カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生育暦-おわりに-

この春、新6年生となるhiakri。
hikariは広汎性発達障害高機能自閉症です。
彼の小学校入学前に書いた生育暦をこのブログに全部記録することができました。

次のカテゴリーに分かれて記録しています。

生育暦って?
生育暦 -保育園・年少組-
生育暦 -保育園・年中組-
生育暦 -保育園・年長組-


そして最後に、その生育暦の"おわりに"として、次のようなことを書いていました。
6年生になるhikariですが、次の担任の先生にお伝えしたいことも、全くこのころと変わらない...hikariへの思いというのは不思議にずっと同じ思いでつながってきているのだということに気づきました。


<おわりに>

思い返すとhiakriへのかかわりや援助は常に完璧というわけではありませんでした。
でも、結果としていつもよい方向へと向いてきたのはhikariのありのままの姿をよく観察し、受け入れ、思いを推察し、どうしてやるのがいいのか、保育園の家族が同じ思いでhikariに接してきたからかと思います。
ここまで書いてきたことは、hikariの成長の一通過点の姿であって、そのときの援助がこれからも常に正しいとは限りません。
日々、hikariは成長し、姿を変えています。
昨日までできなかったことが今日はできるようになっていたり、きちんとしないと気がすまなかったことが「ちょっとさぼっちゃおう」という柔軟さが出てきたり...

入学してしばらくの間は、自分を取り巻く環境や人の変化に混乱したり、躓いたりして、今まで出てこなかった問題に直面することもあるかと思います。
その時、その時に、hikariのありのままの姿を受け入れ、訴える言葉に耳を傾け、一つ一つ丁寧な援助を考えていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。


...read more
スポンサーサイト

2007-04-03(Tue) 22:57| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 4

ネガティブな記憶のフラッシュバック

hikariが小学校入学前に書いた"生育暦"についての記録記事はこれが最後になります
(当時の文章そのままです。)


めったにパニックを起こさないhikariですが、たまりたまったものが爆発するときがあります。
とは言っても、暴力的になったり、自虐的なったりするのではありません。
『失敗』がとても辛いことであるというのは述べましたが(前記事)「些細な失敗」で傷ついた気持ちはぐっとしまっておけることもあります。
でも、、それが積み重なって最終的にどうしても我慢できない「失敗」があったとき、ドバーッとためていた「些細な失敗」のネガティブな記憶がフラッシュバックし、号泣...パニックを起こすことがあります。

そういう時、家では母以外の人に声をかけられることも、見られることさえも嫌がります。
誰とも顔を合わせようとしないまま3階の寝室に上がり下りてきません。
心配でのぞきに行ってみると、「こんといてー」と言いながらしがみついてきてさめざめと泣きます。

園でも同じようなことがたまにあるそうです。
そのときも、どうしてもお友達と同じ部屋にいることができなくなり、別の部屋へ行って号泣するそうです。
そうなると、園で母の代わりであるA先生でないと取り合わなくなり、2人で静かにすごすことによって落ち着くそうです。

主治医の先生によると、hikariはプライドが高いタイプで、失敗した姿を見られるのがいやなのかな、ということでした。
もう少し字が書け、文章が書けるようになったら、日記をつけさせる方法もある、そうです。
日記には失敗したことも書くのですが、必ず「でも...はうまくいった」とハッピーエンドで終わらせるのです。
その日記をあとで読み返すことによって、「失敗もしたけど、こんなにいいこともたくさんあった」と、自分に起こってくる事実をトータルで見ることで、自己評価を高めて行けるのだそうです。
今はその方法は難しいので、状況に即した言い方で、「失敗しても大丈夫」ということを繰り返し伝えています。



...read more

2007-04-03(Tue) 22:33| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 0

失敗は失敗のもと

引続き年長組の生育暦より、です♪
(今日は、当時の文章そのままです…)

hikariにとって、失敗、否定的なことはとても辛いようです。
失敗が生きない、励ましが効かない…"失敗は失敗のもと"であったりします。

ゲームでも、ドッヂボールでも、コマ回しでも、勝つことにとてもこだわります。
相手を必要とする遊びはhikariにとってとても良いコミュニケーションのきっかけとなるのですが、そのルールや「負ける場合もある」ということを理解できないがために、つまらなくなり、遊びに入って行けなくなったりします。

相手が大人の場合は、ルールを単純にしてhikariにもわかるものに変えたり、時には手加減を加えて「勝たせてやる」ことも必要でした。
そうすれば遊びに入ってゆけるので、"誰かと一緒に遊ぶ楽しさ"を経験することができました。
誰かが常にhikariのそばにいて、ルールに沿った経験を一緒にし援助しますが、なかなかすぐに理解することは難しかったようです。

失敗が生きないのなら、何とかして失敗するような状況を避け、成功の経験を積み重ねてゆく…特に、初めての活動に入るときはそうすることによって、その肯定的なイメージを定着させていくことが重要でした。

小さな成功…褒められる…少しずつできるようになる…
また褒められる…うれしい…うれしいとその活動が好きになる…
スモールステップで、的確な褒め言葉で、苦手なこともできるようになっていきました。



...read more

2007-04-02(Mon) 19:42| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 2

みんなと一緒のことをしてほしい

保育園・年長組のころの生育暦に戻ります。

なかなか"みんなと一緒のこと"をするのに楽しさを感じられないhikariだったので、自分の尺度に合わない、おもしろいと感じないものには参加できにくい面がありました。
そんなhikariの思いとは裏腹に親としては、みんなと一緒のことをしてほしい…
発表会、運動会…みんなの中で同じ活動をしている姿が見たい、と思ってしまいます。

他の保護者の視線を気にするからではなく(いえ…もしも一緒のことができないでいたら、気にしていたかもしれません)
これから先、集団生活を送ってゆく中では、"みんなと一緒に"を避けて通ることはできないのです。
いやでも、苦痛でも、"みんなと一緒に"…
かわいそうだ、という人もいるかもしれませんが、私は、彼なりの納得する受け入れ方法さえ獲得すれば、きっと"みんなと一緒に"活動ができるようになり、できることで褒められ、
その経験を重ねてゆけば、成長と共に心から"みんなと一緒に"楽しむことができるようになるのではないか、と思ったのです。

だから、医療機関での発達検査でわかる得意、不得意なこと、発達相談でアドバイスいただくことなどを踏まえながら、
『難しいことをがんばる。いやなことを我慢する』ことに挑戦していきました。

じゃ、どんな方法で仕向けてゆくのか…

1.興味を持たせる。
2.日によって気分にムラがあるのでやる気のあるときに
  どんどん褒め言葉をかけてできるように促す。
3.小さな進歩でも必ず褒めることで少しずつステップアップしてゆく。
4.午前中がんばったら、午後は自由にさせるというような
"ごほうび"を用意する。
5.できているお友達の様子を見せたり、去年発表している
  自分の姿をビデオで見せ、発表会への見通しを持たせる。


もうひとつ大切なこと。

6.どうしてもできないことは「しなくていいよ」と伝えて安心させる余裕を持つ。

先生の丁寧な観察とhikariとのやり取りを通して、彼にとって負担にならないペースがどれほどのものなのか考えながら練習は続きました。
年中くらいまではあまり何も考えず言われるとおり練習し発表もしていたのですが、やはりこの年長の時期になって、彼の本来の特性が集団生活のルールと合わなくなってくる場面が目立つようになってきました。

このままでは就学後に困るのは目に見えていました。

hikariにとっては辛かったかもしれませんが、この時期のがんばりは…『難しいことをがんばる。いやなことを我慢する』ことを通して達成感や充実感を味わった経験は
その後の彼の集団生活への適応にきっと役に立っていると思います。


...read more

2007-03-30(Fri) 18:12| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 10

生育暦 -保育園・年長組-(2)

(1)に引き続き、発達相談員さんや主治医の先生・ST(言語聴覚士)さんの指導などからヒントを得た、具体的なhikariへのかかわりを書いてゆきます。

自閉症児は時間の概念を把握する、ということが苦手のようです。

初めてのことでも、すでに経験したことを手がかりにして、未来を予測しながら行動するものですが、hikariにはうまくいくこともあればうまく行かないこともあり、思い通りにはことは運ばないこともある、予定が変わることもある、というようなことを理解することが難しいようです。

予定を伝えておくことは、hiakriにとってはとても安心です。
ちょっと買い物に出るときも、家族で旅行に出かけるときも、前もって

どこへ・何の目的で・何をしに行くのか

を伝えておくと、行動がとてもスムーズで落ち着いて時間をすごせます。
そういう意味では、保育園は比較的自由な時間のすごし方ですが、時間割があり、一日の見通しが立ち、その予定通りに(ある程度)1日が過ぎてゆくという学校のほうがhikariにとっては落ち着ける場所でした。

また、いくら時間の概念が持ちにくいといっても、昨日・今日の区別はついていたので「明日を楽しみに待つ」ということはできましたが、「何日か先にある楽しみを指折り数えて待つ」ということがなかなかできませんでした。
その"何日か先にある楽しみ"を待つ楽しさ...12月、クリスマスをわくわくして待つ楽しさを感じてほしかった私は、カレンダーを使うことにしました。

↓こんな感じのカレンダーです。

カレンダー


文字が読め、ある程度書くこともできたので、縦並びのカレンダーにひと月の予定を書かせました。
楽しい予定を書いて、その日が明日ではないこと、何日か先であることが目で見てわかります。
その日が終わると、をつけてゆくことが気持ちよかったようです。
そして意外とすんなり母の望みはかない(笑)、クリスマスが来るのを楽しみに待つ姿を見ることができました。
苦手な予定の変更も、予定の欄に書いてある文字を消して書き直すことですんなり受け入れられるようになっていきました。


...read more

2007-02-16(Fri) 16:57| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。