの1年を振り返ると、やはり支援の方法はそこからの延長であり、とても苦しい時期はありましたが、基本的には何かマニュアルに頼るというよりも、hikariの姿をいつも見守り、今の彼にあった支援を彼に関わることのできる先生方との話し合いによってよりよい方向へ導く、という方法で過ごしてきました。

マニュアルよりも実践。
もうすぐ3月という今、そんな言葉がふと浮かびました。

...read more
スポンサーサイト

2009-02-25(Wed) 22:46| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。