カレンダー(月別)

10 ≪│2007/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

結婚記念日

結婚記念日といっても、もちろん私とpapaの結婚記念日なのですが(笑)

先日、14回目の結婚記念日でした。
どうもこういう我が家のイベント企画はすべてpapa任せになっているところがあって…
(忙しいのに、いつも本当にありがとう
そして、そんな我が家の楽しいイベント好きは子ども達にも十分に浸透しているようで、
何日か前からhikariと2つ下の長女がなにやらこそこそと相談していました。

papaが用意してくれたのはケーキとなぜかベールの着いたカチューシャと蝶ネクタイ。

P1200238a.jpg


そして、メンデルスゾーンの”結婚行進曲”が流れる中、ケーキ入刀(爆)
”くものす”でにぎやかにおめでと~の大合唱
(hikari「クラッカーはいやや~」)
そして、hikariと長女がプレゼントを用意しておいてくれました。
思ってもいなかったので、papaも私も感激
それぞれのお小遣いの中から”300円”と決めて2人で近所の雑貨屋へこっそり買いに行ったようです。
そして、なぜかろうそくを立ててみんなで吹き消して(キャンドルサービス??)、ケーキを頂いて…
そんなささやかなパーティーがとても楽しかったのでしょう。
次の日学校で…



...read more
スポンサーサイト

2007-11-30(Fri) 21:28| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 0

時間割・マニュアル・攻略本

家庭の生活の延長のような保育園生活よりも、時間割の決まった学校生活が安定したように、何もないところから作り出す図工や感想文よりも通信講座で学ぶ作文講座がわかりやすいように、どんな展開が待ち受けているのかわくわくする冒険よりも攻略本片手に理想的な展開のゲーム進行が安心であるように…

私たちの生活の中にスケジュールやマニュアルというのは何気なく、そして当たり前のように存在し、それに頼ったり、便利に利用したりしています。
ガイドラインはそういったものに頼るものの、”臨機応変”に自分の置かれた状態に応じてマニュアルを読み換えてみたり、省略してみたり、また時には無視したりします。

高機能自閉症を持っているhikariがちょっと私たち(…表現に困りますが)と違うのは、スケジュールやマニュアルといったものが、特に文字にされていたり、常に目に入るところにある場合、そして、それがhikariにとってとても信頼の置けるもの(人の言葉)であったりする場合、変更したり無視したりすることに想像以上の苦痛を伴います。
(いわゆる根っこには”こだわり”という特性があるのかと思います。)
そして、そういう”試練”は大抵の場合間が悪く、精神的にストレスを感じているときや自分の行動を否定されたとき、また「こうしてくれるだろう」と期待していた行動と違う反応をされたときにやってきます。
そして、それに伴って、自身の感情や行動を”変更”しなくてはならないので、とんでもなく混乱してしまうのです。

hikariはよく自主学習など、自分から工夫してやる宿題をやり終えたとき(かなりの自信を持って。。)私に見せに来ます。
その気持ちをわかっているだけに、勿論「すごいな~」「よくできてるやん」と褒めるのですが、時に、どうしても見過ごせないミスを発見してしまうことがあります。
「上手やねんけど、ここ、もうちょっと~してみたら?」とできるだけ気持ちを傷つけないように話すのですが、私の言葉が言い終わらないうちからもう口はへの字

そして混乱が始まってしまいます。
安定した状態の時には特に気にならないこと(例えば、何回も文字を消すことで紙が薄汚くなること)が突然ものすごく気になりだしたり、「…すればよかった」と、自分の効率の悪い行動を責める言葉が出てきます。
そして、自分はマニュアルどおりにやったのにと、納得がいきません。
先日は作文で、
「通信講座の”作文講座”に書いてあった通りに書いたのに
「でも、この場合は、ここにちょっとhikariの思いを書いたほうが文章がうまくつながっていくと思うよ。」
「だってこの段落には”気持ち”は書かへんねんもん!”気持ち”はまとめ(の段落)で書く、って(作文講座のテキストに)書いてあった!」
と、決して引きません。。
あちゃちゃちゃ…マズイです
そんなときは…

...read more

2007-11-29(Thu) 18:12| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 0

初舞台

昨日、あるイベントホールの杮落とし公演でhikariが"初舞台"を踏みました!

手作りの衣装で。


私の緊張をよそに、たくさんのお客さんの前で落ちついた出番でした。

IMGP1162a.jpg


IMGP1186a.jpg


なかなか経験できないことに挑戦して、とてもよい思い出になりました。
宿題の"自主学習"にこのことを書くそうです



2007-11-18(Sun) 14:01| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

"運"が後押し!

昨日、うれしい言葉をもらいました。

hikariの担任の先生との連絡ノートで、
「hikariくんには"運"が向いてきているような気さえします。」
とあったのです。
(ちょっと笑える表現でもありますが

体育の授業も、家庭も、図工も…
苦手意識を持ちながらも、時々躓いてくじけそうになりながらも、先生にヒントをもらったり、褒め言葉に励まされたり…こつこつとひとつひとつの課題をまじめにこなしていくうちに、だんだんと"運"が向いてきた気さえする、と。

今週の体育の時間はサッカーでした。
サッカーはもちろん苦手なhikari
日曜日からちょっぴりブルー(笑)

運命の月曜日(んな・笑)
hikariがサッカーが苦手なことは、クラスの子はもちろん知っているのですが、それでも、ちゃんとボールをまわしてくれるのです。
その日は、無事、ボールが顔に当たることもなく無難に終了。
そして、"今回の奇跡"は火曜日の体育の時間に起こったのです(笑)
そう、前には"こんな奇跡"もありました。

何も考えず(!?)hikariにパスされたボール。
hikariはとにかく味方に転がすことしか考えてなかったと思います。
何も考えず蹴ったボールが、hikariいわく、「敵の間をすり抜けて行った」らしく、そのパスを受けた子が打ったシュートが、見事決まったのです
ナイスアシスト!!(笑)

こんな小さなハッピーが、"苦手意識のあることも、やればできる、やってみれば楽しい"というhikariの気持ちを支えていっているのだと思います。







...read more

2007-11-15(Thu) 20:51| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 0

ブログを書く、ということ。

私がブログを始めてからもうすぐ2年になります。
でも、最初はこの"いつもいっしょ~"ではなく、違うテーマで、違う場所で、マニュアル本を片手にはじめたのでした。

最初は料理日記のようなものでした。
それから、いろんな出会いがあり、記事やコメントでの交流があり、一時はブログ中毒になりそうなときもありました。

ありのままの自分の心を映し出すことができる、なんていう勘違いをしていたのか、思い上がっていたのか。
あることをきっかけに、私はブログが怖くなりました。
そして…わかってもらおう、信じてもらおう、仲良くしたい、分かり合いたい…
そんな気持ちを持ち続けることに疲れてしまいました。
いくら綺麗な言葉を、優しい言葉を並べてもむなしい…
そんな枯れた気持ちにもなりました。
なのに…どうしてここを…ブログをやめることができないのだろう。

hikariの子育ては、また、学校生活を支えてきた思いは、きれいごとばかりではありませんでした。
孤独感に締め付けられそうになったことも、"普通の子ども"に嫉妬したことも、ずっと涙ばかりが出てどうしようもない夜だってありました。
今現在でも、気持ちはフォローしてやりたい、と思っていても、理由のわからない、自分とは感じ方の違うhikariの言動にイライラすることはしょっちゅうです。
迷いながら、目をそらしながら、ちっとも一生懸命でない自分がいます。

ブログに書く、って、どういうことなんでしょう?
自分のため?
hikariのため?
それとも、他の誰かのため?

何が何なのかよくわからないから…弱みを見せない、ただ淡々とつづるブログでいよう、と思っていました。
悩みがあるなら、ブログに書いて誰かに答えをもらうのではなく、まずpapaに相談するべきなんじゃないか??
そんなふうにも思ったりします。
でも、ブログに書きたい自分もいます。
決して、顔の見えない誰かにすべてを打ち明け、相談する、という気持ちではないのです。
はぁ~~やっぱりよくわかんないよ。。

答えなんてないのですが、なんとなく書きたくなりました。


2007-11-11(Sun) 15:59| このブログについて| トラックバック 0| コメント 6

杞憂

hikariは、よく日曜日の夜、不安定になります。
月曜日の朝、その"もやもや"はピークになります。
なぜ??
「忘れ物してないかなぁ?」
「今日の体育のサッカー、ボール当たらへんかな?」
「給食のパンの袋、誰かがパンッ☆ってしいひんかな?」
「この前拾ったどんぐり、工作する前に虫に食われへんかなあ。。」

あれもこれも、考えれば考えるほど不安になってきます。

中国の故事に『杞憂』という言葉があります。
高校の漢文の時間に習ったかな?
有名な故事ですね。

杞憂』とは『列子』の『天端篇』に「かれこれ取り越し苦労をする」とか「いわれのない心配をすること」のたとえにされている。

忘れ物?
何回も連絡帳見直してたやん。
サッカー?
スポ少でも、試合でもないんやから、楽しくやってればいいねん。
給食の袋がパン☆?
先生がさりげなく「行儀悪いから禁止!」って言ってくれはったやん。
どんぐり?
1週間やそこらでどんぐり食べつくしてしまうような虫が拾ったどんぐりに入ってるわけないやん(笑)

だいじょうぶ!だいじょうぶ!
と言ってみても、モヤット顔がスッキリとはいきません(笑)
でも、きっと、平気な顔して帰ってくるはず。
「朝言ってたこと?何やったっけ?」
そんなふうが、いつもの事。
杞憂』なんです。



...read more

2007-11-06(Tue) 20:40| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 2

なわとび

発達障害のあるhikariには、努力して、努力して何かをつかみ取る感動、というものを素直に味わえないようなところがあります。
♪おもい~こんだら~試練の道を~♪なんていうふうに、巨人の星をつかみ取る、なんていうことがらに挑戦しようなんていう気持ちはさらさらありません(笑)

小学校中学年(3年生)以降、けっこうな数の男子が、サッカーか野球といった、スポーツに興味を持ち、スポーツ少年団いわゆる"スポ少"なるものに入団します。
もちろん、hikariは入る気にはなりませんでした。
今でも球技は苦手です。

休み時間も、放課後も、どうしても運動量が減ってきました。
そこでpapaが考えました。
"なわとび"
去年、5年生の頃から、毎日するなわとびは習慣になっています。
でも、hikariはなわとびが小さいころから得意であったのかというと、全くその逆でした。

保育園の頃は全くしたがりませんでした。
保育園のときに園で購入したなわとびはまっさらのままです(笑)
発達障害があるhikariにとって"縄をまわしながら跳ぶ"といういくつかの感覚を同時に使う運動はとても苦手でした。
三輪車でさえ、ちゃんとこげるようになったのは保育園に入る直前くらいでした。

なわとびができるようになったのは3年生の頃でした。





hikariが3年生の頃、周りの子は前跳びだけでなく、あや跳びや二重跳びができるようになっていくのに、hikariは前跳び10回が精一杯でした。
でも、個人の目標を持って取り組むなわとびなので、先生も無理はさせなかったのでしょう。
hikariはhikariなりにがんばっていました。

ある日の自習時間のことだったと思います。
クラスの子みんながそれぞれに"自主勉強"をしていたようです。
算数のドリルをする子。
漢字の練習をする子。
それぞれの課題をして、先生に見てもらう、という時間でした。
hikariはなぜだか、なわとびを見てもらうことになったのだそうです。
きっと誰かが見てもらっていたのでしょう。
なわとびの"進級カード"なんかがあったのでしょう。

「い~ち、に~い…」
ざわつく教室で、やっぱりうまくいかない、引っかかりながら、先生の横で飛んでいたhikari。
でも、近くで見守っていた友達が1人、2人、と「い~ち、に~い」と一緒に数えだしたのだそうです。
「い~ち、に~い…じゅういち!じゅうに!…」
最初、10回が必死だったhikariが、10を超えて数が進むにつれ、一緒に数えていた子が2人、3人と増え…
20近くになったときには、その声は大きく合唱され、hikariは顔を赤くし、ゆるめだったズボンがずり落ちても(笑)がんばってがんばって…
そして、20回が跳べたとき、力尽きてしまったのだそうですが、クラスからは大きな拍手をもらい、先生もジ~ンとしてしまったそうです。
このお話を後から先生から直接聞かせてもらったのですが…
何度思い出しても、目の奥があつ~くなってしまいます。。

そんなhikariだったのに、今は毎日"前跳び200回・あやとび100回・二重跳び30回"を必ず跳びます。
すごいな~~
私、いまだに二重跳びを連続して跳べませんから(笑)



2007-11-05(Mon) 17:57| hikari3年生のころ| トラックバック 0| コメント 0

恐ろしい実験!?

音や匂い、味などの感覚過敏は良くあることです。
それが発達障害を持っていなくても、苦手な音や匂いは誰もが持っています。
ところが…hikariの場合、一度苦手だ、と思ってしまった感覚に対しては過激なほどの恐怖感を持ってしまうようです。

もともと風船の割れる音が大嫌いで、風船を見るだけで、顔が引きつり、耳を押さえて「どこか(遠くに)やって!!」と懇願します。
もしかしたら割れるかもしれない。
割れたら、ボッカ~~ン(そんな大きい音ではない、んですが。。)と恐ろしい破裂音がする。
そんな"思い込み"に近い恐怖感が常にhikariの頭の中を支配しています。

我が家では、誰かの誕生日や何かの記念日にはくす玉を割って(お手製☆)クラッカーやくもの巣で派手に騒ぐのが恒例行事になっています。
そのクラッカーが、hikariにとってはかなりの苦痛です。
以前はそれほどでもなかったのですが、ある日の"大騒ぎ"で、その恐怖感はもうどうにもならないほど激しくhikariの脳に焼き付いてしまったようです。
とは言っても、そのときに特別激しいクラッカーをぶちかました(笑)わけでもなく。。

前置きが長くなってしまいましたが、とにかく"パンッ”と言うような破裂音に異常なまでに過敏になってしまいました。
それは、給食時に袋入りのパンを誰かがちょっとしたいたずら心で"ポンッ”と破裂させて開けることも怖くて耳をふさぎ震えだします。
見かねた担任の先生が
「行儀が悪いから」
ということで、hikariという個人の思いには触れずに"ポンッ"行為を禁止してくれました。
ある日、たこ焼きを食べていたとき、ペットボトルのコーラを開けようとしたら…
耳をふさぎ、顔をこわばらせているhikariが(笑)
"プシュッ"この音もダメみたいです。

先日、帰宅するなり顔をこわばらせて、「お母さんどうしよう~~。。」
聞くと、明日、ある実験をするそうです。
紙コップを持ってくるように言われたようです。
紙コップに何か液体を入れて、そこにレモン汁(?)を入れると、"ボンッ☆"って、爆発する(かもしれない)実験なんだそうです。
爆発はせんやろ。。
そう思うのですが、とにかく"音がする"ということが怖くてしょうがない。
「お母さん、耳栓持って行く。。」
とは言うものの、それでも落ちつきなく怖がっているhikari。
「耳ふさいで、遠くにいればいいやん。先生にはノートに書といてあげるから。」
「でも~~実験を近くで見たいもん。。」
理科の実験は大好きなhikari。
その気持ちと、大きな音に対する恐怖感とで、心は大きくバランスを崩しているようです。

とにかく、耳栓を持って、ドキドキしながら、次の日学校に出かけました。
さて…結果は??


...read more

2007-11-02(Fri) 08:01| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。