カレンダー(月別)

08 ≪│2008/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

夢を持ち続ける

我が家は今年の夏、オリンピックで盛り上がりました。
今までになく、です。
なぜ?

hikariはスポーツが苦手で、観戦することにもあまり興味がありませんでした。
頭で思うこと、誰かに指示されることがうまく体で表現できません。
(その点では事実今も部活で苦労しています。)
また、道具(ボール、バット、ラケットなど…)をうまく操ることも苦手です。
体力もそこそこあるし、体を動かして遊ぶことがきらいなわけでもありません。
(鬼ごっこやおっかけっこなどは好きでした。)

そして、複雑なルールを覚えることも、その複雑さを楽しむことにも興味はありません。
だから、自分が出来なくても、野球やバレーを見ることは好き(私は結構そちらの方)というわけにもいかないのです。
なので今まで、オリンピックにはさほど興味がありませんでした。

でも今年は自ら録画してまでワクワクしてみていました。
もちろん、水泳です。

そして本も読みました。

北島康介夢、はじまる北島康介夢、はじまる
(2008/07)
折山 淑美

商品詳細を見る



読書は苦手、なhikariですが、朝のちょっとした時間にすいすいと読みきりました。
何を感じたかな?

夢を持ち続ける。
努力は裏切らない。

簡単なことではないけど、いつもそうあってほしいです。


...read more
スポンサーサイト

2008-09-25(Thu) 15:04| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 0

心が痛い

最初の報道でその子が”特別支援学級”とあったのにすぐにその表現が消えたことが気になっていました。
まだ容疑者がわからない段階で周囲の人の話からイメージするその子はいわゆる”障害児”ではないことも気になっていました。
腕白で手を焼いていた、とか、元気のいい子ども、という表現も気になっていました。

そして、母親が逮捕されました。
さっきあるニュースサイトを見ると”軽度の発達障害”と書かれていました。


やっぱり、という思いに胸がぎゅ~っとなりました。
なんとも言葉に書けない、やりきれない思いに胸が痛みました。

朝テレビを見ていて速報が入り、そのニュースが流れたとき、生放送のコメンテーターの方が何を言うのか、とても怖かった。
「なんていう母親だろう。」
そんな言葉を聞きたくなかった。

でも、その方が言ったこと
「子どもを産み、今まで育ててきたお母さんがわが子を手に掛ける…
そこにはいろんな思いがある。単純なことではない。
そこのところを考えなくては。…」
まず話されたのがそんなような内容だったと思う。

ほっとしました。
と、同時にお母さんの気持ちを思うとまた胸が…

このニュースを聞いたどれだけの人がそのお母さんの思いに寄り添えるだろう。

ほんとうに悲しい事件です。


...read more

2008-09-22(Mon) 22:28| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

誕生日と新記録

先日、hikariの誕生日でした。

P1220298a.jpg

この日はくしくも秋の総体。
前日まで落ち着きがなくなんとなくイライラしがちだったhikari。
彼なりに緊張していたんですね。。

「秋の総体、hikariの誕生日なんですよ~」
「そうらしいですね。じゃ、新記録で自ら華を添えて、夜はドンちゃん騒ぎでも(笑)」

夏休み前、顧問の先生と話していたことを思い出します。

で、ほんとにしんどかった夏の部活を乗り越え、迎えた秋の決戦(大げさな。。)
hikari、やってくれました!

P1220303a.jpg



...read more

2008-09-05(Fri) 15:23| しあわせのひとコマ| トラックバック 0| コメント 4

新学期が始まった!

新学期が始まりました。
今年の夏休みはほんとに短く感じました。
中学生になって初めての長期休暇。
でもいつもとは違って忙しすぎる毎日から開放される"ほど良い"42日間(数字が?)でした。




いつもなら、"長期休暇"という、ゆるい、あいまいな枠組みに毎日が続くことはとても苦手でした。
いわゆる"自由な時間"の使い方に悩みました。
"自由な"はずの時間がなぜかhikariにとっては苦痛でがんじがらめになってしまうのです。

"自由な時間"にすることを紙に書き出して「どれをしようか?」と悩む姿もありました。
でも、そこに書くことは限られています。

「ゲームをする」「マンガを読む」「図書館へ行く」「お手伝いをする」「テレビを見る」…

ゲームは1日1時間まで、テレビもだらだら見ていてはいけない、マンガばっかり読んでいると怒られる…
消去法でいくと夕方ごろにはすることがなくなってしまう。
それが嫌でイライラしだすのです。

ルールはきちんと守ろうとする(ゲームは1日1時間)、自由=楽しい…イメージに固執する("楽しくないこと"をしたくない~お手伝いは…ちょっと…)…
hikariの納得する"自由な時間"にはいろいろと制限がついて回るのです。




この夏休みは前半は部活に明け暮れ、ピークがすぎたころに家族旅行で存分に遊び、お盆からはいとこと遊んだり家族や親戚との交流があり、そして終盤は軽めの部活と勉強…
hikariにとっては満足のいく、ほぼ思い描いたとおりの充実した夏休みだったことでしょう。

夏休み前半の泣きながら(ほんとに泣きながら。。)もがんばった部活は、本人も言っていましたが、思い返すと見えない自信につながったようです。
自分で言うのだから大したものです。

「あれはようがんばったなあ。。」

もしかしたら。。今まで感じたことのなかった一番の夏の思い出になったのかもしれません。

...read more

2008-09-02(Tue) 11:12| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。