カレンダー(月別)

06 ≪│2008/07│≫ 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

夏休みに入ります。

桜の花びらに祝福され入学したのがついこの間のことのようです。
真新しい制服に身を包み、ほっぺをほんのり赤らめていた彼らも今では真っ黒に日焼けしてたくましく見えます。

いろんなことがありました。
でも、それも必然…必要だったのことのように感じています。
そのおかげで気づいたこともたくさんあり、人と人とのつながりの大切さを改めて感じました。
たくさんの人に支えられて自分が、hikariはいるのだ、と心から感謝しています。

今日は終業式でした。
いろんなことがあったけど、こうして穏やかに笑顔で1学期を終えられたこと、ほんとに良かった。
夏休みに入ります。
hikariの部にとってはトップシーズンなので部活はかなり厳しいものになりそうです。
いつもなら、夏休みの過ごし方に、学習の計画に四苦八苦するところですが、部活を軸に勉強する時間、自由な時間がじゅうぶんにあること…hikariにとってはとても嬉しいことのようです。
(自由な時間にホッとする…何年か前のhikariには考えられない心理です・笑)

私も…夏休みに入らせていただこうと思います。
なんちゃって、いつも不定期の長期休暇を頂いているようなブログですが。
夏は暑いに決まっていますが、年々太陽光線の威力はパワーアップしているような気がします。
どうぞご自愛頂きます様お祈りします。
もしも2学期まで静かにしているようなら、machiは楽しく夏休みを過ごしているものとお察しくださいね。
では、ごきげんよう。。

スポンサーサイト

2008-07-18(Fri) 21:22| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 8

便りがないのは…

便りがないのは良い便り…とはよく言ったもので、あれからhikariを取り巻く空気は悪化することはなく、日々それなりに時間が流れています。

なんやかんやと細かいことはきっとなくなっていはいないでしょうが、hikariの家での様子を見ていると…
自分のペースでやるべきことをこなして、冗談なんかも言いながら明るく笑って、イライラした様子もなく"普通に"過ごしています。
昨日は少し気持ちがオーバーヒートしそうになったのか、部活を休んでしまいましたが。
そんな"息抜き"を自分に許してあげられるというのもhikariにとっては成長の証です。





あれから、STの先生を交えての懇談が実現しました。
しかし、あえて先生はきつく医療側の意見を並べることは避けられました。
まずは"相談できる雰囲気作り"ということを前提に話をされたのですね。
確かに私たちの側としてはなんとも押しの弱い懇談ではありました。
でも、それも考えのうち、という気がしていたので、それでよかったと思っています。
なんと予定していなかったのに、主治医の先生も同席してくださいました。
”hikariくんのことは、私たちが小さい頃からよく知っていますよ"
そんな暗黙の訴えみたいなものを感じ、心強かったです。
この病院を選んでほんとによかったと…心から改めて信頼できます。

これから、節目節目できっとまた何か"こと"が起こってくるでしょう。
でも、そこにぶち当たったときに私は何をするべきか、何ができるのか、今回のことで心の準備というか…自信に近いようなものを得ることができました。

日に日に真っ黒に日焼けしていくhikari。
笑う顔に白い歯がまぶしかったりして(笑)
何があっても…きっと守ってあげるから、任せとき!


2008-07-07(Mon) 22:26| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 6

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。