カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

うれしかったメール

先日、1通のうれしいメールがありました。

それは、hikariが1番辛かった6月、いろいろな出来事があったけど、最後までhikariのことをわかってくれず嫌がらせをしてた子のお母さんからのメールでした。

2学期、体育祭が終わった頃から今この時期まで、思い返して見るとパタッとその子の話題はなくなっていました。
hikariに何か仕掛けてくることがいつの間にかなくなっていたんです。
それまでは日常的なことだった時期もあったので、不思議なくらいに何もなくなっていました。

そのお母さんはメールにこう書いてくれていました。

最近何も連絡ないけど○○のせいで嫌な思いとかしてないかと絶えず気にしています。
(中略)
でも今夜は珍しくhikariくんの話を延々としていたのでメールしました。
体育館であったサッカー大会のhikariくんの名プレーを実演しながら話してたよ。
machiさんにも見せてあげたかった。
「きっとボールが柔らかかったからhikariくんは怖くなくて思いっきりできてんわ」とか「サッカー部並みの活躍やったで」とか言ってたよ。
○○なりに少しはhikariくんを理解できてきてるようでうれしく思いました。
(後略)


そのお母さんが先生から何も連絡なくてもhikariのことを気にしてくれていたこと、そしてその子がhikariの学校での活躍を家で話したこと、彼なりにhikariのことをちょっと気にかけてくれていることをそのお母さんが”うれしい”と感じてくれていることが、私はとてもうれしかったのです。
(文章がややこしくてすみません。)

このメールの内容をhikariに話すと、ちょっと疑うような表情の後少しはにかんで、そういう出来事があったことを認めました。

「○○くんはきっととても素直で正直な子なんちゃうかな。hikariのこと”わからん”って思っていたのはほんとに正直な気持ちで、hikariも嫌な思いはしたんやけど、今こんなふうに思ってくれてるのも○○くんの正直な気持ちなんやって。」

そう。。
hikariはきっとほんとにわかりにくい子なんだと思う。
家族でもついつい”ちくちく言葉”で攻撃してしまう。
そんな”わかってもらいにくい自分”を自覚してほしいな。
hikariも周囲の人たちの考えや行動がわかりにくい分、hikariのことも周りの人たちはわかりにくいんだ、ってことを。

ただし、これは今この時期のhikariにだから言えることなんですよ。
ここまでの積み重ねがなければできるようになれ、といえることではないのです。

幼児期には幼児期の、小学校時代には小学校時代の、その子にあった支援、理解、信頼できる人に囲まれていること、困ったときには必ず誰かが助けてくれるという安心感…
しっかりした土台を作ってやらなければもろく壊れていってしまいます。

でも今、この時期は…
厳しいことを言うようだけど、あなたはいつかは自分で考え、自分で行動し、自分で解決していかなくてはならないんです。
その”いつか”を迎えるまで、お母さんはできるだけのことを教えてあげるから。
”わかってもらいにくい自分”から逃げないでこの中学3年間、ちゃんと向き合っていけばきっと強い心に成長すると思います。

2年生になる前のこの時期に、ほんとにうれしいメールをもらいました。



...read more
スポンサーサイト

2009-03-08(Sun) 23:20| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 2

マニュアルより実践

明日から学年末テストで、hikariは大好きなゲームを断ってこの1週間がんばって勉強しています。
そんな姿を見ていると、この1年間、知らず知らずのうちに心も体も成長してきたな、と実感します。

中学へ入った4月からの記事を読み返していて思うのは、私自身のhikariへの接し方、トラブルがあったときhikariに掛ける言葉は少しずつ変化してきているな、ということです。

ついこの前までは、先生へ、周囲の子供たちへhikariの特性について理解を求めることに重点を置いていました。
しかし…
ここ最近は理解を求める、というよりも、hikari自身が周囲へ近づいていく、周囲の人の考えを理解できるような援助の言葉を掛けることの方が多いような気がするのです。

それは決して、自分たちを卑下して遠慮して他との違いを際立たせようとしているのではなく、これから歩いていく道、出てゆく社会で”当たり前”として扱われているような人との関わりや自らの行動を身につけてほしいという思いからです。


hikariの様子を見ていると、日増しに周囲との差がわかりにくくなってきています。
それは本人の努力もあるし、自然に心や思考が成熟してきていることでもあるし、発達障害ではないほかの子供たちと同じようにごくふつうの中学1年生としての姿であったりします。

私のほうでも、そんな彼に掛けたくなる言葉はやはり”ごくふつうの中学1年生”に掛ける言葉であったりします。
そう、無理にでもそんな彼に近づいてきたことがうれしくて、”ごくふつうに”会話を楽しもうとする自分がいます。
それにまた思いもよらず(笑)”ごくふつうに”言葉が返ってきたりするとうれしいものなのですが。


何かトラブルや困ったことが起きてもその時その時の対応でうまく切り抜けてきた1年だったように思います。
6月…とても苦しい日々でしたが、そんな日々も今思い返してみれば、私なりに落ちついてじっくり事実に向き合い、正しく必要な人に助けを求め、そしてhikariともよく話し合って、ひとつひとつを乗り越えられたような気がします。

その後も、時々トラブルは起きhikariも苦しかったでしょうが、その時々にしっかりと向き合って解決していくことによって、そのトラブルの間隔は次第に長くなっていき、この3学期はほとんどといってもよいほど平穏な日々を過ごしています。
過ぎてみれば、そんなものかとも思えてくるほどです。


hikariが小さい頃はほんとによく本も読み、資料も取り寄せ、人の話も聞いて発達障害についての知識を増やしてきました。
いつの間にかそういうことに没頭する時間も減ってきて…でもそれは自然な流れで…目の前にいるhikariの姿をしっかりと見て、学校でも家庭でも何か彼が困っていたら助ける…そんなことが当たり前になってきました。
小学校高学年ではもうそういう支援の仕方に変わっていました。

そして中学に入りこの1年を振り返ると、やはり支援の方法はそこからの延長であり、とても苦しい時期はありましたが、基本的には何かマニュアルに頼るというよりも、hikariの姿をいつも見守り、今の彼にあった支援を彼に関わることのできる先生方との話し合いによってよりよい方向へ導く、という方法で過ごしてきました。

マニュアルよりも実践。
もうすぐ3月という今、そんな言葉がふと浮かびました。

...read more

2009-02-25(Wed) 22:46| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

たとえ弱い心でも

今日こそは記事を書こうとこのページを開いては、じっと固まって指が動かないまま日にちがたってしまいました。





だからといって、日々何もないわけでもなく、小さなトラブル、泣きたくなること、しんどくなること…
いろいろあるんだと思います。

「ただいま」
とカバンをばさっと下ろしたとたんに頭をぐしゃぐしゃとかきむしりながらあちらの方向を向いて話し出す日だってあります。

そのたびに私は、できるだけその時の状況、誰がどうしたのか?など具体的に聞き出します。
そして、まるで裁判官のように客観的にその事実を分析してみます。
それから、hikariの気持ち、相手の気持ち、関係はないけど周りで見ていた人の気持なんかを具体的に言葉にしてみます。

もちろん、hikariの気持ちはその場であっているかどうかわかりますが、そのほかの人たちの心理は私の推測に過ぎないかもしれません。
間違っているかもしれない、ということです。
そのことももちろんhikariに断りを入れておきます(笑)

相手は相当怒っていただろうな、ずいぶんと気を悪くしただろうな。
そんなこともきちんと言います。
そのせいでhikariは「悪かったな…しまったことをした…」とかなり落ち込むこともあります。

いや、それは相手が100%悪いよ。hikariは悪くないって。
そう言ってもらってほっとしたりもします。

母としてはいつも味方してやり、いつも「大丈夫や」と励ましてやりたい気持ちはいっぱいありますが、hikariにはきちんと相手がどれほどhikariに対して嫌な思いをしたかということも、たとえ厳しい言葉を使っても言うようにしています。
hikariとしてもその言葉に、お母さんがちょっと怖い顔をして言うことに、ショックを受けるでしょうが、それでも、周りとうまくいかなかったその事実をちゃんと正面から受け止めて、相手の心を、自分の心を整理して考える癖がついてきていると思います。

周りとなかなか折り合いがつかなくてうまくいかないこと、なかなか自分の気持ちをわかってもらえないこと…ふと気付くとストレスの固まりになっていることもあるでしょう。

人の心はそんなに丈夫に作られているものではありません。
頑丈そうな人でも、いつも明るく笑っている人でも、どんなことがきっかけでもろく崩れてしまうかわかりません。
思春期に入ってきた子どもたちは親の気付かないうちにガラスの心を持つようになっているのかもしれません。
心はどうすればストレスに耐えていけるんだろう。
ストレスに耐える心って、作れるものなのでしょうか?

耐えなくていいのに。
自分の弱い心をきちんと受け止めてそれを話せる人がそばにいれば…
同じ事実が自分以外の人に降りかかってもその人はストレスを感じないこともあるのだから、その人の話を聞いてみるのもいい。
弱い心がいけないのではないんだよ、と言ってもらえたらまた違う自分になれるかもしれない。
心を強くすることだけが全ての人への答えではないと思います。






「お母さんに話すと安心する。」
そう言ってくれているうちはこんな母でも合格ですか?


2009-01-30(Fri) 16:49| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

案ずるより。。

「朝、どうなるかと思って心配やったわ。。」

だそうです(笑)

案ずるより産むが易し。
昨夜の憂鬱も、くら~~い「行ってきます」も、さて、1日が始まってみれば
あの不安も、あの緊張も、あの怖さも…
全部がたいしたこともなく、今日はすんなり解決し、結構優しかった(笑)らしいです。

そんなわけで、今日はいつものhikariに戻っていました。(ホッ。。)




もう1月も半ばをすぎ、おそらく学校では来年度のクラス編成に入ろうかというところ。
例年なら来年度への申し送りなども含め、担任との懇談を持ちたいところなのですが…

今年はどうしたものか?
小学校の頃はhikariの学校での過ごし方に特に何も話し合うことがなくても、先生のほうから「(お会いするのは)いつにしましょう?」と連絡が来たものでした。

2学期もこちらから電話したことはあっても先生のほうから何か、なんてことはなく、もちろん3学期になってからもなんの音沙汰もなく。

中学校ってこんなもんなんでしょうか?
それとも…思いたくはないけど、書きたくもないけど、担任の器の違い、なんでしょうか??

いったいどう行動を起こせばよいのか、むしろ、何もしないほうがいいのか。。
考えても考えても…
めんどくさいとか、逃げているつもりはないんだけど、あの手ごたえのない先生と何を話せばいいんだろう。。
今度は私が憂鬱になってきます。。

そんなことを考えながらも、ふと目を上げると、そこには確実に成長していっているhikariがいる。
なんだかんだ、いろいろあるけど、どうにかこうにか、みんなと同じように毎日を送っている(はず)hikariがそこで笑っていたりするのです。


2009-01-15(Thu) 23:17| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

家が落ちつく

新学期が始まった最初の週はなかなか毎日ご機嫌で過ごしていたhikari。
ところが連休明けからなにやら表情に陰りが…

「ぼく。。やっぱり家の方が好きになってきた。」

来ました(笑)

好調だな~と思っていると、必ずこういうふうにドカンと落ち込む日がやってくるのです。

今日は特に学校へ行く前から「今日は嫌な"家庭"がある。。」と言っていたので、その予感が的中してしまったんでしょうね。


あのね、hikari。
学校より家が好きになってきた、というわけではなくて
家はいつも居心地のいいところなんだよ。

家にはいつものように冗談ばっかり言ってるけどここというときにはとっても優しい(笑)お母さんがいて、
いつものようにお母さんの作るおいしいご飯があって(笑)、
いつものように暖かい布団で眠れるし、
ゲームしたりテレビを見たり、楽しい事もたくさん。

それはいつも"楽しいレベル80"以上のことばかりで、
学校へ行けば、予想外のことも起こるし、自分だけが状況を支配する行動をしているわけではないし、
もともと苦手な事だって、しなくちゃいけない義務もある。

だから、調子のよいときは「なんて学校は楽しいところなんだ!」って思うけど、
そうじゃないときは、その状況をなかなか思い通りに変えることはできないから、
どうしても気持ちがイライラしたり落ち込んだりするもんなんだよ。

気にしない、気にしない。。
また、いいこともあるから。
"家庭"も、そのうち違う内容になるから。

ちなみにその"家庭"、何をしていたの?と聞くと…
なんと「ズボン作ってる」!!
え!?
すごいやん。
それはしんどいわ(笑)
パジャマ(のズボン)ぐらいのものだろうけどね。
まあ、もう少しがんばれ!
hikariはまじめやからね。
不器用なくせに、サボることもできないから。
苦手なことにまともに正面から体当たりしていくから(笑)
しんどいやろうけど、まあ、気にしない、気にしない。。



...read more

2009-01-14(Wed) 17:22| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 2

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。