カレンダー(月別)

03 ≪│2007/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

家庭訪問

昨日は家庭訪問でした。
hikariは順番を最後にしてもらって…
3、40分お話してくださったかな~
持ち上がり担任なので、特にhikariの支援についてお伝えすることはなく、
お聞きしたのは中学進学への準備について。

普通学級への進学という前提でごく普通にこの1年間、クラスの仲間たちと過ごしてゆくことを再確認しました。
そして、"普通学級への進学であるが、時に特別な支援を要する児童"として、スムーズに中学校の先生に引継ぎが出来るといいな、と考えています。

ほっとしました~~

...read more
スポンサーサイト

2007-04-26(Thu) 14:35| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

UNO

昨日の夜、久しぶりにUNOをしました。

まず、カードをシャッフル。
誰がするかでいつももめます

何でもできちゃう、自信たっぷりのmomo。
みんなでUNOで遊ぶのがとてもうれしい張り切ってるhikari。
2人でカードの取り合いです。

ここからの展開は見えていました。
hikariはカードを"切る"のが苦手です。
左手でカード全部を持って、右手でランダムにカードの束を引き抜いて上に乗せる…
たったそれだけのことですが…ぎこちない手の動き、ぱらぱらと落ちるカード。。

「おまえ、もっとこうやって、こうやって…」
ほら、papaの指導が始まりました。
「もっと手を…指で束を…違うやん、こっちの手はこうして…」
papaも怒って言っているつもりはないのですが、だんだんと声が大きくなってきます。

「だって…やってるもん。もお…
hikariも、最初はpapaの話を聞いているのですが、だんだん泣き顔に…

無理なもんは無理やのに…
指先で束の量を調節して、左手でカードが落ちないように整えて…
そんなことを同時に器用に、一度にいろんなことを言われて…
hikariにはできないよ。
私たちが「こんなことくらい」って思うこと、できないときがあるんです。

papaに指導されているのを見るのは、私にとってとても辛いことです。
papaの思いもわかるし、hikariの思いもわかる…
でも、UNOやん。
遊びやん。
楽しくしようよ。
できないことは、責めないで誰かが助けてあげようよ。
そして、できないことを恥ずかしがらずに、悪いことだと思わずに、誰かに助けてもらおうよ。

昨日は不覚にも泣いてしまいました

...read more

2007-04-15(Sun) 06:49| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 8

6年生の担任への引継ぎ書 その3

これが最後の項目です。
まさか同じ先生に託すことになるとは…



Ⅲ.その他、今感じること

学習については今のところあまり心配はしておらず、本人も”楽しんで”勉強しているように感じます。
ただ、やはりコミュニケーションに偏りがあるということは日常強く感じます。

嫌味や冗談・比喩などわからない(わかりにくい)。
悪意はないのだか、その場にそぐわない話題を言ってみたり、相手の話題や質問に答えずに違う話題に変えてしまう。
複雑な指示や、直接的でない指示が理解できなかったり、何回も聞きなおしたりする。
友達と仲良くしたい、いっしょに遊びたいという気持ちは強いが、うまく仲間に入れない。同じ活動(サッカーやドッジボール)ができない。
会話や行動のやり取りにトラブルが起こることを怖がって関わっていくのをあきらめてしまう。
一人でいるのが楽なのではなく、ほんとうは誰かといっしょにいたい。

といったことを感じます。

また、学校での時間割の変更や突発的な活動には慣れていて許容の範囲(学校とはそういうところという認識)ですが、下校してからの行動の順序、時間配分のこだわりは強いです。
もう少し柔軟に考えられるといいなと思います。

もともとの性格に由来するのか、正直でまじめなところは彼のよいところです。
それを周りの子どもたちも認めてくれているのではないかと思います。
また、根気よく課題をこなしていったり、難しいことにも「やらなくてはならない」という義務感が強く、とてもがんばろうとします。
それが時に熱心でよい面ととらえられたり、彼を苦しめるこだわりであったりもします。

相手の気持ちを理解することが苦手と思われがちですが、感動的な映画で涙を流したり、私や妹の健康を心配していたわるというような姿もあります。
動物や虫が好きで、心優しいhikariです。

以上です。

どうぞよろしくお願いします。

平成19年3月15日                         


...read more

2007-04-14(Sat) 11:19| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 2

6年生の担任への引継ぎ書 その2

hikari、新学期の1週目、無事に楽しく過ごせたようです。
担任の先生が持ち上がりで、私もhikariも5年生からの延長のような気持ちで

昨日に引き続き、Ⅱ.保護者の願いを記録します。

  
Ⅱ.保護者の願い
【生活面】
 活動の範囲を広げるための手段の獲得。
 公共交通機関の利用など。

【学習面】
 現状維持。
 "適当に""だいたいで"といったそのときの状況に合わせた
 柔軟な学習への取り組みができるといいなと思います。

【行動面】
 正しい姿勢の維持。
 清潔・常識。
 学習以外の場面での周囲との関係の広がり。
 休み時間のすごし方。
 居場所を増やす。(学校で・地域で)



この項目は、面談の上で話そうと思っていたことも多かったので、ちょっと具体性にかけますね。。

【生活面】
 こちらは田舎ですので今のところhikariの移動手段は、
 徒歩と自転車のみです。
 切符を買って電車に乗る、目的地までバスに乗る、
 時刻表を活用できる、などが目標です。

【学習面】
 理解が困難である、などといった学習上の困難さはないので、
 自主的な学習の場面での柔軟な進め方や学習の計画を要領よく
 立てられるなど、5年生で一番苦しんだことの対処法を身につける。

【行動面】
 正しい姿勢を維持すること、清潔感がありきちんとした服装、
 というのは、とても大切だと思います。
 人から見られている自分を常に自分の中でイメージできること、
 hikariにとっては努めて獲得するものだと思います。
 決められた活動や学習の時間での友達とのかかわりはできても、
 休み時間など、自由な枠組みでの周囲との関わりが苦手。
 "仲間つくり"にトラブルは付きものであることを理解し、
 怖がらずに輪の中へ入っていけてらいいな、と思います。


たぶん…このようなことをお話したと思います


2007-04-13(Fri) 20:04| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 0

6年生担任への引継ぎ書

タイトルに"引継ぎ書"と書きましたが、そんな立派なものではなく
そして、前記事でお知らせしたように、担任は持ち上がりで、とても気が楽な私
例年、新学期が始まるとすぐに、学校へ担任と懇談に出かけるのですが、それも、必要ないだろうと家庭訪問を待つことにしました。

引継ぎ書は3月、5年生が終わるとき、担任に託したものです。
記録のため、記事にしたいと思います。

私の考えとしては、hikariも高学年になってきたということもあり、"お願い"はあえて具体的なものとはしませんでした。
とにかく、今ある姿に対応してゆくことがベスト、ということが軸になっています。


Ⅰ.学校での特別な支援・配慮について
Ⅱ.保護者の願い
Ⅲ.その他、今感じること


の3つに分けて書いています。



Ⅰ.学校での特別な支援・配慮についてのお願い

【担任の先生と家庭との間での連絡帳の活用】

ある程度、hikariの学校での様子については引継ぎいただくと思いますが、1年生のときから続けている連絡帳の活用で、毎日の生活の中で起こってくる出来事に対して具体的にお知らせいただき、回答してゆくというやり方がよいかと思っています。
今まで同様、担任の先生とのやり取りで彼に対する理解を深め、よりよい支援をいっしょに考えていきたいと思います。

自閉症の”質“は持ち続けています】

表面的には落ち着いて学習ができていたりトラブルがないように見えていても、彼の中にはずっと「社会性の障害・想像力の欠如・コミュニケーションの質的な問題」といった自閉症の特徴を持ち続けています。
そのとき環境に適応しているように見えるのは、今までhikariが泣いたり笑ったりして獲得してきた経験や訓練の結果あるものであって、決して自閉症の傾向が消えたわけではありません。

周囲の者、hikariに関わる者に”理解”がなければ、すぐに不適切な行動が現れます。
彼をよりよく理解し、そして支援してゆくことでhikariは落ち着いて、安心して学校生活を送れます。
hikariを理解してくれる人が一人でも多くいてくれること、席が隣の子、同じ班の子、担任の先生、教頭先生、校長先生、…理解の”点”が増えてゆけば”線”になりそして”面”になってゆくとおもいます。

それはもちろん家庭の中でも、地域の中でも同じです。
地域でも家庭から、地域の活動、地域外の活動…本人と家族の努力でその理解の”点”を増やしていきたいと思います。


【中学校進学に向けての準備】

今までの進級と違うのは、6年生が中学校入学を前にした小学校最終学年であることです。
学習面でも生活面でも安定した充実した1年を望むことはもちろんですが、中学校への引継ぎについてご協力をお願いしたいと思います。
 
この点については、まだ私の勉強不足で、先生とのお話や医療機関等で情報を得た上でこれから考えてゆかなくてはならないと思っています。
hikariの障害(高機能自閉症)について、サポートの方法について、入学前の準備について…テーマはいくつかあると考えています。

どうぞよろしくお願いします。





...read more

2007-04-12(Thu) 18:07| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 0

サクラサク!?

こちらの小学校は、毎年クラス替え、担任の先生も毎年変わるのが原則。
hikariが2年生になるときから毎春、
「今度の担任の先生は誰だろ?」
「クラスの子との相性は??」
と、春休みからドキドキ
新学期が始まると、とにかくhikariのことをわかってもらおう、とにかく学校と家庭との情報のやり取りだけは密に…と、あれもこれも段取りや心配や学校への訪問や…
気苦労は続き、やっとほっとできるのが夏休み前。

ところが…
今年は違ったのです

それを聞いたとき、すぐに外に出なくてはならない用があって、思わずこぼれそうになる涙をこらえて見上げた空には…

見上げると…


白い花が…青い空がまばゆくて…

担任、なんと去年の持ち上がり
あの… 『5年生はあと少しですが、担任が変わったとしてもさまざまな形でhikariさんと関わらせていただくつもりでいます。』
と連絡帳に書いてくださった去年の担任の先生のクラスになれたのです

hikariも
「また1年、僕の成長を見てもらえる」
と、とてもほっとしたはにかんだ表情で喜んでいました。
卒業まで、この先生に見てもらえる…
不思議な縁のある先生で、(実はmomoの担任としてもお世話になり、ある学校で臨時の講師をしていた私の母ともつながりのある先生なのです)

クラスのメンバーもとてもいい感じで
hikariにとって、上々のスタートが切れそうです♪
万歳して、思い切り笑顔で、全力疾走で帰ってきたhikariなのでした

...read more

2007-04-10(Tue) 15:13| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 10

新学期

新学期
何回も何回もhikariが繰り返し言いにきます。
不安なのでしょうか?
楽しみなのでしょうか?
早く始まらないかな~♪
同じことを言いにきます。

こちらにも桜を...
桜


さて、明日、どんな顔をして帰ってくるでしょう...




2007-04-08(Sun) 00:04| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

生育暦-おわりに-

この春、新6年生となるhiakri。
hikariは広汎性発達障害高機能自閉症です。
彼の小学校入学前に書いた生育暦をこのブログに全部記録することができました。

次のカテゴリーに分かれて記録しています。

生育暦って?
生育暦 -保育園・年少組-
生育暦 -保育園・年中組-
生育暦 -保育園・年長組-


そして最後に、その生育暦の"おわりに"として、次のようなことを書いていました。
6年生になるhikariですが、次の担任の先生にお伝えしたいことも、全くこのころと変わらない...hikariへの思いというのは不思議にずっと同じ思いでつながってきているのだということに気づきました。


<おわりに>

思い返すとhiakriへのかかわりや援助は常に完璧というわけではありませんでした。
でも、結果としていつもよい方向へと向いてきたのはhikariのありのままの姿をよく観察し、受け入れ、思いを推察し、どうしてやるのがいいのか、保育園の家族が同じ思いでhikariに接してきたからかと思います。
ここまで書いてきたことは、hikariの成長の一通過点の姿であって、そのときの援助がこれからも常に正しいとは限りません。
日々、hikariは成長し、姿を変えています。
昨日までできなかったことが今日はできるようになっていたり、きちんとしないと気がすまなかったことが「ちょっとさぼっちゃおう」という柔軟さが出てきたり...

入学してしばらくの間は、自分を取り巻く環境や人の変化に混乱したり、躓いたりして、今まで出てこなかった問題に直面することもあるかと思います。
その時、その時に、hikariのありのままの姿を受け入れ、訴える言葉に耳を傾け、一つ一つ丁寧な援助を考えていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。


...read more

2007-04-03(Tue) 22:57| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 4

ネガティブな記憶のフラッシュバック

hikariが小学校入学前に書いた"生育暦"についての記録記事はこれが最後になります
(当時の文章そのままです。)


めったにパニックを起こさないhikariですが、たまりたまったものが爆発するときがあります。
とは言っても、暴力的になったり、自虐的なったりするのではありません。
『失敗』がとても辛いことであるというのは述べましたが(前記事)「些細な失敗」で傷ついた気持ちはぐっとしまっておけることもあります。
でも、、それが積み重なって最終的にどうしても我慢できない「失敗」があったとき、ドバーッとためていた「些細な失敗」のネガティブな記憶がフラッシュバックし、号泣...パニックを起こすことがあります。

そういう時、家では母以外の人に声をかけられることも、見られることさえも嫌がります。
誰とも顔を合わせようとしないまま3階の寝室に上がり下りてきません。
心配でのぞきに行ってみると、「こんといてー」と言いながらしがみついてきてさめざめと泣きます。

園でも同じようなことがたまにあるそうです。
そのときも、どうしてもお友達と同じ部屋にいることができなくなり、別の部屋へ行って号泣するそうです。
そうなると、園で母の代わりであるA先生でないと取り合わなくなり、2人で静かにすごすことによって落ち着くそうです。

主治医の先生によると、hikariはプライドが高いタイプで、失敗した姿を見られるのがいやなのかな、ということでした。
もう少し字が書け、文章が書けるようになったら、日記をつけさせる方法もある、そうです。
日記には失敗したことも書くのですが、必ず「でも...はうまくいった」とハッピーエンドで終わらせるのです。
その日記をあとで読み返すことによって、「失敗もしたけど、こんなにいいこともたくさんあった」と、自分に起こってくる事実をトータルで見ることで、自己評価を高めて行けるのだそうです。
今はその方法は難しいので、状況に即した言い方で、「失敗しても大丈夫」ということを繰り返し伝えています。



...read more

2007-04-03(Tue) 22:33| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 0

失敗は失敗のもと

引続き年長組の生育暦より、です♪
(今日は、当時の文章そのままです…)

hikariにとって、失敗、否定的なことはとても辛いようです。
失敗が生きない、励ましが効かない…"失敗は失敗のもと"であったりします。

ゲームでも、ドッヂボールでも、コマ回しでも、勝つことにとてもこだわります。
相手を必要とする遊びはhikariにとってとても良いコミュニケーションのきっかけとなるのですが、そのルールや「負ける場合もある」ということを理解できないがために、つまらなくなり、遊びに入って行けなくなったりします。

相手が大人の場合は、ルールを単純にしてhikariにもわかるものに変えたり、時には手加減を加えて「勝たせてやる」ことも必要でした。
そうすれば遊びに入ってゆけるので、"誰かと一緒に遊ぶ楽しさ"を経験することができました。
誰かが常にhikariのそばにいて、ルールに沿った経験を一緒にし援助しますが、なかなかすぐに理解することは難しかったようです。

失敗が生きないのなら、何とかして失敗するような状況を避け、成功の経験を積み重ねてゆく…特に、初めての活動に入るときはそうすることによって、その肯定的なイメージを定着させていくことが重要でした。

小さな成功…褒められる…少しずつできるようになる…
また褒められる…うれしい…うれしいとその活動が好きになる…
スモールステップで、的確な褒め言葉で、苦手なこともできるようになっていきました。



...read more

2007-04-02(Mon) 19:42| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 2

じゆうちょう 4月

どうしようかな…と思ってたけど、やっぱり作っときます、じゆうちょう
どうぞお気軽に♪

桜はまだ咲かないけど、とても優しい緑の新芽を見つけました
pic_0339.jpg


先生の異動もすみ、学校は大忙しで新年度の準備に入っているのでしょうね。
どんなクラスになるのかな…
担任の先生は誰だろう…

不安がないわけではないけど、いつもの4月よりも心穏やかな気がします。
小学校最終学年、すべてがよい思い出になりますように…






2007-04-01(Sun) 23:40| お気軽に -じゆうちょう-| トラックバック 0| コメント 1

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。