カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

hikariの春休み

お久しぶりです。
カチンコチンに凍てついていたこのブログを急に更新しようと思ったのにはいくつかのワケがありました。

最大の理由は、先日ある方からコメントをいただいたのです。
時々のぞいてくださっていて、プロフィールのところが更新されていたことに気づいてくださって…
hikariが大学に合格して春からは大学生だと。

発達障害の子育ては先が見えにくいです。
私もそうでした。
最初、高機能自閉症だという診断を受けて頭が真っ白になった時、主治医の先生から勧められた本がありました。
発達障害とは?とか、アスペルガーの子育て、とか、そういう本ではありませんでした。
高機能自閉症と診断された人がどんな成人になるか、という内容のものでした。
私はなんでこんな内容の本なんやろ?
成人、って…
明日保育園でどう過ごすかの方が気になるのに。
複雑な思いでその本のタイトルを書き写した記憶があります。

でも、しばらくしてわかりました。
どこが変わるのか。
どこが変わらないのか。
どんな大人になっていくのか。
どんな大人になってほしいのか。

hikariは確実に彼らしく彼なりに大人への道を歩いています。
私が導いたわけでもなく。

今日は家の仕事を手伝ってくれています。
単純な同じ作業の繰り返しですが、"けっこう楽しい。"とか言いながら。

大学生になることも、毛嫌いしていた家業を手伝ってみようという気になってくれたことも、どちらも私は本当にうれしい。
今まででいちばん穏やかなhikariの春休みかもしれません。








...read more
スポンサーサイト

2014-02-04(Tue) 15:11| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 7

お休みします。。。でも、開けています。

ずっと気になっていたこのブログの更新。
やっぱりきちんとしておかなくてはなりませんね。





4歳のころに高機能自閉症と診断を受けてから書き溜めてきた先生との連絡ノートや病院の記録、覚書…
それらを元に記事にし自分とhikariの為の記録として、そしてもしかしたら誰かのお役に立てたらと続けてきました。

中学に入ってからのhikariは少しずつ自分の力で歩き始め、今はほんとにほとんど私の力を借りることなく、たとえ困ったことがあっても他のみんなと同じようにうまく”こなして”いっているようです。

hikariの日々を書くほどもなく毎日がそれとなく過ぎてゆく…これはこれでよいことなんじゃないか?
そんなふうに最近思っています。

何かブログに書こう、と思うのは何かしら事件があったり、心につかえるものがあったり、誰かに何か言ってほしかったり。
今、そんなことがとても減ってきました。
一方で、思春期を迎えているhikariなのでこの子達なりの思春期の心理について書きたいな~と思うことはあってもかなりプライベートな内容にもなってくるのでためらってしまいます。

また、ほんとはまだまだ小学校6年生まで先生とやり取りしたノートがあって、それらを記事にしてはいないのですが、今それを元に書き起こし、当時を振り返るという時間の余裕が持てないというのも事実です。


いろいろとほんとに考えることはたくさんあるのですが、ひとまずここでこのブログをお休みということにしたいと思います。
今まで読んでくださった皆さん、記事の更新がないかと時々のぞいてきてくださる皆さん、悩めるときは温かいコメントをたくさん頂いた皆さん、ほんとはおひとりおひとりを訪問してご挨拶しなくてはならないかもしれません。
ごめんなさいね。。

こんなブログでも、時には検索に引っかかったりするのでは、と思いますので、過去の記事たちのためにもこのまま開けておきます。

お越しくださった方、過去記事へのコメントも大歓迎いたします。
お返事は遅くなることもあるかもしれませんが必ず致します。
記事の更新はなくとも”生きている”ブログとしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。


来週の27日でくしくもこのブログを開設して丸3年になります。
たったの3年なんですね。
とても長かったように思います。
簡単なご挨拶で申し訳ありませんが、これで最後の記事とさせていただきます。
長い間、ありがとうございました。


2009-10-19(Mon) 15:37| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 10

ファジーな心と素敵なフラッシュバック

machi家は平穏無事に6月を迎えています。

あ。。そうでもないか(笑)
前記事の結果のご報告がまだでした。

更新があいていた(まあ珍しいことでもないのですが)ことでもお察しいただけると思いますが、
やはり期待していたような経過はたどりませんでした。

結局、担任からの電話も何らかの説明もありませんでした。
1年のときの担任でもあり、今回の”事件”の相手である男子生徒の担任からは連絡がありましたが。

まあ。。その内容も、特にここに文字にするほどのことでもなくて。

結局は

「そのときすぐに言ってくれてたら。」

「『知らない』というんだから、もうそれ以上は手段がない。」

そんなようなことでした。

もう、深く考えるのはよそうと思いました。
そして、期待することもやめました。

中学校なんてそんなもん。
そう思うほうがずっと楽なんです、きっと。
machiらしくありませんが、環境によって自分を変えていくことも順応する能力なんです、きっと。

きりきり痛むみぞおちを押さえながら、これ以上熱く燃えたってしょうがないや。。
勇気ある撤退、と一応はmachiのプライドに許しを請うことにしました(笑)





というわけで、1年生のときのうろたえや混乱が嘘のように何もかもが何となく気持ちよい歯車の回転を生み出しています。
ふつ~の男子中学生の母親をさせていただいているような感じです。

ただ、生活感いっぱいの家の中ではやはりアスペ色ぷんぷんで、常にツッコミの対象になってしまうhikariです。(関西は厳しい~~~)

気持ちが角張っているときはそのツッコミを正面から受け止めてついつい”マジギレ”してしまうhikariですが、時にはいわゆるノリツッコミができたり、へらへらと自然な笑顔で聞き流したりもできる場面も増えてきた気がします。

「あ☆おこらへんやん! へ~~やるなあ♪」

なんて、変な所で感心したり心の中で”コケッ”とかなってたりします。





今年は一番下のおちびが年長組で、最後の保育園保護者会ということもあって、ひとつひとつの行事に深くかかわり、そして先生や園との接触も多くあります。
10年近くにわたり園と関わりをもてたことはある意味私は恵まれているな~とふとしたときに思います。

一番下のおちびの子育てをしながら、hikariと2つ下の長女の子育てを振り返ることができるのです。

むずかる子どもを引きつった顔でなだめているお母さんを見かけると、当時の自分が胸によみがえります。

園の廊下を歩くとお部屋の中にあの頃のhikariがいるような錯覚を起こしたりします。

あの頃の自分、あの頃のhikari、あの頃の先生たち…
あの頃いっぱい悩んだこと、涙したこと、一緒に喜び合った先生の笑顔…

幼児期に喜怒哀楽~様々な感情を素直に出して子どもと向き合い、そして先生とも向き合い、家族だけでなく、第3者の目からの意見も聞きながら、共に子育てと向き合うこと…
その大切さを教えてくれた保育園

今私はhikariがいた、長女もいた、そしておちびがいるこの保育園に、
ささやかな恩返しをしているのかもしれません。



今のhikariの姿を横目に見ながら、幼児期にいかに子どもと正面から向き合い、寄り添い、共に育つか…その大切さを重く心に感じています。



...read more

2009-06-04(Thu) 23:15| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 0

今年最後の日に思うこと

ついに今年”サンタさんは心の中にいる”とカミングアウトしたmachi家だったのですが、思いもよらず
私のところにサンタさんは来てくれたのでした。

P1220858a.jpg

いつもがんばっているあなたへ

私はずっと空から見ていました。
これからも、元気でいて仕事もがんばってください。

            サンタより



泣けたよ。。

ありがとうね。







冬休みに入ってからは、大掃除もよく手伝ってくれたし、今年は今までになく余裕で今日の大晦日を迎えることができました。

ブログはのんびりペースでしたが、私にとってとても充実した1年でした。

泣けて泣けてしようがない出来事もあったし、恵まれた出会いに心から感謝した出来事もたくさんありました。

”夢をかなえるゾウ”で、ガネーシャが言ってました。

「この世界は死ぬほどうれしいことも、笑えるほど不幸な出来事もある。
 だからおもろいんや。
 この世界を楽しんでや。
 心ゆくまで。」






また来年もどうぞよろしくお願いします。



2008-12-31(Wed) 19:48| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

全部の人を好きになる

『夢をかなえるゾウ』…いわずと知れたベストセラーが夜中にドラマ化されているのをご存知でしょうか?

公式サイトはこちら

神様ことガネーシャの出す課題に単純なmachiは毎回妙に納得してしまうのです。

いつだったか…そう、きっと前記事までの出来事が起こる少し前…の課題にこんなのがありました。

【全部の人を好きになる。】




実は私、hikariとSくんとの関係に心を痛めることになるずっと前からSくんのお母さんとはごく普通に知り合いでした。
でも、苦手なタイプの人だったのです。

彼女は悪い人ではないのですが、いわゆる"天然"といわれるタイプで、害のない天然タイプなら特に何も思ったりしないのでしょうが、なんと言うか…彼女の場合はこちら側がぐさっと来ることをさらっと言いのけてしまう、というか…
とにかく…苦手、でした。。

そんな私の思い込みもあって彼女とは表面上はそれなりに付き合うことはあっても、深く話をしたりすることは避けてしまっていたのです。



で。
単純なmachiは…ココロが苦しかったのでしょう…
そのガネーシャの課題がすっと入ってきてしまいました。

「ううむ。。全部の人を好きになる…か。。
 好きになって…みようかな。」

そう思ってしまったら、動き出してしまう私(笑)
ずっとずっと前から共通の友人に聞いていた彼女のメルアド。
メール…してしまったのです。

「急やけど、今日、ちょっと話できひんやろうか?」

たまげただろうな~~(爆)

自分の子がhikariにしていたこと、そのことでhikariや私や家族は苦しんでいること、また授業中の態度など、彼女は先生から聞いてよく知っていたはずですから。
それに、一度だけ、チラッと彼女に直接「やめたってね。」言ったこともあったし。。



かなりびっくりしてたけど、でも、ちゃんと時間をとって家へよんでくれた彼女。
おろおろしていたのは私もいっしょで(笑)
何を話したかほとんど記憶に残ってないけど…残っているのは彼女が"意外としっかりしている"ということ☆
そして、リビングを見ただけだけど、いまだにSくんが保育園のときにお母さんにプレゼントしたんだろう"金メダル"なんかがなにげにぶら下がっていたり。

そして、また夜、彼女からメール。

「あれから学校へ電話した。」

担任に電話していろいろ聞いてくれたみたい。
先生は先生でかなりストレートに近況を伝えてくれたようで。

それから、かな?
hikariに付きまとうことも減り、hikariにまあまあ平和が戻ったようです。




ガネーシャの課題が実行できたのかどうかわかんないですが、彼女と"話す"きっかけになりました。
ずっとずっと、いつか直接話したい…そう思っていたのに、なかなかそれを実行できなかった。
何かを恐れてたんでしょうか?
苦手なタイプの人に疲れているココロにさらに追い討ちを受けたら…
そんなことを思っていたのかもしれません。

でも、話してみたら、子どもとの会話もたっぷりでいいお母さんしてるし。
こちらの言うこと、ちゃんと正面から聞いてくれるし。
先生の言うこともきちんと受け止めて、子どもと向き合ってくれてるみたいだし。


その後です。
学校公開日があったのは。
彼女を誘っていっしょに参観に行ったんです。

そして彼女の話では「学校には行かへんと思う」と言っていたSくんのお父さんも私たちとは違う教科の時間に見に行ってくれたようです。
次の日のまた違う授業にもお父さんは見に行ってくれたようです。

それが何を意味するのか、家でどんな会話がされたのかまでは私は知りませんが、Sくんのご両親はhikariとSくんの関係だけを見るのではなく、Sくんの学校での行動に視線を向けているのではないかなと感じました。
それでいいのではないかと思います。

Sくんがhikariのことを攻撃するのはhikariだからというよりもSくんの内面の問題であるような気がしています。
まあ、だからといってhikariを攻撃することを認めることは絶対にできないので、されている側としてはずっと"嫌だ"ということを訴えていくつもりですが、根本からの解決はやはりSくん本人の心の成長を待つことになるのでしょうか?
そんな気がしています。

だから…家族で子どもに向き合おうとしているのだとしたら…私が彼女を訪問したことがそれを強く思わせる(強く、と言うのは、全く子どもと向き合っていなかったご両親ではないと思うからです)きっかけになったのだとしたら…

ガネーシャの課題はhikariと私たち家族の抱える事態によい結果をもたらしてくれたのかもしれません。




2008-11-11(Tue) 00:33| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。