カレンダー(月別)

09 ≪│2008/10│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

いっそのこと…

昨日小学校の参観日でした。
hikariにしつこく"からかい"を仕掛けてくるSくんのお母さんとばったり出会ってしまいました。

別によそよそしくする関係でもないので、私のほうから声を掛けてしばらく立ち話。

Sくんの母:「最近、hikariくん、なんか言ってはらへん?」
("からかい"がイヤ、とかSくんが何か仕掛けてくるとかない?という意味)

私:「そやな~別にないで。何にもしてきはらへん、て言ってるわ。」

「そうかあ~~…Sにな、『もうhikariくんにはそんなことしたり、言ったりせんとき!!』って、結構何回もきつく言ってん。」

(ふむふむ。。。)

「ほしたらな、『わかったわ!もうhikariには何にもしゃべらへんし、かまわへんわ!』ってキレよんねん~~」


まあ、いっそのことその方が気が楽なのかもしれない。
一般的にはそんなふうにされるのはなんだか寂しいし心苦しいものかもしれないけど、hikariにすれば相手に自分のことを理解してもらってhikariに対する態度を改めてもらうことが無理なら、いっそのこと関わってもらわない方が手っ取り早くて楽になれるような気がする。





今日は心待ちにしていた校外学習でした。
クラスの枠を越えた班別の体験学習というのがあるんですが、その班分けで第1希望通りだとそのSくんたちと同じ班だったらしい。

先生の配慮があって(もちろんhikariにも同意を求めてくださったが)第2希望に移してもらったそうです。
私が何か言う前に先手を打った配慮だったのか、かなりhikariの環境には注意してくださっているのか…
ここのところ先生との連絡帳の出番もないので詳しいことはわからないのですが、細かい配慮に気遣いつつ、hikariはhikariなりに毎日を楽しんでいる…これでいいのかな??
いいん、だろう。

...read more
スポンサーサイト

2008-10-16(Thu) 17:58| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

めざせノーベル賞!?

ノーベル賞の発表があり、史上初の日本人3人同時受賞というのが報道されていました。

全く親バカな話ですが、hikariは数学が得意です。
彼の特質を考えても、将来は研究者や学者になる道が向いているのではないかと思うときがあります。
かのエジソン、アインシュタインもアスペルガーだった?なんていう話もよく聞きます。

さて。思ったこと。
hikariの口癖は

「だぁって~~(語尾を上げて)」

その「だぁって~」の後には彼なりの独自の考え方が続くことが多いです。
で、ふと思いました。
その「だぁって~~」を、

「なんで??」

に変えたら?
相手の言うことが納得いかないなら、その納得いかない部分を追求してみる。
考えてみる。
自分との折り合いを見つけようと考える。
そういうふうに考えてみたらどうなるでしょう?




例えば、hikariは風船の”パン☆”と割れる音が大きらいなので風船が基本的に嫌いです。

「だぁって~~パン☆がうるさいし、怖いんやもん。」

パン☆の音が怖くてうるさい
→割れるときに音がするのはなぜ?
→それを無くすことができれば風船は怖くない


じゃ、割れるときにパンと音のしない風船(のようなもの)を発明したら??(笑)
例えば、ですよ~
こんなふうに考えていくと、なんにでも物事には理論が、法則があってそれを突き詰めて理解していけば怖いものなんてなくなってくるのでは?
わからないから怖いのでは?

そんなふうな好奇心が生まれてきやしないかな~
未来は偉大な科学者

…なんて。
日本人3人同時受賞という偉業に刺激されて、つかの間の妄想をしてしまいました(爆)


...read more

2008-10-08(Wed) 21:07| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 0

連鎖はないけど。

1学期…そう、6月はいろいろ辛いことがありました。

今は”からかいの連鎖”も、子どもたちの笑顔が浮かばなくなるような出来事もありません。
でも、相変わらずあのSくんはいろいろhikariの嫌がることをやめてはくれません。




彼はふざけているだけなのでしょう。
彼が他の友達にふざけてしていること(されていること)をおなじようにhikariにも仕掛けているだけなのかもしれません。
でも、hikariにとっては、とっても不快なこと。

先週の金曜日、

「きょうは1学期のときと同じくらい嫌なことがあった。」

と、帰るなりドキッとすることを言いだしました。

落ちついて、落ちついて…
自分に言い聞かせる私(汗)

なんだか「PK!」と言って、ズボンを下げに来る遊びがあるそうです。
わけがわかりませんが。。

もちろんhikariは「嫌や!せーへん(しない)!」と拒否しますが、しつこく仕掛けてきたそうで、先生にも報告したし、相手にもしないようにしたと言っていました。

《1学期と同じくらい嫌なこと》

またあのときのように、今日のこのからかいが続くんじゃないか、そんな不安がhikariにもあったんでしょうか?
イライラしている様子はなかったのですが、不安そうに目線が落ちつきません。

「ふざけてやるだけなんやって。Sくんは、みんなにするのと同じようにhikariにもからかってきてやるだけやって。」

何人もがhikariによってたかって仕掛けてくるわけでもなさそうで、けがをさせられそうな感じでもなく、ただ、『やめて』と言ってもやめてくれない、声がうるさい、という感じです。

「もしほんとに”いじめ”てきはったり…つまり、けがをさせられそうになったりとか、ほんとにズボンを下げられて笑いものにされたりとか、物を壊されたりとか、そういうふうになってきたら、お母さんも黙ってない。
でも、今のところは、遊びのつもりでしてはるんやと思うで。
けど、それがhikariにとって嫌なこと、辛い、と思うことなら拒否すればいい。

でも…お母さん思うけど、それはhikariの受け取り方であって(hikariの受け取り方が悪いと言っているんじゃない)そのSくん自身に”変われ”とまでは言えないと思うねん。
そんなふうにふざけるのも、授業中にうるさいのも、それがSくん自身の姿なんやから。
注意するのは学校での指導者である先生や、Sくんを育ててはるSくんのお父さんお母さんやと思うねん。
だから、されて嫌なことは拒否したらいいけど、Sくんに「○○になって」ということはお母さんは言えないねん。」



そんなような話をして。

「うん。わかった。」

嫌なことは嫌、とそれはそれでいい。
でも相手に「変われ」ということはとても難しい。
世の中、そういうものなんじゃないかな、そういうことが言いたかったんだけど、hikariはわかってくれたかな。。
しんどいだろうけど、辛いだろうけど、hikariという子がそういう子だ、っていうこと、すこしでもSくんに伝わるといいな、と思う。




...read more

2008-10-07(Tue) 00:08| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

あかんやん、お母さん

hikariは、自分の興味のあることやとても嬉しく思っていることを何度も繰り返し話してしまいます。

たとえば、今夢中になっているゲームのこと、テストの点がよかったこと、楽しみにしている雑誌の発売が明日であること…

小さい頃は、そんな行動が彼の特性に由来するものであることをわかっていたから、面倒くさがらずに同じ話題に同じようにリアクションして「そう、よかったね。」「ふ~ん、そうなんや~」とくりかえし相づちをうっていました。

でも、いつのころからだろう。。

「もう、さっき聞いたやん!」
「何回もおんなじこと言わんといて!」
(関西弁はきつく聞こえますが、決して怒っていません・笑)

なかなかこちらの方も辛抱して同じ話を何度も繰り返し聞くことができなくなってきました。

悪く言えば、イライラしてしまうほどに。

なぜなんだろう?


...read more

2008-10-06(Mon) 21:51| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。