カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

めざせノーベル賞!?

ノーベル賞の発表があり、史上初の日本人3人同時受賞というのが報道されていました。

全く親バカな話ですが、hikariは数学が得意です。
彼の特質を考えても、将来は研究者や学者になる道が向いているのではないかと思うときがあります。
かのエジソン、アインシュタインもアスペルガーだった?なんていう話もよく聞きます。

さて。思ったこと。
hikariの口癖は

「だぁって~~(語尾を上げて)」

その「だぁって~」の後には彼なりの独自の考え方が続くことが多いです。
で、ふと思いました。
その「だぁって~~」を、

「なんで??」

に変えたら?
相手の言うことが納得いかないなら、その納得いかない部分を追求してみる。
考えてみる。
自分との折り合いを見つけようと考える。
そういうふうに考えてみたらどうなるでしょう?




例えば、hikariは風船の”パン☆”と割れる音が大きらいなので風船が基本的に嫌いです。

「だぁって~~パン☆がうるさいし、怖いんやもん。」

パン☆の音が怖くてうるさい
→割れるときに音がするのはなぜ?
→それを無くすことができれば風船は怖くない


じゃ、割れるときにパンと音のしない風船(のようなもの)を発明したら??(笑)
例えば、ですよ~
こんなふうに考えていくと、なんにでも物事には理論が、法則があってそれを突き詰めて理解していけば怖いものなんてなくなってくるのでは?
わからないから怖いのでは?

そんなふうな好奇心が生まれてきやしないかな~
未来は偉大な科学者

…なんて。
日本人3人同時受賞という偉業に刺激されて、つかの間の妄想をしてしまいました(爆)


...read more
スポンサーサイト

2008-10-08(Wed) 21:07| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 0

新学期が始まった!

新学期が始まりました。
今年の夏休みはほんとに短く感じました。
中学生になって初めての長期休暇。
でもいつもとは違って忙しすぎる毎日から開放される"ほど良い"42日間(数字が?)でした。




いつもなら、"長期休暇"という、ゆるい、あいまいな枠組みに毎日が続くことはとても苦手でした。
いわゆる"自由な時間"の使い方に悩みました。
"自由な"はずの時間がなぜかhikariにとっては苦痛でがんじがらめになってしまうのです。

"自由な時間"にすることを紙に書き出して「どれをしようか?」と悩む姿もありました。
でも、そこに書くことは限られています。

「ゲームをする」「マンガを読む」「図書館へ行く」「お手伝いをする」「テレビを見る」…

ゲームは1日1時間まで、テレビもだらだら見ていてはいけない、マンガばっかり読んでいると怒られる…
消去法でいくと夕方ごろにはすることがなくなってしまう。
それが嫌でイライラしだすのです。

ルールはきちんと守ろうとする(ゲームは1日1時間)、自由=楽しい…イメージに固執する("楽しくないこと"をしたくない~お手伝いは…ちょっと…)…
hikariの納得する"自由な時間"にはいろいろと制限がついて回るのです。




この夏休みは前半は部活に明け暮れ、ピークがすぎたころに家族旅行で存分に遊び、お盆からはいとこと遊んだり家族や親戚との交流があり、そして終盤は軽めの部活と勉強…
hikariにとっては満足のいく、ほぼ思い描いたとおりの充実した夏休みだったことでしょう。

夏休み前半の泣きながら(ほんとに泣きながら。。)もがんばった部活は、本人も言っていましたが、思い返すと見えない自信につながったようです。
自分で言うのだから大したものです。

「あれはようがんばったなあ。。」

もしかしたら。。今まで感じたことのなかった一番の夏の思い出になったのかもしれません。

...read more

2008-09-02(Tue) 11:12| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 0

『自閉症の僕が跳びはねる理由』

ずっと前に借りていたのですが、私の悪い癖で、返却期限にならないと読みきらない…
一気に読みました

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心
(2007/02/28)
東田 直樹

商品詳細を見る


副題にあるように、この筆者、東田くんは自閉症で、会話ができない少年です。
本の内容は、58項の質問に答えるような形で書かれています。

『いつも同じことをたずねるのはなぜですか?』
『少しの失敗でもいやですか?』
など、など、ドキッとするような質問があったりします。
(ドキッとすることないよね。。)

ほんとに会話できないの?
驚くほどに、書かれている文章はすばらしく、"伝える"という気持ちにあふれています。
特に、最後に掲載されている『短編小説』
胸が熱くなりました。。



hikariは会話も(ぎこちないときもありますが)できて、周囲の人を困らせるような行動も今は全くといっていいほどありません。

「この子は自閉症です。」
といっても、信じてもらえないかもしれません。

でも…この本を読んで、
「ああ、やっぱりhikariは、自閉症なんだな。」
そう思うのです。

hikariの心の中は…目立たなくても、知的な部分に障害はなくても、心の奥のほ~に
"どうしようもない自分"がいるのですね。

そんなことを改めて感じた1冊でした。

...read more

2007-12-23(Sun) 17:42| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 2

結婚記念日

結婚記念日といっても、もちろん私とpapaの結婚記念日なのですが(笑)

先日、14回目の結婚記念日でした。
どうもこういう我が家のイベント企画はすべてpapa任せになっているところがあって…
(忙しいのに、いつも本当にありがとう
そして、そんな我が家の楽しいイベント好きは子ども達にも十分に浸透しているようで、
何日か前からhikariと2つ下の長女がなにやらこそこそと相談していました。

papaが用意してくれたのはケーキとなぜかベールの着いたカチューシャと蝶ネクタイ。

P1200238a.jpg


そして、メンデルスゾーンの”結婚行進曲”が流れる中、ケーキ入刀(爆)
”くものす”でにぎやかにおめでと~の大合唱
(hikari「クラッカーはいやや~」)
そして、hikariと長女がプレゼントを用意しておいてくれました。
思ってもいなかったので、papaも私も感激
それぞれのお小遣いの中から”300円”と決めて2人で近所の雑貨屋へこっそり買いに行ったようです。
そして、なぜかろうそくを立ててみんなで吹き消して(キャンドルサービス??)、ケーキを頂いて…
そんなささやかなパーティーがとても楽しかったのでしょう。
次の日学校で…



...read more

2007-11-30(Fri) 21:28| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 0

修学旅行のお土産

お小遣い3000円の修学旅行。
hikariのことだから、みんなの分のお土産を買うことに一生懸命になって
自分の思い出のお土産が買えなくなるのがかわいそうで、
「自分の欲しいものだけ買ってくればいいからな。
 お父さんとかお母さんとかのは気にしなくていいで。」
と言っていたのですが…

みんなの分を買ってきてくれました。
おじいさん、おばあさんの分も


ありがとう。。これはお父さんとお母さんへのお土産
ありがとう♪
長生きするね。


いくつか自分のためのお土産も買ってきたのですが…




...read more

2007-05-27(Sun) 20:50| hikariのココロ| トラックバック 0| コメント 16

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。