カレンダー(月別)

07 ≪│2007/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

歴史中毒!?

夏休み、主な話し相手は母である私。
学校へ行っているときなら、半分くらいは先生とクラスメイトが請け負ってくれていたものが、休み中は母が頼りです。

6年生になって習い始めた日本の歴史にとても興味を持っているhikari。
当然、質問攻めです

"徳川家康は何歳まで生きた?"
"時代で一番短いのは大正?"
"伊藤博文は中国で暗殺された?"
"昭和の不景気って何?"
"僕でも戦争に行かなあかんの?"
"戦後の貧しい食事ってどんなん?"
"参議院と衆議院の違いは?"
…まだまだ続く

原爆記念日の前後、そして終戦記念日…
テレビで忘れてはならない戦争という悲劇を取り上げた番組を見るたび、
hikariは私やpapaに質問攻めです。
"はだしのゲン"も、”ぞうのはなこ”も、ゆっくり見てられません

確かに、興味を持って、知りたい、という気持ちは大歓迎。
"戦争"を知ることで、毎年何かしら感じ取って、記憶に積み重ねてゆくことも大切。

ひ~ひ~言ってないで、私自身、自分の国の歴史や、政治の仕組みをしっかり説明できなくてはいけませんね。


...read more
スポンサーサイト

2007-08-17(Fri) 15:05| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

無言の会話

またまたご無沙汰していました。

前記事の水泳の記録会の直後、とても悲しい出来事があり、心がとてつもなく疲れていました。
楽しみにしていた家族旅行も2度延期。。
果たして、夏休み中にいけるかどうか??

でも、泣き疲れた心でいても、同じように夜は更け朝が来る…
1日1日、心は元に戻ってきました。
papaにも笑顔が戻り、前よりもっと会話が増えたような気がします。
ブログ、また書いてゆこうと思います。





今日の記事のタイトル…"無言の会話"
実は、これです。

筆談、です。


そう、筆談です。
ピンクの文字がSTの先生、ブルーの文字がhikariです。

先生の感想としては、「予想していたよりも話題が広がった。」
hikariの感想、「最初はちょっと書きにくかったけど、慣れてきたら、話がどんどん進んでおもしろかった。」

hikariと普通に会話するよりも、とてもスムーズに会話が進んでいるように見えたことが、私にとってはちょっとした発見と驚きでした。
質問が文字にしてあることで、何を答えればいいか、よけいな情報が入らない(表情や、声の抑揚)からか、その質問に対する的確な返事が端的に書かれていることがとても印象に残りました。
普段の会話では、「例えば…」や「(今までの話に)関係ないことやけど…」とか「お母さんには興味がないかも知れんけど…」といった長い前口上がついてきます(笑)

また、No.20の返答のように「前に自然クラブで…」といった言い方で十分相手には伝わるのに、実際の会話では「先月の○日くらいに××川の上流に行ったときの自然クラブで…」といったより詳しい情報を付け加えたりもして、会話のポイントが見えにくくなって、かえって相手にこちらの思いが伝わりにくくなる、と言うこともよくあるのです。
1度話すことで、全てを相手にわかってもらわなくてもよい、会話をするうちに、こちらの伝えたいことがより詳しく情報として提供して行ければいい、と言うことがなかなかhikariにはわかりにくいようです。

また、先生が気をつけられたのは、「よいこと」しか書かない、ということです。
視覚的な理解が得意である一方で、視覚的に残るものに縛られてしまう、という怖さも併せ持っています。
マイナスイメージになること、命令・禁止の内容は書かないこと…
ソーシャルストーリーの手法に通じるものがあるのだな、と思いました。





...read more

2007-08-13(Mon) 14:48| hikariの高機能自閉症| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。