カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

給食当番

hikari、1年生のときのエピソードです。
当時の障害児学級の担任の先生との毎日の交換ノートを元に書いています。

***

食べることが好きで、自分の好き嫌いよりも栄養のバランスを気遣うhikari。
なので、メニューもバラエティーに富み、栄養バランスも計算されている学校給食は大好き。
…なはずなのですが
入学してすぐは、楽しいはずの給食も保育園からのいろいろな変化に戸惑うことが多かったようです。

一緒に食べる人がたくさんであること(教室の人数が多い)、メニューの品目が多いこと、給食時間の放送などがあり騒がしいこと、量の調節をうまく伝えられないこと…
そして、"お仕事"が保育園に比べてたくさんあること。

"お仕事"=給食当番の仕事に戸惑っていたようです。
仕事の範囲が広く、自分がどれをするのか、はっきりと決まっているわけでもなく、その手順がどこかに明確に示されているわけでもなく、そして、メニューが多くて複雑で、どの食器に入れるのか…なんとなく、や、適当に、といった想像力を駆使しなければならないことなどがhikariをじわじわと苦しめていたようです。

過ごしやすい春の気候が過ぎて蒸し暑い日もある6月に差し掛かる頃には、体調の不調も重なったり、行事ごとが続いたりして回りがざわざわすると、そのしわ寄せは、毎日続く"なんとなくしんどいこと"に現れてきたのでしょう。
涙を流して「(給食が)食べられません。」と、部屋を変えても、量を少なくしても食べられない…牛乳だけですごす日なんかもあったようです。

食べることが大好きなのに、食べることで苦しんで…
見ているととてもかわいそうでした。
障害児学級にいて、ほぼマンツーマンで先生がついてくださっていたので、hikariのそんな躓きも、毎日取り交わす担任の先生との交換ノートで私もすぐに気付いてあげることができました。
帰宅後は早めにお風呂に入ったり、好きな夕食のメニューにしたり、工夫していたんだな、とノートを見てわかります。

また、今よりも短い間隔で通っていた言語療法でも、学校でのそういった躓きを相談しました。
"給食当番がどうして負担なんだろう?"
考えてみると、周囲からの視線を過剰に気にするようなことも影響していたようです。
失敗しちゃいけない、みんなと違うことをしてはいけない…
hikariにとってまだ慣れていない活動、しかも、当番制なので、慣れたかな、と思う頃には次の人と交代。
自分の仕事が決まっていなかったり、仕事の範囲があいまいである、とか広すぎるとか。
些細なことだけど、どのタイミングで食器の台車を返しに行くか、返しに行ったとき給食室のドアが閉まっていたら…
考えれば考えるほどわからなくなるのでしょう。

STの先生からの助言は、
「行動をパターン化して予告してあげること。」
「hikariの活動を特別に決めてもらっておいて、それを具体的に文字などで示し、(活動がうまく)できれば褒めてあげること。」
といったことでした。

いくつもある、そしてあいまいな係りの仕事の中で、hikariがすることを決めてもらい、それをパターン化して文字等で示し、メニューを予め知らせることで、どの品目を担当することになるのか…
汁物であるのか、から揚げなどの数が決まっているものなのか、そういったこともメニューを予告してもらえれば自分の行動のイメージを持ちやすくなるのではないか、と思いました。

その後の担任の先生のお返事にもあったように
「たまにしか回ってこない給食当番」
だからこそしっかりと事前の指導が必要なのでしょう。
だって…誰もが楽しみな給食。
失敗したら、みんなから指摘されるし、ダメージも大きいでしょうから。


スポンサーサイト

2007-10-26(Fri) 07:41| hikari 1年生のころ| トラックバック 0| コメント 0

hikariの登下校

小学校はもちろん、子供たちだけで登下校です。

うちは幸い比較的簡単な通学路で、入学前の春休み、何度か一緒に家から学校まで歩きましたが、そんなに複雑でもなく、一方通行の道で車もそんなに多くなく、危険そうな場所もない道です。

登校時は玄関口まで決まった6年生の児童が迎えに来てくれて一緒に行きます。
他に高学年の子もたくさんいるので、安心でした。

でも下校時は1年生だけの日がほとんど。
1年生だけで"下校班"というのも作られ、誰が誰の後ろに並ぶのか、順番まで決まっています。
hikariは、いつも優しい、大好きなDくんの後ろでした。
入学してしばらくは、各地域の担当の先生が新1年生のために、通学路を一緒に歩いてくださいます。
でも、1週間ほどでそれは終わり。
あとは1年生だけで帰ってきます。

1年生だけで帰る初日、風の強い日だったみたいです。
いきなりのハプニングがありました。
友達の帽子が飛ばされて、道沿いの川に落ちてしまったのです

危険な香りのする事件が発生です(笑)
子供たちは自分の帽子でもないのに、我先にと、帽子の行方を追います。
また間の悪いことに、雨で増水していて、川の流れが速く、帽子はどんどん流されていきました。
川のほうに降りて探す子。
先へ、先へと走っていって、とにかく先回りしようとする子。
もう列なんてあったもんでもなく、下校班もてんでばらばら

…hikariはどうしてたでしょう?
最初は、そのちょっとばかし楽しそうな雰囲気について行きそうになったようですが、
「川ジャンプできひん。」
と、自分の限界を感じて、みんなについていくのはやめて、ただニコニコしてみんなの事を見ていたようです。
でも、帰らなくては、と気付いて、"下校班"も"列"も"Dくん"もないけど、ひとり、てくてくと帰ってきました。

いつもより少し遅かったので、話を聞くと、↑というわけでした。

通学路から離れてかなり遠くまで行った子供もいたようで、次の日、学校では厳重注意があったようです。
hikariにも、
「寄り道したらあかんねんで。」
というと、
「寄り道って何?」

…(笑)
もちろん、「寄り道」の定義を教えましたが、hikariの辞書にはまだ「寄り道」は存在しないようでした。

決まった道(通学路)を、決まったペースで歩いて家に帰る。
それは、すんなりひとつの"ルール"としてhikariの中にはまり込んでいたようです。

6年間、一度も寄り道をしませんでしたよ(笑)


...read more

2007-06-24(Sun) 22:51| hikari 1年生のころ| トラックバック 0| コメント 4

hikari入学。いきなりの…

このカテゴリーには、hikariの小学校1年生のころのエピソードを書いていこうと思います。

***

障害児学級に入学したhikari。
就学までの1年間の私の祈りが通じたのか、受け入れ体制にも恵まれ、安心してスタートを切りました。

連絡帳花組(障害児学級)の担任になったC先生。
これから6年間続くことになる私と先生との"連絡帳"を用意してくださいました。
そう、"連絡帳"を提案してくださったのは先生の方からでした。


いきなりハプニングがありました。

新学期、全てのことが新しくスタートします。
入学式の次の日、"地区別児童会"という、1年生から6年生までが通学班別に集まって登校班や下校班、登下校の約束などを確認する集まりがありました。

通学で迎えに来てくれる6年生のお兄さんと一緒にその地区別児童会が行われる教室へと出かけたhikari。
行きはよかったのですが、その教室に入るなり、その様子は一変したそうです。

入ったことのない教室。
1年生から6年生までががやがやといるざわめき。
見知らぬ先生。
…あっという間に不安の坩堝(るつぼ)へと

「おなかすいた~~
と泣き出したそうです。
でもね、朝ごはんしっかり食べていったhikari。
泣かなくてはいけないほどおなかは空いていないはず
とにかく不安で、訳がわからなくなったのでしょうね。
助けを求める言葉が「おなかすいた」だったのでしょう。
こんなふうに、本当の要求ではない言葉で自分の不安や不快感を訴えることはよくありました。

このことについて、C先生は「hikariくんにとても申し訳ないことをした」と書き綴っておられます。

次の日、出掛ける前に私に「今日も(児童会が)あるの?」と何度も尋ねる姿がありました。
ない、ということと、その日の時間割を繰り返し伝えることで安心して学校へ出かけるhikari。
学校へ着くと、職員室へ「花組に行きたい。」と言いに行ったそうです。
その日は1日花組で過ごしたhikari。
家に帰ると、
「花組さん楽しい。僕は花組さんに行きたい。」
と上機嫌でした

hikariのペースで過ごせる学校生活。
改めて花組にしてよかった、と思えるいきなりのハプニングでした。



...read more

2007-06-20(Wed) 15:41| hikari 1年生のころ| トラックバック 0| コメント 2

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。