カレンダー(月別)

12 ≪│2009/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

たとえ弱い心でも

今日こそは記事を書こうとこのページを開いては、じっと固まって指が動かないまま日にちがたってしまいました。





だからといって、日々何もないわけでもなく、小さなトラブル、泣きたくなること、しんどくなること…
いろいろあるんだと思います。

「ただいま」
とカバンをばさっと下ろしたとたんに頭をぐしゃぐしゃとかきむしりながらあちらの方向を向いて話し出す日だってあります。

そのたびに私は、できるだけその時の状況、誰がどうしたのか?など具体的に聞き出します。
そして、まるで裁判官のように客観的にその事実を分析してみます。
それから、hikariの気持ち、相手の気持ち、関係はないけど周りで見ていた人の気持なんかを具体的に言葉にしてみます。

もちろん、hikariの気持ちはその場であっているかどうかわかりますが、そのほかの人たちの心理は私の推測に過ぎないかもしれません。
間違っているかもしれない、ということです。
そのことももちろんhikariに断りを入れておきます(笑)

相手は相当怒っていただろうな、ずいぶんと気を悪くしただろうな。
そんなこともきちんと言います。
そのせいでhikariは「悪かったな…しまったことをした…」とかなり落ち込むこともあります。

いや、それは相手が100%悪いよ。hikariは悪くないって。
そう言ってもらってほっとしたりもします。

母としてはいつも味方してやり、いつも「大丈夫や」と励ましてやりたい気持ちはいっぱいありますが、hikariにはきちんと相手がどれほどhikariに対して嫌な思いをしたかということも、たとえ厳しい言葉を使っても言うようにしています。
hikariとしてもその言葉に、お母さんがちょっと怖い顔をして言うことに、ショックを受けるでしょうが、それでも、周りとうまくいかなかったその事実をちゃんと正面から受け止めて、相手の心を、自分の心を整理して考える癖がついてきていると思います。

周りとなかなか折り合いがつかなくてうまくいかないこと、なかなか自分の気持ちをわかってもらえないこと…ふと気付くとストレスの固まりになっていることもあるでしょう。

人の心はそんなに丈夫に作られているものではありません。
頑丈そうな人でも、いつも明るく笑っている人でも、どんなことがきっかけでもろく崩れてしまうかわかりません。
思春期に入ってきた子どもたちは親の気付かないうちにガラスの心を持つようになっているのかもしれません。
心はどうすればストレスに耐えていけるんだろう。
ストレスに耐える心って、作れるものなのでしょうか?

耐えなくていいのに。
自分の弱い心をきちんと受け止めてそれを話せる人がそばにいれば…
同じ事実が自分以外の人に降りかかってもその人はストレスを感じないこともあるのだから、その人の話を聞いてみるのもいい。
弱い心がいけないのではないんだよ、と言ってもらえたらまた違う自分になれるかもしれない。
心を強くすることだけが全ての人への答えではないと思います。






「お母さんに話すと安心する。」
そう言ってくれているうちはこんな母でも合格ですか?

スポンサーサイト

2009-01-30(Fri) 16:49| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

案ずるより。。

「朝、どうなるかと思って心配やったわ。。」

だそうです(笑)

案ずるより産むが易し。
昨夜の憂鬱も、くら~~い「行ってきます」も、さて、1日が始まってみれば
あの不安も、あの緊張も、あの怖さも…
全部がたいしたこともなく、今日はすんなり解決し、結構優しかった(笑)らしいです。

そんなわけで、今日はいつものhikariに戻っていました。(ホッ。。)




もう1月も半ばをすぎ、おそらく学校では来年度のクラス編成に入ろうかというところ。
例年なら来年度への申し送りなども含め、担任との懇談を持ちたいところなのですが…

今年はどうしたものか?
小学校の頃はhikariの学校での過ごし方に特に何も話し合うことがなくても、先生のほうから「(お会いするのは)いつにしましょう?」と連絡が来たものでした。

2学期もこちらから電話したことはあっても先生のほうから何か、なんてことはなく、もちろん3学期になってからもなんの音沙汰もなく。

中学校ってこんなもんなんでしょうか?
それとも…思いたくはないけど、書きたくもないけど、担任の器の違い、なんでしょうか??

いったいどう行動を起こせばよいのか、むしろ、何もしないほうがいいのか。。
考えても考えても…
めんどくさいとか、逃げているつもりはないんだけど、あの手ごたえのない先生と何を話せばいいんだろう。。
今度は私が憂鬱になってきます。。

そんなことを考えながらも、ふと目を上げると、そこには確実に成長していっているhikariがいる。
なんだかんだ、いろいろあるけど、どうにかこうにか、みんなと同じように毎日を送っている(はず)hikariがそこで笑っていたりするのです。


2009-01-15(Thu) 23:17| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

家が落ちつく

新学期が始まった最初の週はなかなか毎日ご機嫌で過ごしていたhikari。
ところが連休明けからなにやら表情に陰りが…

「ぼく。。やっぱり家の方が好きになってきた。」

来ました(笑)

好調だな~と思っていると、必ずこういうふうにドカンと落ち込む日がやってくるのです。

今日は特に学校へ行く前から「今日は嫌な"家庭"がある。。」と言っていたので、その予感が的中してしまったんでしょうね。


あのね、hikari。
学校より家が好きになってきた、というわけではなくて
家はいつも居心地のいいところなんだよ。

家にはいつものように冗談ばっかり言ってるけどここというときにはとっても優しい(笑)お母さんがいて、
いつものようにお母さんの作るおいしいご飯があって(笑)、
いつものように暖かい布団で眠れるし、
ゲームしたりテレビを見たり、楽しい事もたくさん。

それはいつも"楽しいレベル80"以上のことばかりで、
学校へ行けば、予想外のことも起こるし、自分だけが状況を支配する行動をしているわけではないし、
もともと苦手な事だって、しなくちゃいけない義務もある。

だから、調子のよいときは「なんて学校は楽しいところなんだ!」って思うけど、
そうじゃないときは、その状況をなかなか思い通りに変えることはできないから、
どうしても気持ちがイライラしたり落ち込んだりするもんなんだよ。

気にしない、気にしない。。
また、いいこともあるから。
"家庭"も、そのうち違う内容になるから。

ちなみにその"家庭"、何をしていたの?と聞くと…
なんと「ズボン作ってる」!!
え!?
すごいやん。
それはしんどいわ(笑)
パジャマ(のズボン)ぐらいのものだろうけどね。
まあ、もう少しがんばれ!
hikariはまじめやからね。
不器用なくせに、サボることもできないから。
苦手なことにまともに正面から体当たりしていくから(笑)
しんどいやろうけど、まあ、気にしない、気にしない。。



...read more

2009-01-14(Wed) 17:22| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 2

始動!

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

あっという間に年末年始を駆け抜けて、昨日から3学期も始まりました。
でもなぜだか、平常心。。
いつものような妙な緊張感もなくスタートしている私。
もう何日も前からhikariたちは学校へ行っているような錯覚があります。

とにもかくにも、元旦に近所の神社で引いたおみくじは"吉"!
去年は"大吉"でしたから、2年連続でなかなかいい感じ~のおみくじで、hikariはそそくさとお財布にしまっていました。

どうぞ今年もいいことがたくさんありますように。




冬休みの間は、大掃除に季節の行事…何かと子どもたちと話したり作業をすることが多く、かなり深くコミュニケーションが取れました。

学校ではあまりしゃべらない、というhikari。
友達との接し方にぎこちなさも感じられ、最近の心配の種でした。

でも家では1日中しゃべっているんですよ(笑)
しょうもない(つまらない)ことばかり言って、四六時中"突っ込み"を入れられては変な場面で真剣に怒り出したり、またぼけたおしたり。。
("ぼけたおす”ってわかります???)

「学校でも、これくらいしゃべりいや!
 今年はちょっとイメチェンやな!
 しょうもないことでもええから、怖がらんとしゃべってみたらいいねん。」

でも、それがなかなかできないらしい。


そして昨日から新学期。
なかなかのご機嫌で今日も帰宅しました。
いろいろ聞いていると、なかなか友達ともしゃべっているような感じ。
"イメチェン"を意識しているのかはともかくとして、気持ちも新たに、なんだかちらりと"自信"のようなものも見えかくれ。
いやはや。。
hikariの成長曲線は…
いえいえ!"曲線"ではないのです。
いつも思うことなのですが、彼の成長は"階段式"。
なんだか成長しないな~~という時期と、えっ??そんなこといつの間にわかるようになったん??という時期が不規則にやってくるんです。
かっくんかっくんと階段のような図を描くのです、彼の成長グラフは。

いいぞ!hikari!!




今年こそ…私も彼の成長をきちんと見極めて、手を引っ張り歩くことから横に並んで歩くことへ、そして今年こそそっと手を離して一歩後ろで見守っていけるように…
そうしていくことが彼のこれからにつながっていくのだと思うから。

でもね、忘れないで。
たとえ手を離したとしても振り返れば"いつもいっしょ ずっといっしょ"にいることを。





2009-01-08(Thu) 22:47| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。