カレンダー(月別)

01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

明日から3月

明日から3月。
今日からだんだんと暖かくなるようですね。

今年は私の住む地域では例年にない積雪があり、
子どもたちも最初は喜んでいたものの、
毎日凍るような朝の通学、がんばっていました。

窓を通る日差しは春を思わせ、卒業が近づいてきたことをじわじわと感じます。

卒業
その言葉に敏感に反応するmachiです。

P1200839-add.jpg


6年間、一度も休むことなく続けてきた通信講座から
先日"卒業証書"が送られてきました。

自分で依頼した原稿だったのに
ついそうだったことを忘れて涙ぐんでしまいました。

卒業おめでとう。
あなたらしさを大切に
これからも輝いてね!

お父さん お母さん より



もうすぐ、ほんとに卒業するんだね。
よかったね。



...read more
スポンサーサイト

2008-02-29(Fri) 10:07| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

お父さんのお父さんの…

前記事で、親戚や親子の関係などの呼び名がわかりにくい、と書きましたが、
歴史の好きなhikari。
歴史の勉強にも、政権争いや天皇の皇位継承など家系をわかっていないとおもしろくないこと、ありますよね。

「徳川家康の孫は誰?」
「…徳川家光。…!あっ!そうか!家康の子どもは秀忠で、家康は秀忠の…
 な~んや!わかった!」

わかったんかい(笑)

こういう設定は理解できるのですね。
たぶん、秀忠が家康のことを「お父さん」と呼んだり、家光が家康のことを「おじいさん」と呼んだり、秀忠が家康のことを「お父さん」と呼んだり、あるいは場面によっては「おじいさん」と呼んだり…
そんな光景を目にすることはない。

家康には"徳川初代将軍"、家光には"徳川3代将軍"なんていう名札がぶら下がっていて、
hikariはそのつながりを図式的に頭に入れているから間違うことはないのでしょう。

でもそのあと…

「じゃ、おまえ(hikari)のお父さんのお父さんは誰?」
「…… お ばあ さん ??」

んぎゃ。。
????わからん????


まあ、いいっか☆

...read more

2008-02-28(Thu) 10:18| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

トゥモロー イズ アナザ デイ

お久しぶりです。
いつもがんばってるhikariの姿とはちょっと違って、今日はちょっとダメダメ(?)hikariを書いてみます。




卒業が近づいてきています。
毎日何かとあわただしいけど、でも、いつもと変わらない毎日です。

先生との連絡ノートが10日ほどあいたりしました。
それだけ、hikariは安定して日々を過ごしているのです。

と思ったとたんに、こういう日もあるのです。

昨日は珍しく、ちょっと泣きそうな顔で帰ってきました。

「今日は…まあ…普通やわ。
 …うん。普通やったわ…」

今日はいい日だった。
今日はこんな出来事があった。
今日は取り立てて変わったことはなかった。

hikariは毎日学校から帰ってくる道すがら、きっとその日1日を振りかえって自分なりの点数をつけているのでしょう。

「今日は…普通…やった。」

そう言いながらも目はうるうる。。
ちょっと何か優しい言葉でもかけようものなら涙があふれてしまいそうです。

「お母さんひとりやし、言うわ。」

周りには誰もおらず、私ひとりがPCに向かっていたからでしょう。
重そうな口を開いて、その日が"普通"で片付けられなかった理由を話してくれました。

グループ学習で自分の調べてきた資料を使ってもらえなかったこと。
友達と見に行く映画で、意見が合わなかったこと。


それぞれに心の整理の仕方をアドバイスして、彼なりに納得(?)したのか、
少しだけ表情が変わってやっと勉強部屋へと階段を上がっていきました。




夕食を食べていたとき、何がきっかけか"叔父"とか"叔母"とかの親戚の呼び名の話になりました。

hikariは、こういう概念はとてもわかりにくいのです。

『お父さんのお父さんは?』

うちは義父母と同居しています。
すぐに自然と思い浮かぶはずなのに…

お父さんのお父さんは…おじいさん。

これが、パッと出てきません。
即答できないのです。
何度聞いても。

なんで~?

でも、そうなのですからしょうがない(笑)

「お父さんのお姉さんはhikariから言うと何?」

正解は、叔母。

これまた即答はできません。




これは昨日が初めてなのではなくて、以前「え??わからんのかいな☆」とびっくり仰天したpapaが、
家系図を書いてhikariにこってりと説明したことがあるのです。

しかも、その家系図、しばらくhikariの机の横にしっかり貼ってありました(笑)

暗記することでもないのです。
誰もが自然にわかることが、わからないのです。

「じゃ、hikariのいとこの名前は?」

こりゃまた、違うことを聞かれていると思うのか、いとこ、という言い方は他の言葉にも置き換えられる。
それがつながらないのか?
親戚、という自然に理解していくような感覚はないようです。

「おじいさんの奥さんはお父さんの何?」

パニパニパニックです(笑)




寝る直前まで、どうしてこういうことを知っていないとダメなのか?
その年齢なら"知っていて当たり前"のことを知らないままではどうしていけないのか。
(あとでhikariは"ちょっと長い説教やった"といってましたが。。)
丁寧に話をしました。

hikariはだんだん

「何で僕は勉強はわかるのに、こんなことはわからへんのやろ?」
「お母さん、ごめんな…」

そんなふうにどんどん底なし沼に沈んでいきます(笑)
その日の学校でのうまくいかなかった出来事と重なって、
どんどん"その日"の点数は下がって行きます。

「ああ~~今日は最悪や。。」




『エジソンの母』でも言ってました。

「どうして?どうしてお父さんはいなくなったの?」(エジソン的な息子に閉口して出て行ってしまったんですね。)
「どうして?どうして僕たちは引越ししなくちゃいけないの?」

それに"エジソンの母"は答えます。

「どうして…それはお母さんにもわからないの。
 でも、わからなくても歩き出さなくちゃいけないこともあるの。
 わからなくても、一歩前へと歩き出せば明るい未来があるの。
 きっと楽しい事がい~~~っぱいあるの。」

そう、わからなくても、歩き出すことが大切なのですよね。
前へと歩き出せば、きっといいことがある。
今日とは違う明日があって、楽しい事がたくさんたくさんきっとある。

「うん。わかった!」
と笑顔で歩き出すエジソン息子。
ホロリ。。




あまりに凹んでしまったhikariに私が思わず言った言葉。

"Tomorrow is another day."
~明日は明日の風が吹く~

『風と共に去りぬ』の名セリフでしたでしょうか?

今日という日が最悪最低な日でも、明日になればきっと何かが変わる。
今日とは違う明日が必ずある。
だから、ほら前を向いて、歩き出そう。

そんな意味でしょうか?

hiakriはとても気に入ったらしく、何度も心でリフレインしていたようです。

「えっと。。何やったっけ??お母さん…
 ん?イズ ア…??
 トゥモロー イズ アナザ デイ…
 トゥモロー イズ アナザ デイ…
 明日は明日の風が吹く…」

そう、きっと、今日とは違う明日がある。
きっと楽しいことがいっぱいある。
だから歩いていこうよ。
いつもいっしょに。
ずっといっしょに!




...read more

2008-02-27(Wed) 21:36| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 0

みんなと一緒に6年間…それが一番

先日、最後の授業参観がありました。

hikariがみんなと一緒の部屋で、手を上げたり、意見を発表したり、ノートをとったり…
みんなと一緒に勉強していました。
考えてみれば、これが6年前、
hikariが小学校へ入学するとき、思い描いていた姿でした。




障害児学級でスタートしたhikariの小学校生活。
保育園の3年間で先生と一緒になってhikariの好きなことやきらいなこと、どこまで我慢できるのか、どんなことがパニックにつながるのか…
hikariの心に寄り添うように、どこで折り合えるのかを手探りで、そして何かしらつかんで駆け抜けた3年間でした。

就学でまずいちばんに決断を迫られるのは

"障害児学級か普通学級か?"

それは行政の壁でもあり、制限付きの制度という現実を見せられる、宿命みたいなものです。

なんだかんだ言っても、それは何かしらの決断をし、結論を出さなくてはなりません。

こちらのカテゴリーにそのときの気持ちを綴っています。
何か参考にしていただけると嬉しいです。




そう、まもなく進級、進学の季節ですね。
たくさんの新入生が桜色にほほを染めて、小さな手を引かれ幸せそうに入学式を迎えます。

でも…心からわが子のことを思い、日々考え、迷い、涙し、でもまた歩き出している…
そんなお父さん、お母さんもたくさんいらっしゃると思います。

何かのご縁でこの私の(ややペースダウンしていますが。。)ブログにたどり着いてくださった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな皆さんに…何かお役に立てるでしょうか?私?

…そうだと、とても嬉しく思います。

保育園のときの生育暦就学までの1年間理解と支援のために
各カテゴリーに分類しています。
そこで何かお役に立てればな、と思います。
もし具体的なご質問等があればどうそコメント欄をお使いくださいね。



...read more

2008-02-16(Sat) 15:11| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 6

中学入学説明会

先日、hikariの入学する予定の中学校で入学説明会がありました。

 おちつけ、おちつけ。。
 だいじょうぶ、だいじょうぶ。。
 楽しんで説明を聞こうじゃないの。。


気持ちのどこかでいつも感じるhikariの個性に対する”引け目”に引っかかりつつも、
いつものように特に変わった様子もなく出かけようとするhikariを横目に、
いちばん舞い上がってしまったのは…私、だったのかもしれません。




会場の中学校体育館前に到着すると。。
みんな、長ズボン
制服、は半ズボンなんですが、寒いからね。。
いつもの登校の格好でみんな来てる。

hikariは…ちょっと顔が引きつって
「みんなズボンはいてやるやん
と、着て行かなくていい、といった私をちょっとにらんでる。。

どうしよう。。
papaに電話して持ってきてもらおうか?

結局そうして、無事説明会が始まるまでにhikariも長ズボン姿になりました。

そこまでは、いい。

説明が始まりました。

生徒会の児童から学校生活やクラブの説明。

それも、まあ、いい。

提出書類、通学の服装などの説明は教務の先生から。

ここまでは、順調。

さて、最後に、校内を見学させてもらうことに。
生徒会の子どもたちの先導で3つほどのグループに分かれ、保護者もついて回るのです。

母親たちはそれぞれになんやかんやと話しながら歩く。

 ちゃんと見とかな。
 職員室はどこ?
 1年生の教室の感じは?
 ひとクラス何人くらい?
 クラブの雰囲気は?
 hikariには入れそうな部活はあるかな。。?


ドキドキする気持ちを抑えつつ、平静を装ってみんなと一緒に歩く。。




話し変わりますが、私って、人の顔と名前を覚えるのがほんとうに苦手で(泣)

これ、人見知り、って言うのかな??
(言わんわ。。)

久しぶりに会う人から声を掛けられると、ものすご~~く緊張するの
顔では

 ああ、○○さんね
 あの時、あんなことでいろいろお話もしたよね…


なんて思っているように装って、普段なら何とか話をあわせながら
徐々にその人との関わりを思い出していったりするんだけど、
その日は…入学説明会だもん…無理汗;

 頼むから、話しかけないでぇ~~
 ちゃんと見とかないとあかんこといっぱいあるんやから~
 集中できないよぉ。。


しかも、話されることは、ご自分の障害を持つお子さんが就職されたこと。
ADHDの子どもさんなんだけど、福祉施設を出て、地元企業に就業されたって。

 おめでとう、ちょっとひと段落で安心だね~

口ではそういってても、気持ちは上の空。。
ごめん…ちょっとのタイミングで、逃げちゃった

その自己嫌悪の気持ちが後を引きずって…
その後、誰と話すにもなんだかぎこちなくって、
自分ひとりが取り残されたような、寂しい感覚に陥って、
このまま家に帰っていいのか、
もう少し残って、誰かと納得するまでしゃべりたいのか、
そんなこともわからなくなってしまった。。

で、周りの流れに任せて、帰ることにしたのですが、
靴を履きかけていたとき、また話しかけられて。。

 「○○さん。。ですよね??
 覚えたはります??」


お願い。。名前言って…
わかんないよ。

 …違う、って…子どもの名前じゃなくて、あなたの名前…
 どこで知り合ったんだっけ??
 …それ聞いても思い出せないよぉ…


かくして、気持ちはどど~~んと落ち込んで家路に付いたmachiでした。





かえってから、きっと気持ちをわかってくれるMちゃんに即メール。
Mちゃんもその説明会に来てたんだけど、学区が違ってお互い手を振っただけで話せなかった。
助けて~~Mちゃん
(いつもこれだっ汗;

そして、その前から体調が悪かったのかこの日が引き金なのか
風邪を引いてしまいましたがっくり
でも、もう大丈夫!
ずびずび鼻声ですが、今日はpapaの誕生日
ショートケーキ、作ります♪


...read more

2008-02-07(Thu) 10:57| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 18

ひとつひとつ。。

気がつけば、ずいぶん更新できませんでした汗;

日々あれやこれやと仕事に追われ、もぐらたたきのように(笑)ひとつひとつ立ち向かっているうちに(そんな大げさな~~)あっという間に1日が、1週間が走り去っていきました。

その間、hikariは平和に毎日を暮らしていたかというと…
実は、むしろその逆で



卒業が。。ひたひたと近づいてきています。

3学期に入ってから、卒業文集、卒業制作、学習の総まとめ、あれやこれやと”最後の”行事…

期限付きのことも多く、そして”最後の”と意識するだけで、緊張感があふれ、楽しまなくては、という意識が強くなり~
hikariは毎日が緊張の連続

そして、何かと時間割の変更も多く、突発的な作業が割り込むこともしょっちゅうで、なかなか”予定通り”に進まなかったり、見通しの立てにくい日々が続いていました。

しんどかったみたいです。
毎日とっても疲れて帰ってきていました。

学校ではあまりそんなそぶりを見せないのですが(先生との連絡帳で家と学校での様子の違いに驚きました)、
家では…帰宅して私の顔を見るなりあふれ出す不安と疲労感と嘆きと…そして安堵感

気持ちに言葉がついていかず、口はへの字に曲がり、目は話し出す前から潤んでいます。

朝、学校に行く前も名残惜しそうに何度も『行ってきます』を繰り返し、不安そうに口をぎゅっと結んで私の顔を見つめて手を振っているhikari

「だいじょうぶやって~今日も無事1日が終わるよぉ~いってらっしゃ~~い!

ふざけて明るく送り出すように心がけるけど、バタンとドアが閉まったあとのなんとも言えない心のざわざわ



でもここ何日かは、少し事態も落ちついてきたようでした。
への字に口を結んで出かけることもなくなってきたし、妙に涙もろいことも少なくなってきた

ひとつひとつ片付いてきたのかな?

がんばれ!hikari!



...read more

2008-02-01(Fri) 22:00| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 6

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。