カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

担任の先生との顔合わせ

これでこのカテゴリー"就学までの1年間"最後の記事になります。

***

当時の記録ノートを読み返して書いてきたのですが、ほんとに何度も小学校へ訪問していたことに驚きます。
よくそんなエネルギーが私にあったな、って(笑)

ひとりで、papaと一緒に、保育園の先生と一緒に…
小学校側は、主に教頭先生が窓口でしたが、教務主任の先生、校長先生も時には同席してくださいました。
たった一人の生徒のために、保護者が納得するがために、今更ながらこうして時間を作ってくださったことに感謝、です。

そして、卒園してから入学までの春休み…先生の異動も終わり、新学期へ向けての準備があわただしいとき、入学前最後の訪問をお願いしました。
担任の先生との顔合わせです。

その異動…なんと、思いっきり(笑)お世話になり続けた教頭先生と校長先生がお2人とも異動でお出になりました

ところが、後任にこられた先生は…さすがに驚きました。
田舎の小学校ですので、卒業生が教師として赴任することはよくあることなのですが、校長先生は、papaの習ったことのある地元にお住まいの先生。
教頭先生も、地元のよく知った方でした
お2人とも女性で、とても柔らかな話しやすいお2人で、不安など微塵も感じない幸運に恵まれました。

そして、hikariの担任は…
交流学級(1年○組)の先生はB先生、なかよし学級(障害児学級)の担任はC先生でした。
B先生は、前年度障害児学級の、情緒クラス(hikariが入るクラス)を持っておられた女性の先生、C先生はpapaの同級生
もう、何もかもがhikariのためのお膳立てのように思えるほどの安心感に包まれた私でした♪

先生と軽く挨拶をして、下駄箱の場所から、傘立ての場所、交流学級の教室、hiakriの机、障害児学級の教室、入学式が行われる体育館、入学式のときに座るイス…
全て案内していただきました。

hikariの気持ちをほぐすためと、目印のために、予め"大好き"と伝えておいた"ポケモン"のシールがいたるところにはってありました。
下駄箱、傘立て、机、イス、体育館のイス…
hikariはニコニコしながら「ワニノコ!」(ポケモンの名前)と喜んでいました。

こうして、家族でがんばった1年間。
いよいよhikariは小学校入学を迎えることになりました。



スポンサーサイト

2007-06-15(Fri) 12:19| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

参観日を見学

カテゴリー「就学までの1年間」…こちらの記事の続きです。

***

hikariは障害児学級への入学ということで準備を進めていました。

小学校入学までに何をすればよいのか?

・保護者、園、発達相談員での懇談
hikariの集団の中での姿を把握、行動上の問題を見つけてその解決法を探る。

小学校へ渡す生育暦の作成
私のお仕事

・医療機関での発達検査等、データの収集・ST(言語療法)

ふむふむ。。これらのことはこれまでも書いてきたように引き続き行う、という感じでした。

あとは直接小学校と連絡を取って(保育園を通してお願いすることが多かったです)、授業を見学させていただくことと、"特別に"予め担任の先生と顔合わせしていただくことと入学式の会場、靴箱、教室、自分の机を見せてもらうことをお願いしました。

今日は授業の見学について書こうと思います。

普段の学校生活を見せていただくのが一番いいのですが、やはり私たちだけが訪れるととても目立ってしまうので、参観日を選んでhikariを連れて出かけました。
hikariが保育園年長の1月のことでした。

この日は、障害児学級に在籍する子どもたちみんなでの合同授業の見学となりました。
1月、というのもあって、大きなカードのカルタ遊びでした。
hikariも一緒にさせてもらいました。
学年の違う子どもたちが混ざってやるので、ちょっともめてしまうこともあったようですが、とてもにぎやかに時間が過ぎていきました。

私は時間割を見ていました。
障害児学級だけの特別な科目が並んでしました。

「にちじょうせいかつ」「せいかつたんげん」
「じりつかつどう」「あそび」

あとは1週間に国語が4時間、算数が2時間、図工2時間、音楽2時間でした。

このうち、図工と音楽と体育が1時間ずつ、週に3時間だけ、在籍の普通学級との交流授業ということでした。
週に3時間…3時間しかみんなと一緒に学習しない、という事実が正直ショックでした。


...read more

2007-06-09(Sat) 22:05| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

学校の役割・家庭の役割

時間がまた遡る記事になります。

hikariが年長の10月のことです。

何度目かの小学校への訪問でした。
(これは、呼ばれていくのではなく、随時私のほうからお願いして教頭に面談に行きました。)

保育園の大きな行事…運動会が終わり、少しほっとした時期だったのだろうと思います。
夏の"通過儀礼的な"就学相談会の流れを受けて、小学校とのコンタクトをとりに出かけたのだと思います。

そのときのメモより。

・学校の役割
 学力をつけること。
 よくわかる授業。

・家庭の役割

 生活のリズムを作る。…睡眠・食事
 情緒を安定させる。…愛情を注ぎ接する。
 自尊感情を育てる。…自信を持たせる。



どんなやり取りをしたかは全く忘れてしまいましたが、
このとき感じていたのは、やはりhikariは普通学級ではなく障害児学級に在籍するべきである、ということ。
どうしてそう感じたのか…

hikariの今までの発達相談員さんとのお話や保育園での様子を見る限り、
小学校での過ごし方については一人援助できる教員が付く必要がある、ということ。
そうでなければhiakriは安心して、落ち着いて学校生活をおくれないのではないか、ということ。

でも、現実の問題として(予算的なこと、制度的なこと)hikariのために教員をひとり採用することは難しく、前例も無く、はっきりいって"できない"。

学校は「学力をつけるところ」…授業の妨げになる行為はそれを実現できないことにつながる。
ひとつのクラスに担任は一人。
そのひとりの教師がhikariに配慮しつつ、学級を運営し授業を進めることは"可能である"と言い切れない。
"可能である"と言い切れないことを、学校は了承するわけにはいかない。

学校の役割、家庭の役割をお話しすることで、
「hikariくんは障害児学級に入っていただくべきです」と説得されているような印象を受けたと思います。

...read more

2007-05-18(Fri) 10:15| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

公文

hikariは公文へ年長の夏…6歳になる少し前から行っていました。

公文へ通うことにした目的は決してお勉強ではありませんでした。
その1年ほど前に高機能自閉症という診断を受け、検査をしたり療育に通ったりして少しずつ就学に向けての準備をしてきた中で、
"普通に"授業を受けられる可能性がどれほどなのかを知りたかった、という挑戦だったのです。

「一定の時間、いすに座って勉強(興味の対象以外のこと)に集中できるか」
「母以外のそれも決してhikariのことを理解しているとは言えない大人(保育園の先生ではなく公文の先生)の話が聞けるのか」…

そう、全くの挑戦だったのです
ん。よくがんばったね♪


でも振り返ってみれば…もう6年になろうとしています。
当初のいろいろな不安をよそに、(これはほんとうになぜ?というくらい驚きましたが)通い始めてからほとんど躓くことはありませんでした。
課題に向かわずうろうろと立ち歩くこともなく、先生の話も(1対1の指導が主であるからでしょうか?)すっと耳に入っていたようで、
ふと気づくともうすっかり月曜日と木曜日は公文、という習慣が身についていました。

そう…苦しみだしたのは4年生に入るころからでしょうか?
学校の勉強も難しくなり、時間割も変わって下校が遅くなり、苦手な"自主勉強"という漠然とした課題が出てきたり、
家に帰ってきてからの時間のやりくりに苦労するようになって来ました。
公文の内容も学年以上のものになるとやはり難しく、
新しい単元に入ると1時間たっても公文から帰ってこないこともざらで、学校から帰ってすぐに行っても遅いときには7時前に帰宅していました。

中学2年の内容をやってます☆
もういいかな、そう思うようになりました。

何度もhikariと話し合って「いやだからやめる」ということのないよう、納得して終わることにしました。
公文の先生には心から感謝しています。
たぶんhiakriが高機能自閉症であることを伝えたのは1度きりだったと思います。
その診断名にこだわることなく、目の前のhikariの姿に対応してきてくださったからだと
ほんとうに長い間ありがとうございました。


...read more

2007-03-26(Mon) 09:30| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 6

夏の就学相談会

不思議でなりませんでした。
これが行政というもの?
何のため?
障害児学級に入るためには(入れてもらう可能性がある児童については、ということ?)県が行う就学相談会なるものに出向かなくてはなりませんでした。

私にはそれがどういうものかわからなかったのですが、発達相談員の先生からも「一応行った、ということでいいので…」と苦笑い交じりで出席を促されました。

そこで障害児学級か普通学級かを判断してもらうんだろうか?
実際はそうではなかったのですが、同席したのは、

県内養護学級教諭
県内普通小学校障害児クラス教諭
地元の教育委員会の人
保育園の保育主任
hikariとpapaと私。


形式的なもの(?)とはいえ、えらくたいそうな顔ぶれでした

そこでは、家でのhikariの様子を私が、保育園での様子を主任保育士の先生が短時間お話しました。
そして簡単な質疑応答。

まずは「パニックについて」

hikariはほとんど激しくパニックを起こすことはなかったので、しいて言えば"泣く"ことでした。
そのときの対処の仕方としては、
・別室に移して落ち着かせる。
・保育士が個別に対応。
ということをお伝えしました。

あとは、小学校と保育園の大きな違いについて。

・時間割に沿って活動するということ。
・1学年2クラスで30~35人と、人数が多い学年であること。
・先生の指示を"聞いて考え行動に移す"、ということを自分でしなくてはならない、ということ。

これらのことをお話され、また、

・パニック時の対処法について。
・籍は障害児クラスにおいて、合流できる教科は普通クラスで受ける。
 学力をつけることが大切。

というようなことも付け加えていただいて、後は学校と直接具体的に児の受け入れ方法を話し合ってください、ということでした。

そのとき、私たちが進んでいた方向と同じ向きのお話だったので、すんなり話を聞くことができました。
というか…もうわかってるって…という感じだったかもしれません





...read more

2007-02-24(Sat) 17:16| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。