カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

2学期スタート!

お久しぶりです(汗)

お休みするならその記事も書いてよさそうなものなのに、気がつけば3ヶ月もたっていました。。

そう、3ヶ月前といえば、念願の子ども部屋のリフォームが始まった頃でした。
hikariもやっと1人部屋になり、ほんとにベッドと机を置いたらおしまいくらいのすごく狭い部屋だけど、明るく落ち着ける空間ができました。

リフォームが終わらないうちに夏休みに突入し、次々と子どもたちの行事ごとが。。
そんなばたばたの中、TDRにも行ってしまって(汗)

そんなこんなでmachi家は歓声と感動と心地よい疲労感~~~瞬く間に夏を駆け抜けたのでした。

今やっと落ちついてきた感じです。





さて、hikariはというと、
1学期も無事に終わり、夏休みは何と塾に通ってみたり、そして平常心で落ちついて2学期をスタートしています。

去年と同じ流れで行事ごとが進み、勉強も何とか理解できているようでパッと見はごくごくふつ~の中2男子です。

よく焼けた顔と体(水泳部なので)、声変わりしたハスキーな話し声、足なんかも25.5cmにもなっちゃって。。
かろうじてまだ背は150cm台で母の視線より下ですが。

夏休みの塾通いも、初めて1人で電車で通ったり、テーマパークではイラストマップ片手に目的地を巡り歩いたり、ハリーポッターシリーズを興味津々に読み耽ったり。。

ほんとに、ふつ~の中2男子なんだけど、やっぱりなんかどこかが”変”なヤツであることはいつまで経っても変わらない。





夏休みに入って、いつものSTの先生に会いに行ったんですが、

「らしく、育ってはるわ~あ(笑)」

決してバカにするではなく、です。

障害、ってなんだろ。
発達障害、ってなんだろ。
支援ってなんだろ。

先生と話しているうちにそんな話にもなりました。

当事者が日々生活している、社会の中にいる、仲間といっしょにいる、家族と一緒にいる…
そんな日常で、何も困ることがなければ、たとえどこかの時点で”発達障害”と診断されていようと支援を求める必要はない。

でも、たとえ小さなことでも困り感が出たとき、明らかに苦しんでいるとき、周囲の者もどうしてよいかわからなくなったとき…
そんなときには、どうしてその困り感が出てくるのかを考えるとき、”発達障害”ということがより良い支援を生みだすきっかけになる、根拠になる。

それでいいんじゃないの?
hiakriくんの、今の場合。

そんな話をしてました。

困り感…
ありますよ(汗)
結構頻繁に。
生活の場面ではかなり独特の思考と言葉と行動をするので。

母はまだまだよい”hikariの母”になりきれなくて、反省の毎日です。
特に夏休みは(笑)



スポンサーサイト

2009-09-07(Mon) 22:21| hikari中学2年生| トラックバック 0| コメント 2

お手並み拝見

2年生になって平和に過ごしている…はずだったのに、やはり何かしらの小さな”事件”はあったようです(笑)

起こったのは新学期始まってすぐの4月中旬。
どうして今まで黙っていたのかな。。

新学期に向けて文房具を新調してやったのですが、そのときちょっと話題になっていた”クルトガ”。
あまり珍しい物を持たせるとなくなるかな~なんてうっすら思っていたのだけど、まあ、もうクラスも変わることだし。。

予感は的中。
早速になくなってしまっていたようです。

詳しく聞くとどうも友達が持っていって、ふっとどこかに置いた一瞬のすきに誰かに盗られてしまった、というのです。


早速に担任に電話で報告。
あらかたhikariから聞いた話を伝えて。
その友達の親とはまあまあ話せる間柄でもあるのだけど、

「学校で起こったことなので先生にお任せします。」

ということで電話を切った。

お手並み拝見!?




翌日、学校から帰ってきたhikariに

「先生と話した?」

「うん。。まあ。。」

なんとなくはっきりしない返事。

「どんなこと話したん?」

「…『うん』しか言ってない。。」

は???
どういうことですか?

”あらかた”しか伝えていないはずなのに。

…期待していた私がバカだったのかなあ。。
うまく話を引き出してくれないと、hikariが自分から『とられた』ことの状況なりそれが事実であるということを証明できる細かい記憶まで自分から話せるわけがないのに…

というのも、相手の子は『知らない。覚えてない。』でどうもシラをきるつもりのようなんですよね。

いろんな感情をぐっとこらえて(笑)hikariへの尋問を始めたmachiでした。

出てくるわ出てくるわ新事実(笑)

細かい会話までhikariは思い出しました。

彼につじつまの合うもっともらしい作り話なんてできっこありません。
不可能なんです。
嘘をつかない、というよりも、つけない、んですから。



先生にもう一度電話。
職員会議であることは知っていましたが、後でかけてもらうようにお願いした、にもかかわらず痺れを切らして2時間後再度電話。
(ここでもぶち切れそうになるmachiでしたが。。抑えて、抑えて。。)

上級テクニックで聞きだした話の内容を伝えると

「うまく聞き出せなくてすみませんでした。
 私の質問の仕方が悪かったです。」

ほんまに。
でも、伝えましたよ。
これが事実です。

相手の子がしらを切りとおすなら、”クルトガ”は帰っては来ないでしょう。
そのこともわかっています。
しかも1ヶ月以上経っているし。

でも、私がなぜ先生に動いてほしいのかというと、hikariにその先生の姿を見せたいからです。
先生、わかってもらえますか?

自分が困ったとき、先生はほっとかないできちんとその姿を見つめ、自分に向き合ってくれるんだ。
そんな先生の姿を見せてやりたいんです。
そうすれば、たとえモノが返ってこなくても、心は納得できるのではないかと思うのです。
私もhikariに先生との信頼関係を作っていく手助けをするひと言が言えると思うのです。

頼みますよ、先生。
家庭訪問のときにお伝えしたこと。

「hkariが辛そうなときや困っているとき、正面から向き合って一緒に考えてやってください。
 いろいろな知識よりも、そのことがhikariにとっていちばんうれしいことです。
 それでじゅうぶんなんです。」

今、そのときなんですよ。
これが、そういうことなんです。

もう一度お手並み拝見といきましょう。
明日、何かしら返事が来る…かな。




...read more

2009-05-14(Thu) 22:51| hikari中学2年生| トラックバック 0| コメント 6

不思議なほどに

新学期が始まってまだ2週間足らずですが、今のところ不思議なくらいに平和な毎日が続いています(笑)

この前の暖かく晴れた土曜日、部活の顧問の先生が突然”家庭訪問”に来られました。
それが…1年生のときの部活の顧問の先生が転任されたので今年顧問が変わったのですが…
何と、学年主任の先生と昨年の”あの”担任が顧問になったんです。。

これは仕組まれたことなのか??(違うと思う。。)
前担任はともかくとして、その学年主任の先生は私も苦手なタイプではなく、はきはきしていて明るくとても元気な理科担当の男の先生なんです。

「こんにちは~~~♪」
と突然入ってこられたのには心底たまげてしまって、20分足らずだったと思いますが終始ハイテンションでお話してしまいました。
何を思われたのかもう一人の部員とhikariを連れてその部員の家まで送りがてらドライブしたとか、hikariだけ(自転車通学なので)もう一度学校まで乗せて帰ってもうすぐ自転車で帰ってくるはずだ、とか、花を育てるのに凝っててでもまだ盆栽までは行き着かない(??)とか…
かるーいタッチのマシンガントークで気が遠くなりそうでした。

かといって、こちらの話に耳を貸さない、というわけではなく、ちょっと切り込むときちんと返事が速攻で返ってくる。。てきぱきと切り返される話しぶりには好感が持てたりします。

今年の部活はhikariにとって肉体的にも精神的にもものすごく楽になりそうです。
”鍛錬”という点では物足らない感もあるけど、中学校生活を”楽しく”過ごせるチャンスかもしれないな、ってよいほうに考えようと思います。

”らしく”過ごせる1年…どんな姿を見せてくれるのか、また違う意味で楽しみになってきました。

...read more

2009-04-20(Mon) 22:26| hikari中学2年生| トラックバック 0| コメント 2

新学期スタート!

今日から新学期がスタートしました。

ほんとにもうドキドキ。。
平静を装ってはいたものの、今日が終わったことでこんなに心が安堵するとは。。

クラスのメンバーはなかなかのもので、リーダー的な子がちゃんといてくれて、hikariが一緒になりたかった子が3人ほどいてくれて…
これは配慮かな、と心の中で小さくガッツポーズ(笑)

女子のメンバーもいい感じで、ほんとにほっとしました。

そして担任。
中学は学年の先生が持ち上がりは常識なのでちょっと不安ではありましたが(苦笑)若い女性の英語の先生が担任でした。
1年の担任とは違ってすれてなくて(笑)正面から向き合ってくれそうないい感じの先生だと思います。
あ~~よかった。。




さて、いつもなら学年が変わるごとに先生への”お願い文書”を作ってたっけ。
中学になったんだし、と、去年も、どうしようか迷いつつ結局ドタバタといろいろあって先生との交換ノートに踏み切ったのでした。

でも今年はそんな迷いは無いのです。
”学校へのお願い文書”は今年は書きません。
それは確かな言葉に背中を押してもらったから。




春休み、母だけで主治医のいる病院のSTの先生との面談に行きました。
1年間を振り返っての母としての思い、学年を終わるに当たってのhikariの思いなどをひとしきり話した後、診断名の話になりました。

ずっともやっと頭の中に?マークがあったこと。

【診断名は変わるのか?】

じつはこのSTの先生との面談の前に主治医による診察を受けていました。
そこで↑の疑問。。診断名のことについて尋ねたのでした。

結論は【変わりうる】ということ。
今のhikariの状態、生活、学校での様子などから判断して”アスペルガー症候群”であると言っていい、ということでした。

まあ、今この時期に診断名というものはさほど重要ではないのですが。

そして、その”診断”ということについてSTの先生にも聞いてみたところ、やはり”アスペ”でよいのでは、ということになりました。

その”診断”。
繰り返しますが、今この時期にhikariにとって診断名はさほど重要ではありません。
じゃ、診断、って何のためなんだろう??
というわかりきってたことに立ち戻ったとき、先生から目からウロコの言葉を聞いたんです。

その人が日常生活において極めて困難を抱えているとき、その原因が何であるかを考えるために診断が有効となる。

そうなのですよね。うん、そうなの。
目からウロコ、というか、わかっていたことなんだけど、今聞くと違う意味に聞こえてきて「あ☆そういうことか!!」って気付かされました。

だから…今ここに来て、2年生になってhikariには”先生へのお願い文書”はもう必要ない、と考えたのです。

今までいろいろなトラブル、試練を経験してきて、彼なりの解決方法やテクニックを身につけてきています。
今年は(と言うかこれからは)何か困難な状態になったときに援助することでじゅうぶんなのではないか?
むしろそうすることが彼の成長を支え、周囲との融合に有効なのではないか?
と改めて気付いたのです。
いつもいつも先回りして予防線を張っておいて予めhiakriについての予備知識を先生に植え付ける…それが有効でかつ必要な時期はもう過ぎたのではないかと。

今は…彼の持つ本質的なアスペという特性をきちんと理解しつつ、困っているときは助けてやれる位置にいつもいて見守り、いつでも駆け込んでこれる心の砦(とりで)になってやる。
それが今年の私の役割なのではないか、と思っています。

というか、今年こそ。。
手をつなぎ横に並んで歩くのではなく、そっと手を離して、でも彼が振り向いたらいつもそこに微笑んでいる。
そんな母でいたいと思うのです。

だから、辛そうにしていても出来るだけ手を出さず、どこまで自分で切り抜けて行けるか、身をかわして行けるか、そんな姿を見守りたいのです。

新学期スタート!!
きっと見つけられるよ。
今までとは違う自分を。


2009-04-08(Wed) 23:06| hikari中学2年生| トラックバック 0| コメント 2

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。