カレンダー(月別)

05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

先生との関係

最初に宣言しますが、今日の記事はつぶやきであり、主観であり、偏った考えかもであり、批判を受けるかも、の内容です。



先生保護者の関係って、どういうものであるべきなのでしょう?

理想的な先生ってどんな方なのでしょう?

どんな先生なら、子供を安心して任せられると思うのでしょう?

誰もから好かれる先生って、どんな先生なのでしょう?



まず、親である私ですが、自分のことに置き換えて思い出してみます。

幼稚園のころ…う~~む…記憶がありません(笑)

小学校のころ…

嫌いな先生、いましたね。

大好きな先生、いました。

記憶にしっかり残っています。

いい先生、と感じたことはあるだろうか…

親はどんなふうに思っていただろうか…

あまり記憶はありませんが、親が学校を批判したり、先生を攻撃したり、子供の前で、先生の悪口を言う、学校の行事に批判的…
そんな空気はあまりなかったように思います。



今、実は、保育園のクラス委員、というものを務めさせていただいています。
papaは、保育園小学校もいろんな役員を経験していますが、その影で私は1度もなくて、今回初めてのことです。

いろんなびっくりするような保護者の発言を耳にします。
「これが今の現実なんだな」
そう思うと共に、子どもが荒れる、学校が荒れる…
その根元は「親」にあるのではないかと思う今日この頃です。

平気で先生批判、保育園批判、学校批判をする親。
そのくせ、総会や、懇談会などには全く出席しない。
意見を述べるために設けられた場所を拒否するのに、言いたいことをあたりかまわず、場所もわきまえず言いたい放題…

何かが違うな。
どこかずれてる。
おかしいな。

親学…賛否両論でいろんな批判も出ましたが、でも、「親が学ばなくてはいけない」ことが山ほどある気がします。

書きたいことが整理できません。

少しずつ書いていこうと思います。

スポンサーサイト

2007-06-30(Sat) 23:53| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 8

hikariの登下校

小学校はもちろん、子供たちだけで登下校です。

うちは幸い比較的簡単な通学路で、入学前の春休み、何度か一緒に家から学校まで歩きましたが、そんなに複雑でもなく、一方通行の道で車もそんなに多くなく、危険そうな場所もない道です。

登校時は玄関口まで決まった6年生の児童が迎えに来てくれて一緒に行きます。
他に高学年の子もたくさんいるので、安心でした。

でも下校時は1年生だけの日がほとんど。
1年生だけで"下校班"というのも作られ、誰が誰の後ろに並ぶのか、順番まで決まっています。
hikariは、いつも優しい、大好きなDくんの後ろでした。
入学してしばらくは、各地域の担当の先生が新1年生のために、通学路を一緒に歩いてくださいます。
でも、1週間ほどでそれは終わり。
あとは1年生だけで帰ってきます。

1年生だけで帰る初日、風の強い日だったみたいです。
いきなりのハプニングがありました。
友達の帽子が飛ばされて、道沿いの川に落ちてしまったのです

危険な香りのする事件が発生です(笑)
子供たちは自分の帽子でもないのに、我先にと、帽子の行方を追います。
また間の悪いことに、雨で増水していて、川の流れが速く、帽子はどんどん流されていきました。
川のほうに降りて探す子。
先へ、先へと走っていって、とにかく先回りしようとする子。
もう列なんてあったもんでもなく、下校班もてんでばらばら

…hikariはどうしてたでしょう?
最初は、そのちょっとばかし楽しそうな雰囲気について行きそうになったようですが、
「川ジャンプできひん。」
と、自分の限界を感じて、みんなについていくのはやめて、ただニコニコしてみんなの事を見ていたようです。
でも、帰らなくては、と気付いて、"下校班"も"列"も"Dくん"もないけど、ひとり、てくてくと帰ってきました。

いつもより少し遅かったので、話を聞くと、↑というわけでした。

通学路から離れてかなり遠くまで行った子供もいたようで、次の日、学校では厳重注意があったようです。
hikariにも、
「寄り道したらあかんねんで。」
というと、
「寄り道って何?」

…(笑)
もちろん、「寄り道」の定義を教えましたが、hikariの辞書にはまだ「寄り道」は存在しないようでした。

決まった道(通学路)を、決まったペースで歩いて家に帰る。
それは、すんなりひとつの"ルール"としてhikariの中にはまり込んでいたようです。

6年間、一度も寄り道をしませんでしたよ(笑)


...read more

2007-06-24(Sun) 22:51| hikari 1年生のころ| トラックバック 0| コメント 4

hikari入学。いきなりの…

このカテゴリーには、hikariの小学校1年生のころのエピソードを書いていこうと思います。

***

障害児学級に入学したhikari。
就学までの1年間の私の祈りが通じたのか、受け入れ体制にも恵まれ、安心してスタートを切りました。

連絡帳花組(障害児学級)の担任になったC先生。
これから6年間続くことになる私と先生との"連絡帳"を用意してくださいました。
そう、"連絡帳"を提案してくださったのは先生の方からでした。


いきなりハプニングがありました。

新学期、全てのことが新しくスタートします。
入学式の次の日、"地区別児童会"という、1年生から6年生までが通学班別に集まって登校班や下校班、登下校の約束などを確認する集まりがありました。

通学で迎えに来てくれる6年生のお兄さんと一緒にその地区別児童会が行われる教室へと出かけたhikari。
行きはよかったのですが、その教室に入るなり、その様子は一変したそうです。

入ったことのない教室。
1年生から6年生までががやがやといるざわめき。
見知らぬ先生。
…あっという間に不安の坩堝(るつぼ)へと

「おなかすいた~~
と泣き出したそうです。
でもね、朝ごはんしっかり食べていったhikari。
泣かなくてはいけないほどおなかは空いていないはず
とにかく不安で、訳がわからなくなったのでしょうね。
助けを求める言葉が「おなかすいた」だったのでしょう。
こんなふうに、本当の要求ではない言葉で自分の不安や不快感を訴えることはよくありました。

このことについて、C先生は「hikariくんにとても申し訳ないことをした」と書き綴っておられます。

次の日、出掛ける前に私に「今日も(児童会が)あるの?」と何度も尋ねる姿がありました。
ない、ということと、その日の時間割を繰り返し伝えることで安心して学校へ出かけるhikari。
学校へ着くと、職員室へ「花組に行きたい。」と言いに行ったそうです。
その日は1日花組で過ごしたhikari。
家に帰ると、
「花組さん楽しい。僕は花組さんに行きたい。」
と上機嫌でした

hikariのペースで過ごせる学校生活。
改めて花組にしてよかった、と思えるいきなりのハプニングでした。



...read more

2007-06-20(Wed) 15:41| hikari 1年生のころ| トラックバック 0| コメント 2

これもこだわりなのか?

学校生活、このブログでは順調そうに見えるhikariですが、家では100%本音の、ふにゃふにゃ、ぐちゃぐちゃの毎日です(笑)

笑顔で帰ってくるのは週に何回あるかなぁ。
学校からの帰り道で、ある日は、今日の出来事を思い返し、無意識に点数をつけて、プラスマイナスして今日の点数を算出してるのでしょう。
またある日は、無難に過ぎた日、家に帰ってからすること…宿題やゲームの段取りを考えながら、自主学習のテーマを何にしようか悩みながら帰ってくるのでしょう。
「ただいま~」と私の顔を見るそのときの感情が…たいていは眉間にしわを寄せた不幸そうな顔をしています

ああ~また今日もか…
どうでもいいようなことで悩むhikari。
でも、彼にとってはとても大切なこと。
気持ちを酌んで理解して助けてあげよう、という気持ちはあっても、私もいつも女神様のように優しく、よき理解者でいられないのです。

同じことを繰り返し確認しに来る。
それに私なりの意見で答えると、不満そうにする。
じゃ、自分の好きにすればいい、と言うと「ごめんごめん」と謝る。
ちょっとした失敗や言い間違いをこの世の終わりかと思うほど後悔し、大げさに謝り、嘆き、おしまいには泣いてしまう

ただでさえ声が大きく、トーンも高く、そこに感情の起伏が激しくなってくると、相手をする私も同じように声が大きくなりトーンが高くなり…
はぅぅ~~疲れるのです。

梅雨空でただでさえ頭が重い。
chibiは風邪で熱を出しちゃうし。
保育園やhikariのサークルの行事でやらなくちゃいけないことがごちゃごちゃ。
momoは勝手に能天気
hiakriの嘆き、不安、息苦しさに付き合わなくてはならない…

珍しくぼやいてしまいました。
あ~今日はしんどいよ


2007-06-18(Mon) 18:32| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 4

担任の先生との顔合わせ

これでこのカテゴリー"就学までの1年間"最後の記事になります。

***

当時の記録ノートを読み返して書いてきたのですが、ほんとに何度も小学校へ訪問していたことに驚きます。
よくそんなエネルギーが私にあったな、って(笑)

ひとりで、papaと一緒に、保育園の先生と一緒に…
小学校側は、主に教頭先生が窓口でしたが、教務主任の先生、校長先生も時には同席してくださいました。
たった一人の生徒のために、保護者が納得するがために、今更ながらこうして時間を作ってくださったことに感謝、です。

そして、卒園してから入学までの春休み…先生の異動も終わり、新学期へ向けての準備があわただしいとき、入学前最後の訪問をお願いしました。
担任の先生との顔合わせです。

その異動…なんと、思いっきり(笑)お世話になり続けた教頭先生と校長先生がお2人とも異動でお出になりました

ところが、後任にこられた先生は…さすがに驚きました。
田舎の小学校ですので、卒業生が教師として赴任することはよくあることなのですが、校長先生は、papaの習ったことのある地元にお住まいの先生。
教頭先生も、地元のよく知った方でした
お2人とも女性で、とても柔らかな話しやすいお2人で、不安など微塵も感じない幸運に恵まれました。

そして、hikariの担任は…
交流学級(1年○組)の先生はB先生、なかよし学級(障害児学級)の担任はC先生でした。
B先生は、前年度障害児学級の、情緒クラス(hikariが入るクラス)を持っておられた女性の先生、C先生はpapaの同級生
もう、何もかもがhikariのためのお膳立てのように思えるほどの安心感に包まれた私でした♪

先生と軽く挨拶をして、下駄箱の場所から、傘立ての場所、交流学級の教室、hiakriの机、障害児学級の教室、入学式が行われる体育館、入学式のときに座るイス…
全て案内していただきました。

hikariの気持ちをほぐすためと、目印のために、予め"大好き"と伝えておいた"ポケモン"のシールがいたるところにはってありました。
下駄箱、傘立て、机、イス、体育館のイス…
hikariはニコニコしながら「ワニノコ!」(ポケモンの名前)と喜んでいました。

こうして、家族でがんばった1年間。
いよいよhikariは小学校入学を迎えることになりました。




2007-06-15(Fri) 12:19| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

参観日を見学

カテゴリー「就学までの1年間」…こちらの記事の続きです。

***

hikariは障害児学級への入学ということで準備を進めていました。

小学校入学までに何をすればよいのか?

・保護者、園、発達相談員での懇談
hikariの集団の中での姿を把握、行動上の問題を見つけてその解決法を探る。

小学校へ渡す生育暦の作成
私のお仕事

・医療機関での発達検査等、データの収集・ST(言語療法)

ふむふむ。。これらのことはこれまでも書いてきたように引き続き行う、という感じでした。

あとは直接小学校と連絡を取って(保育園を通してお願いすることが多かったです)、授業を見学させていただくことと、"特別に"予め担任の先生と顔合わせしていただくことと入学式の会場、靴箱、教室、自分の机を見せてもらうことをお願いしました。

今日は授業の見学について書こうと思います。

普段の学校生活を見せていただくのが一番いいのですが、やはり私たちだけが訪れるととても目立ってしまうので、参観日を選んでhikariを連れて出かけました。
hikariが保育園年長の1月のことでした。

この日は、障害児学級に在籍する子どもたちみんなでの合同授業の見学となりました。
1月、というのもあって、大きなカードのカルタ遊びでした。
hikariも一緒にさせてもらいました。
学年の違う子どもたちが混ざってやるので、ちょっともめてしまうこともあったようですが、とてもにぎやかに時間が過ぎていきました。

私は時間割を見ていました。
障害児学級だけの特別な科目が並んでしました。

「にちじょうせいかつ」「せいかつたんげん」
「じりつかつどう」「あそび」

あとは1週間に国語が4時間、算数が2時間、図工2時間、音楽2時間でした。

このうち、図工と音楽と体育が1時間ずつ、週に3時間だけ、在籍の普通学級との交流授業ということでした。
週に3時間…3時間しかみんなと一緒に学習しない、という事実が正直ショックでした。


...read more

2007-06-09(Sat) 22:05| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

奇跡再び!

昨日の出来事です。

火曜日。
6時間授業なので帰ってくるのはどうしても4時を過ぎます。
4時半からスイミングがあります。
hikariは毎週急いで帰ってきます。
たとえ5分でも早くかえってしなくてはならないことがあるのです。

学校から帰ったら、
①着替える
②鉛筆を削る
③時間割をあわす
④プリントと連絡ノートを見せる
⑤宿題をする。
⑥箸と水筒を流しに持っていく。
⑦休憩(ゲームをする・おやつを食べる)

決まったスケジュールで動きます。

でも、火曜日は時間がありません。
⑤を飛ばして⑥までして、スイミングに急いで出かけます。

昨日は4時20分になっても帰ってきません。
「あ~もうこりゃ最悪だな…きっと半べそで帰ってくる。」

4時25分ころ、全く私の想像していたとおりの姿で帰ってきました(笑)
暑さで真っ赤な顔、泣きそうにゆがんだ口元。
気持ちは十分伝わってきます。

…足に白いものが??
ひざにガーゼがはってあります。

「怪我したん?」
「うん。こけたいたい休みたい」
スイミングのことです。
怪我のせいか、ちょっとへこんでいるようにも見えたので、昨日は休ませることに。
(ううっ…1回1,000円が…
擦り傷、痛そうだったので、なぜ怪我したか聞いても、つけていたテレビのアニメに気をとられて返事は上の空。

④プリントと連絡ノートを見せる。…先生との連絡ノートを勝手にカバンから出して読むことに。
読んで爆笑

「今年もまたソフトボールで"キセキ"が起こりました!」

6時間目の体育の授業のソフトボールでhikariがランニングホームランを打ったのだそうです。
(もちろん相手のエラーがらみもあったのだそうですが…)

「やるや~~んすごいや~~ん
いくら盛り上げても「???」←hikari

スイミングに行かなくてはならなかったのに休んでしまった罪悪感と、擦り傷の痛さに"キセキ"のランニングホームランのことなど全く意識の中になかったようでした(笑)

奇跡再来!
みんなはどんなふうにhikariに声援を送り、滑り込んでくる(スライディングしたそうですそれで擦り傷が…)hikariを迎えたのでしょう。
母の感激をヨソにhikariはテレビの「トム&ジェリー」を口ぽかんで見入っていました(笑)







2007-06-06(Wed) 10:39| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 10

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。