カレンダー(月別)

04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

同じじゃないから、発達障害なんだよ

最近ある方の記事を読んでコメントをと思ったのですが、
とても長くなりそうなので記事にしました。




hikariのような、知的な遅れがなく、問題行動も目立たないタイプの子は学校のような決まった枠組みがあるところではほとんどみんなとの"違い"に気付いてもらえないことも多いです。
低学年の頃だと、周りの子もざわざわとしていたり、落ち着きが足りなかったり、何かとトラブルも発生するでしょうから、
そんな中にいて、彼ら特有の問題が起こったとしても

『みんなそうですから。』

のひと言で片付けられかねない。


その言葉の次に続くのはどんなことなのか?

みんなそうなんだから、我慢しようね。
みんなそうなんだから、そのうちできるようになりますよ。
みんなそうなんだから、だいじょうぶですよ。



違うんです。
みんなと同じではないのです。
根っこが…どうしてそうなったのか、が違うんです。
だから、トラブルが、問題が起こったとき、次にどうするか?
続く行動はおのずと違ってくるのです。

なのに、みんなそうだから、とみんなと同じ指導をされても、
みんなと同じように叱られても、
彼らにはなんの言葉も気持ちも届かないのです。





1日の大半を過ごす学校、保育園…
先生に全てをゆだねるしかない母にとって、
思いがきちんと伝わらないことほどもどかしいことはありません。

『みんなそうなんだから、だいじょうぶですよ。』

場合によれば、とてもおおらかで包み込んでくれる言葉掛けにもなりそうなひと言ですが、
何かしら先生に対して"伝わっていないな"と思っている母にとっては
これほど不安になる言葉はありません。




hikariが小学校4年生のときの担任の先生が5年の担任となる先生に引き継ぐとき、こうおっしゃったそうです。

「hikariくんはたぶん5年になっても勉強もちゃんとできるやろうし、生活面でも問題ないと思う。
でも、(hikariくんの)お母さんに絶対『だいじょうぶですよ。』って言ったらあかんで。
信用してもらえへんで。」



お2人とも、hikariにとってそれぞれに大切な出会いであり、
それぞれに充実した1年間でした。
今でも心から感謝しています。







...read more
スポンサーサイト

2008-05-28(Wed) 14:13| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 6

思いもよらず…

前の記事では思いもよらずたくさんの方に温かいコメントをいただき、
また励ましの言葉をいただき、とてもうれしかったです。

ブログというものについても、コメント、ということについても
実はいろいろと思うことがあって
今はなかなか勇気を出して…出さなくてはコメントを入れられない私ですので
みなさんの記事は時間のあるとき読ませていただいているつもりですが
伺うだけでコメントを残せずにすみません。

こんな私なのに、おぼえていてくださって、来てくださって
そしてちょっと弱っている気持ちの記事にどっとコメントを入れてくださる。。
とても嬉しかったのです。

今日はそんな気持ちをお伝えしたかっただけの投稿です
コメントくださった方も、そして、コメントはなくてもいつも見守ってくださる方も
本当にありがとうございます。

記事を書くことで、みなさんと繋がっていられる…
今、そのことをとても嬉しく思います。

...read more

2008-05-20(Tue) 21:22| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 8

がんばれ、って言えなくなるとき

毎日帰ってくるのは6:30。
もうくたくた。
重いカバンを部屋へ持って上がる元気も無く、
制服のまま無表情で新聞をひろげテレビ欄に見入るhikari。

がんばれ、
っていう言葉を掛けるのがかわいそうなくらいに
毎日ほんとにくったくた。

室内プールだけど、少しずつ日焼けした顔は
たったひと月で少し引き締まって見える。
白くぼてんとしていた足首も
日焼けしてずいぶん細くなったね。

土曜も日曜も、
ずっと部活。
お弁当を持ってまるまる1日という日もあれば、
今日は大きな水筒を持って出かけて
半日のはずが1時半になってやっと帰ってきた。

おなかも空くだろうし、
帰ってからの限られた時間の使い方に
きっと泣けてくるだろうに。

おいしいご飯と温かい布団、
お日さまの匂いのするパジャマとすっきり片付いた部屋。
お母さんにできることは、やっぱりそれくらいだね。

涙ぐみながらソファーに寝転がるhikariを見てると、
「がんばって」って言えなくなっちゃった。

でもそんな中学生らしいhikariがここにいることが
お母さんはやっぱり嬉しい。

みんなとおんなじことができる、
みんなといっしょにできる、
それをどれだけ望んできたか。

お母さんたちに想像できないような
辛い思いを抱えながらも
一日一日をこなしていく。
気がついたら朝になり、また忙しく疲れる1日が始まり、
布団にもぐる夜になる。

そんな日々の積み重ねが、きっと
hikariを強くしてくれる。

いっしょに、がんばろう。


2008-05-18(Sun) 16:04| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 16

中学校というところ

ずいぶんとご無沙汰しています。

GWが終わらないと落ちつかず、そしてGWが終わって1週間たってやっと自分のペースを取り戻しつつあるmachiです。





と、大人がバタバタとしている間も、子どもたちは学校へ行き、日々の生活があり、また、いいことばかりでなく泣けてきそうな出来事もある毎日を送っています。

hikariは水泳部に入り、不安とちょっとした期待と共に中学校生活をスタートしたのですが、
いやいや…
ただでさえ母はいっぱいいっぱいの連休中に、まずメガネを無くす事件があり(すぐに見つかりましたが。)、先生から今着ている水着でなく、競泳用の水着を買うように言われ、お弁当持ちで、練習時間が丸1日(8時から5時)なんていうhikariの想像を超えたハードな日もあり…
母もいっしょに泣けてきそうでした(笑)

そのひとつひとつを解決していくしかない、連休が終わってから。

で、連休が終わり、まず、水着。
でもまず動いたのは連休中。
メガネ紛失のこともあったので(しつこいようですが、すぐに見つかりました)顧問の先生に息せき切って電話をし(いっぱいいっぱいのmachiは酸欠になりそうでした)、hikariは水着のカタログを持って帰ってきました。
しかも、体育会系の先生らしく決して上手とはいえないかわいらしい字(ごめんなさい。)がびっしりと並んだA4の用紙の解説付きで。
意外にも細やかな心配りが…違う意味で泣けてきそうでした。

それをよく読ませていただき、カタログもhikariといっしょに見て、ちょっとネットで調べて、
そしてスポーツ店へ買いに行き、
その足で顧問の先生にカタログ返却がてら出会いに行きました。
(考える時間を自分に与えず、ともかく行動、のmachi)

見た目は強面のまさに体育会系。
でも…お話しすると、意外にやさし~~
静かに、ゆっくりとこちらの言うことに返事をしてくださる。
たぶん、お若い。
でもなんとなく、
「あ。任せられる。」
そんなふうに思いました。

ほっ。。
ひとつ大きな肩の荷が下りた気分でした。





中学校って、どんだけ怖いところなんだろう。
正直、心のどこかでそう思っていました。

それはhikariの不安というよりは、私自身の不安であったのです。

中学校へ足を向けたこと。
部活の顧問の先生と話ができたこと。
それだけで、私の心はす~っと軽くなりました。

その次の日、クラスの役員に当たってしまった私は(たぶん行かなくてもよかった)役員の懇親会に出席しました。
酒の席。
隣は…校長先生(汗)

「中学校って、どんだけ怖いところかと思っていましたよ。。」
「え☆??」
真顔で驚く校長先生(笑)

お酒が入るほどに口も軽やかになり、そして、遠い存在だった上の学年の役員さんとも楽しくお話ができ、自分がどこの誰かを知っていただき…

そんなことで、またまた心がす~っとさらに軽くなった私。

何かあったら…学校が何とかしてくれる。
きっと…大丈夫。

不思議にそんな気持ちになってきました。




2008-05-14(Wed) 17:16| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。