カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生育暦 -はじめに-

保育園年長組の終わりごろ、小学校でhikariがスムーズに受け入れてもらえるよう、私はhikariの生育暦をまとめました。

もう6年近く前のことです。
当時、なぜこういうものを書こうと考えたかというと、『ダダ父母』さんのサイトに刺激を受けたというのが一番の理由でした。
私は『ダダ父母』さんのようには到底なれませんが、この生育暦を書き上げ、学校に提出し、hikariの援助をしていったことは成功であったと思っています。

もしも今、苦しんでおられるお父さん、お母さんがいらっしゃったら…
もしも、このお部屋をのぞいてくださる方がいたら…
何かを感じ取っていただけたら…なんて、ちょっと偉そうですが

こんな母と子がいたということを知ってもらいたいな、と思います。


【はじめに】

hikariは広汎性発達障害、高機能自閉症と診断されています。
性格は人なつっこくて明るく、よくしゃべり、声も大きく、得意なことにはとても積極的です。

プレステが好きで得意なゲームがあったり、ポケモンを大切に育てていたり、外見上はお友達となんら変わりないので"普通"に見えたりします。
でも、将来の性格とともに自閉症の障害特性も持っています。

じっとしていられない、場にそぐわない行動(言動)をする、言葉を介したコミュニケーションをとるのが苦手…
それだけに、誤解を受けたり、わがままだと見られたりします。

自閉症』というのは脳の生得的な障害で、治らないそうです。
コミュニケーションの困難さは生涯続くものですが、適切な取り組みによってその困難さは改善されていきます。
母は専門家ではないので『自閉症』について詳しい解説はできませんが、小学校入学にあたり、hikariにしてやれることは何かをずっと考えてきました。

保育園での3年間は本当にあっという間でしたが、良い先生方に出会うことができ、hikariは毎日とても楽しく園に通っていました。
のびのび過ごした保育園から小学校へ、自分を取り巻く環境の変化、生活の変化に、hikariはずいぶん戸惑うことでしょう。

hikariの好きなこと、嫌なこと、喜ぶこと、怖がること…
できるだけたくさんの先生方に、できるだけたくさんhikariのことを知ってもらうことで、新しい環境に入りやすくなるのではないかと考えました。

保育園でhikariがどのように過ごしてきたかを紹介することで「ああ、こんなふうにしてやったんやな~」と思っていただくだけでもうれしいです。

自閉症』と一口で言っても、100人いれば100通りの子どもがいます。
自閉症』に対するご理解と、hikariに対するご理解をどうぞよろしくお願いいたします。


...read more
スポンサーサイト

2006-10-31(Tue) 10:52| 生育暦って?| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。