カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

理解者のもとで…

先日の佐々木先生の講演会の記事はこれで最後になります。
一連の記事はカテゴリー『講演会』にあります。

佐々木正美先生が何度も繰り返しおっしゃっていたこと。
『正しい理解のないところにほんとうの支援はない』
発達障害を持つ人には非凡な能力を持った人が多いといわれます。
また、非凡とまでは言わなくとも、とても優秀な能力を持っている人が多いのです。
でも、正しくその人を理解している人に出会わなければ、その能力は決して発揮されることはありません。
すぐれた能力を発揮するためには、理解ある支援者の存在がとても大切なのです。

発達障害は発達が遅れているのではなく、発達が偏っている(不均衡)障害です。
その劣った能力にとらわれすぎて、それを無理に修正しようとしてはいけません。
むしろ、その子の得意とするところ、優れているところをうまく見抜いてあげる(正しく理解する)、そしてそれをうまく伸ばしてあげる…
発達障害の"治療"は、"持ち味を伸ばす"ことであって、決して能力を平らにすることではないのです。

理解者に寄り添われ、温かいまなざしで見守り続けること…
それは、発達障害を持つ子の子育てだけでなく、どんな子育てにも共通するものですよね。
佐々木先生の講演は、そんな愛情あふれる『子どもへのまなざし』が大きなテーマであるように思いました。



...read more
スポンサーサイト

2007-03-18(Sun) 23:31| 講演会| トラックバック 0| コメント 12

喜びを分かち合う心

佐々木正美先生の講演会でのお話です。

これはどんな子の子育てにも共通する考えだと思います。

『喜びを分かち合う心がなければ苦しみも悲しみも分かち合う心は育たない』

発達障害があろうとなかろうと、子どもと関わるとき、子どもが喜ぶことを自分自身が"喜んで"してあげる。
子どもは、自分に喜びを与えてくれる人がそばにいて、その人が自分を喜ばせること、それを喜んでいる姿を見たい。
親(あるいは支援するもの)は、喜ぶ姿を子どもに見せることで、「ああ、自分は大切にされているんだ。」「私が喜ぶとお母さん(先生)も幸せそうにしている」「同じことで喜び合える」そんな心を育てるのですね。
そこから生まれてくるのが自尊心であり、自己肯定感であるのです。

自分を大切に思う気持ち。
自分が愛されているという実感。
同じことで喜び合える人がそばにいる安心感と幸せ。
それがコミュニケーションの原点であるというお話でした。

喜びを分かち合う心
があって、初めて悲しみや苦しみを分かち合う心も育ちます。

今問題になっているいじめについても、相手の悲しみや苦しみを分かち合う心が欠如しているために起こるのだと佐々木先生はおっしゃいます。
育ちの中でのコミュニケーションの問題があれこれ指摘されていますが、これはコミュニケーションに問題のある発達障害を持つ子どもの子育てだけではなく、ごく普通の子育てにも言えることなのではないでしょうか。

佐々木先生は何度も
「どうぞ、子どもといっしょに喜び合い、そして悲しみや苦しみも分かち合ってください。
 子どもに、『あなたが喜んでくれてお母さんは幸せよ』という姿をたくさん見せてあげてください」

ということを強調しておられました。

ふと、毎日の自分の姿を振り返ってしまいました。



2007-03-11(Sun) 16:09| 講演会| トラックバック 0| コメント 6

コミュニケーションと言葉

佐々木正美先生の講演会からです。

『言葉の出ない子どもにどうやって言葉を教えるか?』
という話題が出ました。

自閉症だけではなくさまざまな障害で言葉についての悩みは誰もが経験しているのではないかと思います。
知的な遅れのないhikariのような高機能自閉症児であっても言葉についての悩みはいまだについて回ります。

いつだったか、うまく言葉を使いこなせないhikariに言葉を教えようとしていた時期がありました。
間違った言い方を訂正し、「正しくはどう言うの?」と強く詰め寄ったりもしました。
hikariは私の強い語調やこわばった顔を怖がり、いくら教えても正しい言い回しや使い方は身につかなかったように思います。
でも、それは繰り返し私とpapaによってなされました。

当時発達相談の折にも相談したように思います。
先生は「無理に教える必要はない」
とおっしゃっていましたが、その本当の意味はわかっていなかったように思います。

そして昨日の佐々木先生のお話。

言葉の出ない子、またはうまく使えない子どもに一生懸命言葉を教えたとする。
しかし、高機能自閉症やアスペルガーの人でさえ、大人になっても言葉をうまく使いこなすことに困難を感じている。
コミュニケーションとは何か?
コミュニケーションの手段として言葉というものがそんなに必要であるのか?
誰かに何かを伝えたいという気持ちを満たすためのコミュニケーション。
何かを伝えたい…伝わる喜び…わかってもらえる喜び…
コミュニケーションが楽しい。喜びである。
そんな気持ちになることが大切なのです。
それをコミュニケーションマインド、というそうです。

伝え合うということ、その手段は決して言葉だけではないはず。
文字でも、絵カードでも、指差しでもいいのです。
気持ちを伝えたいという心、伝わったときにいっしょに喜び合う心…
それがコミュニケーションの原点なのです。



2007-03-09(Fri) 16:28| 講演会| トラックバック 0| コメント 2

理解のある支援

今日、久しぶりに講演会というものに行ってきました。
川崎医療福祉大学特任教授の佐々木正美氏の『発達障害をもつ子どもの子育てで大切にしたいこと』という内容のものでした。
お話の中で印象に残ったことを何回かに分けて書いていきたいと思います。

佐々木先生は想像通りの(写真で拝見したことはありますが)めがねの奥の優しい目と穏やかな語り口調のとても素敵な先生でした。

まず最初に強調なさったこと。
発達障害を持つ子どもに対して彼らのことを何も理解しないで支援しようとすることは、なにもしないよりもしてはいけないことである』

アスペルガー症候群高機能自閉症のように知的な水準の高い人は大人になるころには比較的自由に言葉をあやつれるようになり、自分たちの気持ちを言葉にして訴えることができるようになります。
そんな社会に適応しているように見えている人たちでも、就労先で挫折する人も多く、そんな彼らが共通して言う言葉があるそうです。

何が一番辛いか?という問いに口をそろえて
『私たちのことを理解してくれない』
『支援よりも理解してほしい』
『理解できないならそばに来ないでほしい』
と言うそうです。

『理解できないならそばに来るな』
とてもショックな言葉ですね。
如何に彼らが理解されてこなかったか…

そう、彼らにとって"理解"を欠いた支援というのは無意味であり、迷惑なことなのです。

よく言う『家庭と学校と医療との連携』
この連携というのは、彼らの理解の上に成り立つ連携である、ということになります。

『理解してあげること』
発達障害の、自閉症の人の側から世界を見ようとする努力というのが、正しい支援のスタートなのですね。


2007-03-08(Thu) 22:22| 講演会| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。