カレンダー(月別)

10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

矛盾してるようですが…

私なりに行動を起こして、今hikariはそれなりの日々を送っていて…
その一連の記事(11/8《なんとなくのもやっと感から…》から11/11《全部の人を好きになる》)で言いたかったことは"特別な存在でなく"の記事に集約されているのですが、とにかく思いつくままに書いたので事実の流れがあちこちしていたり、また前の記事では"特別扱い"はこの子達にとって正しい支援になるのだと矛盾したことを書いていたりで…
なんだか読んでいただいた方にはすっきりしない思いをもたれたのではないかと、申し訳ない気持ちでいます。




前の記事で最後に書かせていただきました。

彼らにとって"特別扱い"は否定されるべきものではない、と思っています。
その"特別扱い"が保育園、小学校、中学校と形を変えていくことはあるとしても。


書きたかったことをここで具体的に書けるでしょうか…(不安。。)





今、hikariは中学生。
長男なので私にとって中学生の親をするのは初めてのことです。

今までhikariを"特別な存在"として学校に、担任に、そして周囲の子どもたちに受け入れてほしいという思いで育て、親として支援してきました。
心の底では今も持ち続けている思いではあるのですが、私は今ちょっと戸惑っているのだと思うのです。

"中学校って不思議なところ"
少し前に頂いたコメントにこんな言葉がありました。
まさにそれを感じています。

中学校というところがまだ私にははっきりと見えません。
でもだからといって怖いところ、という感じではないのです。

ただ…hikariはここでどう過ごしていくべきなのか…
今までのように、私に予め何かできることがあるんだろうか?
もっと何かをするべきではないんだろうか?
もしかして、大きなミスをしてやしないだろうか?
後で、「やっとけばよかったのに!」なんて思うようなミスを。

それとも、もしかしたらhikariはもう私の手から離れて自分で歩き出そうとしているのではないだろうか?
私がやるべきこと(してあげられること)をする時期はもう小学校までで終わってしまったんじゃないだろうか?

まだ先に続いている段々と広がっていく社会に踏み出していくために、この中学校3年年間というのは、そっと私の手から離れてみたり、かと思うと急に走って帰ってきたり、そんなことを繰り返しながら強くなっていく時期なのではないだろうか?

今ならいつだって私に助けを求めることができ、先生もまだこちらから頼ってゆけば歩み寄ってきてくれるのだから。

モラトリアム…
そんな言葉が浮かんできました。




近頃のhikariを見ていて思うのです。

1学期、帰宅してからのいつものパターンの行動ができず、ソファに寝そべってただ涙ぐんでいたhikariだったのに。
授業中にうるさいクラスメイトたちにただ自分の価値観でそれを評価できずイライラを募らせ見過ごせない思いに苦しんだり。
少しサボること、予定していたことが無理なときそれを変更する、そんなこともできなくはないけどできるまでに相当な時間を掛けて悩んでいたのに。


部活はオフシーズンになって楽になったのもあるけど。
初めてのことばかりだったのが定期テストや授業の進め方のパターンがつかめてきたのもあるけど。
小学校の頃とはすっかり変わってしまった友人たちの姿を"そういうものなんだ"と認められるまでに見慣れてはきたけど。
ちょっとサボっても、ちょっと机の上が散らかっていても、それがたいへんな結果につながるわけではない、ということがわかってきたのかもしれないけど…

でも、それぐらいのことなんだけど、hikariにとってはちゃんとした成長の証なんですよね。

2学期になって、2学期らしい姿になっているじゃない。
そんなふうに思えてきたんです。




中学生の親、初心者。
高機能自閉症と診断されている中学生の親、初心者。

初心者だもの。
戸惑ったって、あわてたって、必死になっちゃったっていいよね。

そして、時々こんなふうにふっと立ち止まって、冷静に自分を、hikariを見つめるように…

ブログの力を借りて。



スポンサーサイト

2008-11-16(Sun) 22:32| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

これまでの積み重ねが今を支える

少しばかり勇気を出して行動を起こした効果なのか、今hikariのまわりは平和なようです。
その子のお母さんと話したとき、少し気になることがありました。




Sくんはhikariのことを「なんかむかつく」と言うのですが、これは担任の先生からも聞いていたのでSくんのお母さんにもそれとなくそのとき聞いてみたのです。

言いながら、どこかで「そんなこと言ってないけど」って否定してほしい気持ちを抱きながら、だったのですが、彼女は苦笑いを浮かべて否定はしませんでした。

「ああ、やっぱり家でもそう言ってるんだなあ。」

自分にがっかりするな、と言い聞かせながら話を続けました。

Sくんの言い分はこうです。

「hikariくんは授業中でも先生の話に割って入って自分の知っていることをぺらぺらと話す。
 先生の間違いをズバズバと指摘して、自分の知識のあることを自慢する。
 普段はなんか付き合いにくくて鈍くて運動も苦手なくせに…」

6年生のとき、そんなふうにずっとうっとおしく思っていたらしいのです。

そして、先生もそんな(自慢げに揚げ足を取るような)hikariを非難するわけではなく、褒めていたことがどうもSくんには"ひいき"に映ったんでしょう。

なにかとhikariを特別扱いする先生。
hikariの近くにはいつもクラスのリーダー的な児童がいてまるでガードがついているよう…

勉強はできるし、声も大きくて、ちゃんと嫌なことは嫌と主張できてけんかだってしているhikariなのに、いざとなると先生が出て来てなぜか自分たちを悪者にする…
Sくんはhikariのことをそんなふうに見ていたんですね、きっと。

Sくんのお母さんも、我が子がそう思ってもしょうがない…って思っていたんじゃないかな~

hikariとは全くタイプの違う(おそらく)高機能自閉症の子が同じ学年にいるのですが、

「Sはその子にはものすごく優しい気持ちで見ててんで。あいつは、声も小さくって嫌って言えへんねん、って。」




でも私は小学校の頃に先生たちがhikariにしてくれていた支援や理解が一部の児童たちには"特別扱い"だと映っていたとしても、もしそれがなかったら今のhikariはないと思っています。

学校では先生が、家に帰ればお母さんが…困ったときには必ず誰かが助けてくれるという思い。
たとえ融通のきかないつまらないヤツだと言われても、ルールを守って間違ったことをしないという正義感。
自分の感じ方と周囲の感覚の違いに傷つくことがあっても、違ったっていい、自分のことを大切に思う気持ち。
…まだまだあるけど…
そういう小さいときから積み重ねてきた思いというのは、やっぱり"支援してくれる誰か"が居続けることがなければ成り立ってこないと思うのです。

いま、そのひずみが多少現れてきているのかもしれませんが、いつかは歩んで行かなくてはならない茨の道…
hikariにとって私たちよりも厳しく感じる世の中で生きていくために必要な強い心を、小さい頃から、そして、"学校"という親や先生の目の届く小さな社会の中にいるうちにしっかりと身につけていってほしいと思います。

そしてそのためには、彼らにとって"特別扱い"は否定されるべきものではない、と思っています。
その"特別扱い"が保育園、小学校、中学校と形を変えていくことはあるとしても。


2008-11-15(Sat) 21:45| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

全部の人を好きになる

『夢をかなえるゾウ』…いわずと知れたベストセラーが夜中にドラマ化されているのをご存知でしょうか?

公式サイトはこちら

神様ことガネーシャの出す課題に単純なmachiは毎回妙に納得してしまうのです。

いつだったか…そう、きっと前記事までの出来事が起こる少し前…の課題にこんなのがありました。

【全部の人を好きになる。】




実は私、hikariとSくんとの関係に心を痛めることになるずっと前からSくんのお母さんとはごく普通に知り合いでした。
でも、苦手なタイプの人だったのです。

彼女は悪い人ではないのですが、いわゆる"天然"といわれるタイプで、害のない天然タイプなら特に何も思ったりしないのでしょうが、なんと言うか…彼女の場合はこちら側がぐさっと来ることをさらっと言いのけてしまう、というか…
とにかく…苦手、でした。。

そんな私の思い込みもあって彼女とは表面上はそれなりに付き合うことはあっても、深く話をしたりすることは避けてしまっていたのです。



で。
単純なmachiは…ココロが苦しかったのでしょう…
そのガネーシャの課題がすっと入ってきてしまいました。

「ううむ。。全部の人を好きになる…か。。
 好きになって…みようかな。」

そう思ってしまったら、動き出してしまう私(笑)
ずっとずっと前から共通の友人に聞いていた彼女のメルアド。
メール…してしまったのです。

「急やけど、今日、ちょっと話できひんやろうか?」

たまげただろうな~~(爆)

自分の子がhikariにしていたこと、そのことでhikariや私や家族は苦しんでいること、また授業中の態度など、彼女は先生から聞いてよく知っていたはずですから。
それに、一度だけ、チラッと彼女に直接「やめたってね。」言ったこともあったし。。



かなりびっくりしてたけど、でも、ちゃんと時間をとって家へよんでくれた彼女。
おろおろしていたのは私もいっしょで(笑)
何を話したかほとんど記憶に残ってないけど…残っているのは彼女が"意外としっかりしている"ということ☆
そして、リビングを見ただけだけど、いまだにSくんが保育園のときにお母さんにプレゼントしたんだろう"金メダル"なんかがなにげにぶら下がっていたり。

そして、また夜、彼女からメール。

「あれから学校へ電話した。」

担任に電話していろいろ聞いてくれたみたい。
先生は先生でかなりストレートに近況を伝えてくれたようで。

それから、かな?
hikariに付きまとうことも減り、hikariにまあまあ平和が戻ったようです。




ガネーシャの課題が実行できたのかどうかわかんないですが、彼女と"話す"きっかけになりました。
ずっとずっと、いつか直接話したい…そう思っていたのに、なかなかそれを実行できなかった。
何かを恐れてたんでしょうか?
苦手なタイプの人に疲れているココロにさらに追い討ちを受けたら…
そんなことを思っていたのかもしれません。

でも、話してみたら、子どもとの会話もたっぷりでいいお母さんしてるし。
こちらの言うこと、ちゃんと正面から聞いてくれるし。
先生の言うこともきちんと受け止めて、子どもと向き合ってくれてるみたいだし。


その後です。
学校公開日があったのは。
彼女を誘っていっしょに参観に行ったんです。

そして彼女の話では「学校には行かへんと思う」と言っていたSくんのお父さんも私たちとは違う教科の時間に見に行ってくれたようです。
次の日のまた違う授業にもお父さんは見に行ってくれたようです。

それが何を意味するのか、家でどんな会話がされたのかまでは私は知りませんが、Sくんのご両親はhikariとSくんの関係だけを見るのではなく、Sくんの学校での行動に視線を向けているのではないかなと感じました。
それでいいのではないかと思います。

Sくんがhikariのことを攻撃するのはhikariだからというよりもSくんの内面の問題であるような気がしています。
まあ、だからといってhikariを攻撃することを認めることは絶対にできないので、されている側としてはずっと"嫌だ"ということを訴えていくつもりですが、根本からの解決はやはりSくん本人の心の成長を待つことになるのでしょうか?
そんな気がしています。

だから…家族で子どもに向き合おうとしているのだとしたら…私が彼女を訪問したことがそれを強く思わせる(強く、と言うのは、全く子どもと向き合っていなかったご両親ではないと思うからです)きっかけになったのだとしたら…

ガネーシャの課題はhikariと私たち家族の抱える事態によい結果をもたらしてくれたのかもしれません。




2008-11-11(Tue) 00:33| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

特別な存在ではなく

きっかけは、もうそんなになくなってきたと思っていたhikariへの”からかい”が、実はまた頻繁になってきていたことからだったのですが、そこから視界を広げてクラスの問題として考えていろんな人を巻き込んで(汗)
クラスが抱えている問題に今のところ保護者は出てゆく段階ではない、というのが結論だったのですが、この何日間かで私の気持ちは確実に変わりました。

それは…



今まで、hikariを特別な生徒、特別な存在として先生に認めてもらい、そんな特別なhikariをクラスのみんなに"受け入れて"もらう、という、明確に言葉にはしないけど、私はそういう姿勢でhikariのことに関して学校へ取り組みを求めてきました。

中学生になって、何か小学校のときとは違うと感じていたのですが、それがわかってきた気がするのです。

"特別な存在"

小学校のときはむしろ「特別扱いしてください。」と明言していたこともあります。
そう言い切るほうがわかりやすく、こちらの求めている支援に結びつきやすかったからです。

でも、高学年に向かうにつれ、やはり特別扱いは周りの子どもたちの反応も敏感になってくるということもあり、意識的に先生もそういう対応を避けていくことになります。
実際、「できるだけみんなと同じように関わる。」ことでhikariを試したり、時には少し試練を与えたりしてその先にある中学校を意識した関わりに切り替えてきたはずでした。

そこには「中学校へ行けば、特別扱いはされない。」という暗黙の前提があったんです。

でも、私は心からその覚悟ができてはいなかった。
中学校へ行っても、今までと同じようにこちらから訴える支援をしてくれる、そう思い込んでいました。
それが当たり前だ、とさえ思い込んでいたのです。

だから…
中学校へ入って私が求めたものは今までと同じ「特別扱い」的なhikariへの支援でした。
そこがずれていたんです。

hikariのもつ発達障害はなおったわけでも無視していっていいわけでもないのですが、中学校の先生からはhikariは、他の生徒となんら変わったところがない。
ごくごく普通の、ちょっと個性的ではあっても、クラスを構成する一個人にうつっているんです。

それはもちろんクラスメイトからも。
彼の個性としては認める部分はあっても、決して先生から特別にかばってもらうような存在ではない。
むしろ先生がそんなふうにhikariのことを擁護しすぎたらhikariの立場が悪くなるかもしれないほどに、hikariはごく普通に集団の中の一個人として存在しているんです。

先生からいくら他の生徒と比べてもなんの違いも見つからない、目立たない、と言われても「いえいえ、そう見えるだけで、内側では苦しんで、努力しているんです。」と、その周囲に溶け込んでいること自体が成長なんだ、ということをなかなか私は認めることができずにいたんです。
それを認め、またそこから歩んでゆく道があることになかなか気付かずにいました。

そう、気付かないうちにhikariはまた一つ上のステップへと進んでいこうとしていたのです。
私もそれについていかなくてはならないのです。
今までと違う問題に出会うだろうけど、またそれにひとつひとつ向き合っていかなくてはならないのだ、と思います。




たまたまクラス委員だったのですが、そのおかげでクラス全体を見渡す視線の切り替えができました。
今まであまり持たなかった周囲との関わり方。

あ、こんなふうに一保護者でいていいんだ。
もう、hikariを特別にみてもらっている、とか、みんなとは違う保護者の立場でいなくてはならないわけではないんだ、とか、急に思っちゃったんです。

どこかしら引け目に思っていたのでしょうか?
みんなとは違う感じ方、みんなとは違う表現の仕方、みんなとは違う行動…
いつもみんなとは違うと前置きをしてhikariのことを話し、そして"受け入れて"もらうことを求めていた。
その"受け入れて"もらうことに対して何かしら引け目のようなものをずっと感じていたような気がするのです。

今は…もしかしたら…"受け入れて"もらうという位置ではなく、hikariはみんなと同じスタートラインにたって中学校生活を始めていたんじゃないかな、って。

何かしら苦痛を感じたり、迷ったり、悩んだりすることはあっても、みんなも同じように悩み苦しみ迷っているのだろうし、家に帰ってお母さんに話すことは違っても、お母さんから返ってくる救いの言葉は違っても、そうやって次から次に起こってくる出来事をやり過ごしている、その繰り返しは、hkariだって、みんなだって、なんら変わりないんじゃないかな。

だから…もう、何も引け目に感じたり、自分たちだけが特別とは思わなくてもいいのかな、って…

そう思うと、なんだか気持ちが軽くなってきたんです。
小5の妹のママ友達との気軽な立ち位置のように、hikariのママ友とも、一歩引かずに同じ位置で話ができる、その気楽さを持ってもいいのかな、って。

ふっと肩の力が抜けた気がしました。

今回のこと、きちんと向き合って行ってよかった、って思います。
少々優しい友人を巻き込んで疲れさせてしまったことは反省していますが。。


2008-11-10(Mon) 20:38| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

これは個人の問題ではなく…

もしかして、これはhikari個人の問題ではなく、もっと大きなことになってないのか?

木を見て森を見ず、じゃないけど、私はhikariのことばかり見てきて、hikariとSくんを中心とした彼らとの関係ばかりを見てきたけど、クラス全体はどうなっているんだろう?
先生は子どもたちとどれほどに"よい関係"を作れているんだろう?
そんなことがふつふつと心にわきあがってきました。

1学期話し合いをしたときの学年主任の言葉がまたよみがえってきました。

「全体のレベルを上げること。」

個々の事案の解決は全体のレベルを上げることで自然とうまくいくようになる。
理想的なこと、ではあるけど、まさにめざすところはそれだ、と思っていただけに今のこの状態はいったいどうなの?
またまたmachiは使い慣れた(笑)ネットワークで動き出したのです。


私は地元出身ではないし、それにあまり習い事や子供の付き合いにこまめに出向くタイプではなく、またそんな時間の余裕もないので何かことがあったときに情報をもらう人は限られているんです。
でも、そんな不安なときに私の気持ちを聞いてくれる友人は信頼できる人たちばかりで、その数はきっと少ない方だと思うけど、友人にはとても恵まれていると思っています。

彼女たちにhikariのことを話しているうちに、ふと、これはクラスの問題なんじゃないかな、って気がしてきたんです。
そうなると、私は図らずもクラス委員で…

いろいろな人からの情報を集約してゆくと、他のクラスと比べると団結力も盛り上がりもなく、授業中にその内容と関係のない私語が多く、立ち歩く生徒も何人かいて、女子なんかは「トイレ」とか言って複数で出て行ってしばらく帰ってこないとか…

クラスが乱れている?

先生に聞きました。
返ってきた返事に愕然としました。

「確かに授業中はうるさいですが、クラスが乱れているとは思っていません。」

この温度差は何?
それとも、何かとてつもなく自信がある?

もう一人のクラス委員さんと話し合った結果、たまたま自由に参観ができる年に一度の学校公開日が近いということで、日時をあわせて数人で授業を見に行くことにしました。




うまく担任の授業に何人かの都合を合わせられました。

確かに私語が多い。
先生の指示がすっと入らない。
おまけに先生の指示を無視する子もいる。
椅子に斜めに座る子が多い。
すぐに後ろを向いて友達の机(?)に落書きをしたり話しかける。


隣のクラスなどと見比べると、もうはっきりとその"幼さ"が見て取れました。
服装の乱れもちらほら…
やはりどうもhikariのクラスは少々問題を抱えていそうです。

でも。
それは本当に"幼い"印象で、先生の言葉の通り本当の"乱れ"ではない、ということも感じました。
先生が言うのはそこらへんなんだと思います。

参観していた何人かと少し話しましたが、やはりみんな口をそろえて

「直ちに何か保護者が動かなくてはならないような"乱れ"ではない感じがする。
 本当に"幼い"という印象。」

保護者が見ていても平気で教室から出て行ったり、廊下でうろうろしていたりするようなそんな"乱れ"ではなく、ただただ幼い…
まるで小学校の延長をまだやってるという感じなのです。

もう少し様子を見て。
成長を待とう。
先生の指導の下でぶつかり合いながら、子どもらが自分たちで気付いて、自分たちで何か行動を起こしていけるのがいちばんいい。
まずは先生と子どもたちの間で関係を深めていくこと。
今はまだ、保護者が前へ出て行く必要はないのではないか?

でも、いつも見ているよ、という私たちの目は大切で、決して、中学生なんだから自分たちで勝手にしなさい、というのではない。
私は、それは伝えていかなくてはならないと思う。

"あなたたちを私たちは見ているよ"

それで何かの抑止力になるのか、と問われれば明確な返事はできないけど、でも、私はそういう視線は大切だと思うのです。
いいことをしていても、悪いことをしていても、優しいまなざしもつりあがった顔も…
私たち親は今も同じ場所に立って、あなたたちと一緒に歩いているんだ、という視線が。

もちろん、それだけでは弱いかもしれないけど、そういう思いで親が見守ることで、子どもに起こる変化にすぐ気付くことができるし、よいことはいっしょに喜び、悪いことはすぐに強く禁止することができる。
中学生になったんだから、とついつい子どもから放れようという気持ちはとてもよくわかるし大切なのかもしれないけど、まだまだ教えていかなくてはならないことはたくさんあると思うのです。


2008-11-09(Sun) 21:58| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

なんとなくのもやっと感から…

また更新が遠のいていました。

書きたいな、と思う出来事は日々絶えず起こるのですが、感謝しなくてはならないのか、どうも日常が忙しすぎてPCにゆっくりと向かう時間がとれずにいました。
さて、書こうとすると指が動いてくれず…
とりとめのない文章になることをお許しください。

とはいっても、誰かのために書き残す、というようなおおそれたものではなく、私のブログはあくまで自分のための覚書。
それを偶然目に留めてくださった方が何か感じていただけたら、それはそれでとても嬉しくて。
それだけのものなのですが。




hikariは楽しいと思うことも、ちょっと辛い出来事も毎日起こるのだ、という学校生活に慣れてきたのか、家では特に何の変化もなく落ちついた日々を送っていました。
前記事でも書いたように、それなりに…と思っていたのですが。。

何がきっかけだったかは詳しく書きませんが、ちょっとした出来事があり、そのことを先生に尋ねました。
返ってきた返事はいつもどおり。

「そんなことは教室のあちこちで起こっている。」
「hikariくんだけに特別にしていることではない。」
「hikariくんも、うまくかわせるようになってきた。」

そんな言葉でした。

「弱い立場の者につけこんでそれを攻撃することは"いじめ"です。」

と私が言おうものなら、

「hikariくんは、決して弱くありません。
 言い返している場面もあるし、場合によってはhikariくんのほうに注意をしなくてはならない行動も見られます。」

どういう意味なのか??

hikariにだって責はある、というのか?
なかなかその書き言葉の理解に苦しんでしまいました。

で、電話をして直接聞くも、体調不良を前面に押し出した切り返しでなんだか腑に落ちないやり取り…


近づいていた文化祭の様子を聞いても

「こんな歌わへん1年生ははじめて!
 音楽の先生もさじを投げた、って言ってますわ(笑)」

冗談じゃない。
冗談なんだろうが、そんなこと言うだろうか??

いったいクラスの中はどうなっているのか?
先生と子どもたちの関係はどうなっているのか?

授業中に立ち歩く子がいたり、音楽の時間はつまらないからと床に寝そべっている子がいたり…
hikariから聞くことも、また他の同じクラスの子どもから聞くこともどれをとっても、心配を通り越してだんだん虚しくなってくる。

しまいには

「○組(hikariのクラス)は終わってる。」

とまで言われる始末。

黙ってはいられない。
machiは動き出してしまいました。

続く…


2008-11-08(Sat) 11:50| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 2

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。