カレンダー(月別)

06 ≪│2007/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

小学校最後の夏休み

気がついてみたら、恐ろしく更新していませんでした

学校は夏休みに入っています。
夏休み入ってすぐは、水泳教室だ、町内水泳記録会だと、結局今週はずっと学校へ行っていました。

いつものことですが、夏休みのような長期の休みに入る前は、hikariは何かしら不安定になります。

規則正しい学校生活の枠から解き放たれた、自由な時間が広がる40日間。
今年はどこへ遊びに行こうか。
友達ともいっぱい遊べる。
家族でプールも行きたいな。
だれしも、夏休み、わくわくした気持ちで迎えますよね。
けど…hikariは違うのでした。
何も予定がない、時間割がない、見通しの立ちにくい長い休暇はとても辛いものでした。
予定表の空欄を埋めようと、毎年必死で何かを書き込みました。

今年は小学校生活最後の夏休み。
思い返すと、去年はできなかったこと、去年は苦しんだことが、毎年少しずつできるようになってきました。
そして今年の夏は…
自分で課題を整理し、表さえ作ってやったら、自分で学習計画も立てました。
その予定表に空白の欄があっても気にしない。
急な予定の変更や、外出にもおろおろしない。
ずいぶんと成長しました。
自分でも
「ぼく、あわてへんで。落ち着いてるで。」
と、自分の弱点をよく知り、それにうまく状況を合わせられるようになってきました。
完璧、ではありませんが、本当によくがんばってるな、って思います。

小学校最後の夏休み…hikariのことを安心して見ていられる、初めての夏かもしれません。


...read more
スポンサーサイト

2007-07-27(Fri) 15:14| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

先生との関係~つづき~

それまでずっとお母さんといっしょに、家族と一緒に、大人と一緒に過ごしてきた子どもが初めて小さな社会に一歩踏み出すのが、保育園(幼稚園)という世界です。

どの親にとっても子どもはかわいいもの。
少しぐらいみんなと一緒に遊べなくても、
少しぐらいみんなと一緒に歌を歌うのが嫌いでも、
少しぐらいみんなと一緒にお話が聞けなくても…
家庭で見るわが子の姿はよその子となんら変わりないと思い、そしてごく普通に成長していることを喜ぶのは当たり前のことです。

そう…でも、家庭での姿と、保育園での姿というのは、どこか違うのです。
集団の中での子の社会性が他の子供たちとどこか違っても、家庭での子の様子にとらわれていると、なかなか気付きにくいのではないでしょうか?



hikariは長男です。
うちは田舎で、みんなから「男の子が生まれた」ともてはやされ、私としてもそう若くで産んだ子ではないので、かわいくて仕方ありませんでした。
生まれるまでも、生まれてからも、育児書や『たまひよ』なんていう雑誌を読みあさり、理想的な子育て、理想的な子の育ちを心にえがいていました。

母乳で育て、お座りした、ハイハイした、つかまり立ちした、"まんま"って言った…
ひとつひとつの成長を記録し、喜び、しぐさや笑顔の全てが愛しくて仕方ありませんでした。



保育園で集団生活をするうち、発達障害を抱える子の姿は保育士の目から見て明らかに"何かが違う"とうつります。
それをどのように保護者に伝えるか。
保護者と先生との間に確かな信頼関係がなければ…
先生の子どもの育ちのための言葉も、保護者にとっては
「困った子だ」
「わがままだ」
と言われているようで、先生との関係は悪化し、最悪、保護者と先生はなんの接点も持てず、子どもについての情報の共有さえもできなくなります。

私の場合…先生との確かな信頼関係ができていたかどうかはわかりませんが、心構えとして、何か当たり前のこととして、
「先生のおっしゃることは、きちんと聞かなくては」
「子どもの姿を客観的に見なくては」
という思いがあったことは確かです。

今よく言われる、"モンスターペアレンツ"ほどではないにしろ、この何年間か、子どもの発達に関わることで、先生との関係がとてもぎこちなく、悪くなった例を何人も見ました。
その親たちの全てが悪い、とは思わないし、先生の中にも問題を抱える人がいることは否定しません。
でも、大切なわが子の発達について先生の声には冷静に耳を傾け、子どもを一歩下がったところから見守る姿勢というのはとても大切なのではないかと思います。

私たち親にとって先生との関係をうまく保ってゆくことは、1日の大半を保育園や学校で過ごす子どもにしてやれる、ひとつの大切な環境づくりとなるのではないかと思うのです。


...read more

2007-07-10(Tue) 21:20| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 14

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。